スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナウ・ルック/ロン・ウッド

最初はストーンズを聴いて、この人のギターが気になりだしたのですが、“ストーンズの”というよりは、一ギタリスト、一ミュージシャンとしてファンになってしまったんですよね。

このブログでは2枚目となるロン・ウッドのソロ・アルバムです。

ナウ・ルック」(Now Look

ナウ・ルック1975年発表の、ソロとしては2作目ですね。
国内盤の中古を手にしました。

正確には分かりませんが、時期的にはフェイセズが1975年に解散して、1976年にストーンズのメンバーとなっているので、その間の時期に発表されたものですね。

R&Bをベースとした(そして今回はちょっとファンキーでオシャレな雰囲気もある)そのサウンドは、相変わらず肩ひじ張らない、リラックスしたご機嫌なロックですね。気負いがまったくないんですよね。

この人のギター、それにスライドが好きなんですよね。技巧的ではないですが味があります。
ヴォーカルもなかなかいいです。ちょっと頼りなさげな気だるくハスキーな声もハマってます。

1曲目の「I Got Lost When I Found You」からタイトなリズムとギターのリフが心地よいですね。

ベースのウイリー・ウイークスとドラムスのアンディ・ニューマークが素晴らしいです。って、そんなにこの2人の事は詳しくは知らないんですが、アルバム通してブイブイ、バシバシとリズムを引っ張っています。
ボビー・ウーマックが共同プロデュース、ギターやボーカルも担当していて、そこら辺の影響も大きそうです。

キースも数曲で参加していますね。
そのキースも参加するB面4曲目のソウルの名曲「I Can't Stand The Rain」はたまらなくカッコいいです。
個人的にはこのアルバムの中で一番です。

ストーンズに入れ替わりとなる、ミック・テイラーも1曲スライドで参加しているのが、時期的には面白いですね。

やっぱりいいです、ロニーは。

聴くこちら側も、気負わずゆったり構えて、お酒でも飲みながらロニーのご機嫌なロックに耳を傾けるのが良いかと。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Ronnie Woodでチェックする。

Ron Woodでチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : ロン・ウッド ナウ・ルック Now Look ソロ

ローリング・ストーンズへの参加で知られるサックス奏者のボビー・キーズの訃報

先日、ローリング・ストーンズのアルバムやツアーに参加していたことで知られる、サックス奏者のボビー・キーズ(Bobby Keys)が亡くなったというニュースが流れました。

ナッシュヴィルの自宅で、12月2日(2014年)の朝に息を引き取ったということです、享年70歳でした。
(参照元:ストーンズの"ブラウン・シュガー"のサックスで有名なボビー・キーズが他界 (2014/12/03) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

ボビー・キーズといえば、「ブラウン・シュガー」(1971年)のサックス・ソロが有名ですよね。
ボビーはストーンズの1971年の代表曲のひとつ"ブラウン・シュガー"のサックス・ソロで最も知られているが、そのほかにも『レット・イット・ブリード』や『スティッキー・フィンガーズ』、『メイン・ストリートのならず者』『山羊の頭のスープ』『エモーショナル・レスキュー』などのアルバムでの名演でも記憶されている。72年にはザ・ビートルズのジョージ・ハリスンやリンゴ・スターらが参加した『Bobby Keys』や75年の『Gimme the Keys』などソロ・アルバムもリリースしている。
ストーンズの"ブラウン・シュガー"のサックスで有名なボビー・キーズが他界 (2014/12/03) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

ボビー・キーズが初めてストーンズのアルバムに参加したのは、1969年の「レット・イット・ブリード」とのことで、「リヴ・ウィズ・ミー」で無茶苦茶カッコいいサックス・ソロを聴かせてくれてますね。

そうそう、ストーンズの中でも特に親しいキース・リチャーズとボビー・キーズは、生年月日が同じだそうです。

ということで、残念ながらボビー・キーズのソロ・アルバムは所有してなく、ストーンズのアルバムも全部は持ってないので、中から参加しているアルバムを哀悼の意を込めて聴いてます。

ボビー・キーズ氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



【参考】
キース・リチャーズ、ボビー・キーズの思い出を語る (2014/12/06) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト
ボビー・キーズ - Wikipedia

※ストーンズつながりというわけではないのですが、ボビー・キーズの訃報の翌日の12月3日、イアン・マクレガン(Ian McLagan)が亡くなったというニュースが流れて驚きました。享年69歳だったそうです。合掌



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ボビー・キーズ 訃報 ローリング・ストーンズ サックス

クリームの素晴らしき世界(Wheels of Fire)/クリーム〜ジャック・ブルースの訃報

先日、元クリームのメンバーとして有名なベーシスト、ジャック・ブルースが、10月25日(2014年)に亡くなったという訃報が流れました。享年71歳でした。

ジャック・ブルースは1943年スコットランド生まれで、1966年に結成したご存知クリームでヴォーカル、ベースを担当し、そのソロを弾くような圧倒的なベースと迫力のヴォーカルで知られていますよね。

その後、ソロとして活動していますが、個人的にはクリームの頃しか聴いたことがなく、しかも、所有しているクリームのアルバムは、残念ながら「クリームの素晴らしき世界」だけなんです。

クリームの素晴らしき世界(Wheels of Fire)

Wheels of Fire1968年発表の2枚目のアルバムですね。
名盤と知られているこの2枚組を買ったのは、確か中学校の頃だったと思うのですが、「ERIC CRAPTON オリジナル名盤」という国内盤での再発シリーズで、2枚組が2,500円だったので、頑張って買った記憶があります。

当時はエリック・クラプトンを一生懸命聴いていた時期で、アルバムの中でも、正直、クラプトンのソロがふんだんに聴くことのできる曲に注目してました。「ホワイト・ルーム」や「クロスロード」、「スプーンフル」といったところですね。

2枚組のアルバムは、1枚はスタジオ盤で、1枚はフィルモアでのライブです。
で、実際、アルバムを聴いてみると、まずは、1960年代にこの内容のアルバムが完成しているというのが驚きですね。

1曲目から、あの名曲「ホワイトルーム」ですからね。
最後のギターソロに入る前の間が、なんともゾクゾクするんですよね。

アルバムには「トップ・オブ・ザ・ワールド」や「悪い星の下に」、「クロスロード」、「スプーンフル」といったブルースの名曲をアレンジしたものも収録されているのですが、改めて聴いてみると、時代を反映してか、サイケデリックの香りが結構しますよね。

中でも、ジャック・ブルースのグイグイ引っ張っていくベースと、迫力あるボーカルは、かなりそのサウンドに効いてます。

1966年から68年のたった2年程の活動ですが、きっと当時のそのインパクトは計り知れないものだったのでしょうね。

今回、ジャック・ブルースへの哀悼の意をこめて、久しぶりにこの「クリームの素晴らしき世界」を聴いたのですが、やっぱり名盤ですね。
カッコいいです。

偉大なベーシスト、ジャック・ブルース氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


参考:クリームの活躍で知られるベーシスト、ジャック・ブルース(Jack Bruce)が死去のニュース。享年71歳。 | ローカルブロガーのメモ帳

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWheels of Fire (Remastered) - クリームをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

このブログ内の関連記事

tag : クリーム ジャック・ブルース 訃報 クリームの素晴らしき世界 Wheels of Fire

Juke Joint Jump/エルヴィン・ビショップ

良い意味で、なんとなくあか抜けない感じが、何とも親近感がわく、そんなイメージを勝手に抱きつつ、そのギターや曲に惹きつけられる、エルヴィン・ビショップ。今回のアルバムは、

Juke Joint Jump

Juke Joint Jump1975年発表で、中古の輸入盤を手にしました。
〜グループや〜バンド名義も含めて、ソロになってから5枚目のアルバムで、前作「Let It Flow」から、レーベルが南部のキャプリコーンですね。

基本にある、ブルージーでソウルフルなサウンド、そして、ギターの相変わらずのご機嫌さは変わりませんが、泥臭さやどっぷりとしたブルースという感じではありません。
(どうしても、バターフィールド・ブルース・バンドの頃のイメージと比べてしまいます)

アルバムは、1曲目のタイトル曲「Juke Joint Jump」から、歯切れのいいギターとリズムがまずはいいですね。とても印象的です。

A面3曲目「Rollin' Home」の、会話のように何やらやりとりしながら進むラフな曲も、何ともこの人らしいです。

前作の肩の力の抜けた、南部色の強いサウンドを引き継ぎつつも、このアルバムでは、より陽気にファンキーに、そして、曲によってはかなりポップ路線も聴かれます。

B面1曲目の「Sure Feels Good」なんかがその路線で、実はこういうポップな曲も結構得意とするところなんですね。

ちなみに、このアルバムでは、B面4曲目のジョン・リー・フッカーの「Crawling King Snake」以外は、共作1曲を含め、全て自作ですね。

収録されている曲調自体は、結構バラエティに富んでいる、とも言えるのですが、結局、ファンキーな曲もポップな曲も、何と言いますか、この人の歌とギターとノリによって、心地の良い素朴さが漂い、何とも人懐っこい感じがしてきます。

それが、エルヴィン・ビショップの味わいになってるような気がしますし、実際、そこらへんに惹かれるんでしょうね。

ところで、ちょっと目にしたのですが、今年(2012年)のフジロック・フェスティバルにエルヴィン・ビショップが来日してたんですよね。
しかも単独ライブもあったとか。
北海道には来ないよな〜。あ〜、都会はうらやましいべさ〜


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
このアルバムと、次に出された「Struttin' My Stuff」を一緒にしたCDがあるんですね(勉強不足ですいません)。「Juke Joint Jump & Struttin My Stuff


◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エルヴィン・ビショップ Juke Joint Jump

“#8”(エイト)/J.J.ケイル

クラプトンらにリスペクトされる、今や伝説のミュージシャンともいえそうですが、あまりに渋くて、なかなかメディアで紹介されることがなかったミュージシャンですよね。

昨年(2013年)7月26日、74歳で他界した孤高のミュージシャン、J.J.ケイルです。

淡々と我が道を行く、職人のような感じがしますが、そこから生み出される飾り気のない音楽には、何とも引かれます。で、今回のアルバムは、

“#8”(エイト)

#81983年発表の、タイトルそのまま、通算8枚目のアルバムです。
中古の国内盤を手にしました。

ここまでのアルバムを見ると、5枚目のアルバムが「5」というタイトルでしたが、全作ではなくて、時々こうやって単純なタイトルにするというのは、何でかは分からないですが、それもこの人らしい気がしてしまうのが、何だか不思議です。

アルバムを聴いてみると、まあ、相変わらずマイペースの抑えた演奏なので、物足りないと思う方も多そうですが、ポップとまでは言わないけど、全体的に以前より聴きやすくなった感はありますね、何となくですが(笑)

収録曲では、1曲目の「マネー・トークス(Money Talks)」の気だるいリズムに気だるいボーカル、そして気だるいギター。いきなりのJ.J.ケイルの世界でいい感じですが、途中から入る、女性ヴォーカルにちょっとビックリしますね。

A面2曲目の「ルーザース(Losers)」は珍しく(?)軽快なイントロから始まるナンバーで、抑え気味のボーカルはいつも通りですが、結構これはポップな仕上がりです。

A面5曲目の「テイキン・ケア・オブ・ビジネス(Takin' Care Of Business)」は、アコギで始まる楽しい曲なんですが、こういうのもちょっと珍しいかも。

B面は、結構淡々とした、いつものJ.J節といった曲が続いてますが、B面4曲目「さらばコロラド(Teardrops In My Tequila)」は、スチールギターを使った、ちょっとカントリーポップテイストの印象的な曲です。

アルバム最後、B面5曲目の「人生はいばら道(Livin' Here Too)」は、ちょっとだけハードなリズムの曲ですね。
そして、フェイドアウトで最後の曲が、そしてアルバムが終わります…

それにしても、収録時間が短い(汗)
各曲の時間を足してみると、A面が15分ちょっとで、B面が14分ちょっと…
今なら、怒られそうですね。

このアルバム「8」の後、1984年にベストアルバム「スペシャル・エディション」を出すのですが、次のスタジオ盤となる、1990年の「Travel-Log」まで間隔が空くことになります。

そして、お気に入りのJ.J.ケイルのアナログレコードも、これで所有しているのは、全て紹介したことになります。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで#8 - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : J.J.ケイル J.J.Cale 8枚目 8

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。