スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・バターフィールズ・ベター・デイズの2nd「イット・オール・カムズ・バック」

ポール・バターフィールドバターフィールド・ブルース・バンドの解散後に結成したバンド、ベター・デイズ

バターフィールド・ブルース・バンドですっかりまいってしまったポール・バターフィールドの名前は、レコードを探すたびに常に気にしていたのですが、あまりに情報がなかった高校生の時は、正直言うと“ベター・デイズって何?”という感じだったんです。
手にしたのは、

イット・オール・カムズ・バック」(It All Comes Back

イット・オール・カムズ・バック輸入盤なので詳しい事が分からないのですが、1974年発表のベター・デイズの2ndで、というかベター・デイズとしては2枚しか出していないので、最後のアルバムとなりますね(発掘ライブアルバムがあるようですが)。

何と言ってもベター・デイズのメンバーが良いですよね。
ジェフ・マルダーにエイモス・ギャレットに。
それにジャケットを見ると、このアルバムにはゲストとしてボビー・チャールズ、マリア・マルダーの名前がありますしね。

ブルースを基本にしながらも、南部色が濃いというかアメリカン・ルーツ・ミュージックを感じると言うか、何とも味わい深いですね。

名曲「Small Town Talk」(スモール・タウン・トーク)はジェフ・マルダーのヴォーカルですが、ポール・バターフィールドのハープも効果的ですし、エイモス・ギャレットのギターもいいですね~。
しみじみ…。

ポール・バターフィールドの名前が表に出ていますが、あくまで6人のメンバーによるバンドとしての統一感が心地良いです。
わずか2年程の活動期間しかなく、もったいないですね。

そういえば、この頃、ポール・バターフィールドはウッドストックにいたんですよね。
このような、おおらかなというかリラックスしたサウンドもやっぱり“ウッドストック”という地に関係あるのですかねぇ。

実はこのアルバム、すごい久しぶりに聴いたのですが、これはいいですねぇ。隠れた名盤ですね。
別に隠れてないか…。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Paul Butterfield Blues Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : ベター・デイズ ポール・バターフィールド イット・オール・カムズ・バック

イン・マイ・オウン・ドリーム/バターフィールド・ブルース・バンド

In My Own Dream_img買ってショックでした。
ポール・バターフィールドの名前を見つけた~と、喜んで買って、家に帰って盤を取り出してみたところ、B面が一部変色してるではないですか…。中古の輸入盤です。
原因は今でも分からないのですが、この変色は何なんだろう?

聴く分には特に問題はないのですが、結構ビックリしました。
アナログ・レコードの中古盤は、盤の状態まで確認した方がいいのかなぁ、やっぱり。
で、そのアルバムが、

In My Own Dream

In My Own Dream1968年発表で、バターフィールド・ブルース・バンドの4作目のようですね。
(輸入盤ですし、あまり情報がなく良く分からないです)

マイク・ブルームフィールドの脱退後ですから、ギターはエルヴィン・ビショップが頑張っています。

サウンドとしてもホーンを大きく取り入れていて、その他のメンバーとしてサックスにはその後有名になるデイヴィッド・サンボーンがいますね。
ヴォーカルもポール・バターフィールド以外のメンバーがとっている曲が多いです。

そのせいか、それまでに聴いていた名盤といわれる1枚目及び2枚目とは、サウンド的には随分と趣が違い、色々と模索しているのでしょうが、個人的にはちょっと中途半端な感じがして、残念ながらあまり印象のないアルバムでした。

改めて聴き直すと、それなりに楽しめるのですが、(本当に個人的なんですが)ポール・バターフィールドのアルバムに対しては、ブルースの期待が勝手に大きくなってしまうものでして…。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでIn My Own Dreams - The Paul Butterfield Blues Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : バターフィールド・ブルース・バンド In My Own Dream ポール・バターフィールド

イースト・ウェスト/バターフィールド・ブルースバンド

ホワイト・ブルースと言えば、必ず出てくるのがジョン・メイオールとこのポール・バターフィールドですよね。

ポール・バターフィールド・ブルース・バンドで最初に購入したのが名盤といわれるデビュー・アルバムでしたが(記事はこちら)、彼らの更なる名盤といわれるアルバムを探していました。そして、中古レコード店で見つけました(いつ頃だったかな~)。

イースト・ウェスト

イースト・ウェスト発表は1966年で彼らの2作目ですね。
前作に比べると、シカゴ・ブルース一辺倒という感じではなく、曲調も変化に富んでいる印象ですが、とにかくエネルギーに満ちた意欲作ですよね。

何と言っても、A面、B面それぞれ最後のインストの曲がやはり聴き所なのでしょう。
マイク・ブルームフィールドとエルヴィン・ビショップのギター・バトルと言った所でしょうか。

A面最後の「ワーク・ソング」はキャノンボール・アダレイのヒット曲だそうですが、残念ながらジャズは詳しくなく、そこら辺の情報はよく分からないのですが、このリフは確かに耳にしますね。
ベース・ラインからしてジャジーですが、とにかく2人のギターがスリリングなソロを聴かせてくれています。
マイク・ブルームフィールドがよりそこら辺を意識したギターを弾いていますよね。

B面最後のアルバム・タイトル曲の「イースト・ウェスト」は、13分に及ぶその演奏自体有名ですが、本当に白熱したセッションが聴かれます。
曲調はエキゾチックな感じが全体を支配していて、マイク・ブルームフィールドがそっち系のギター・ソロをかなり弾きまくっていて、対してエルヴィン・ビショップはよりストレートなギターを聴かせてくれています。
ブルースという範疇ではなくなっていますが、聴きごたえ十分ですよね。

ただ、個人的には、この2曲を聴けば聴く程、この2曲における、そしてその他の曲で聴かれるポール・バターフィールドのブルース感溢れる歌とハープが際立ち、この人のブルースのみを追求する純粋な姿勢が感じられてなりません。
本当に個人的な感想ですが、やはりポール・バターフィールドなんですよね、このバンドの要は。

このアルバムを最後にマイク・ブルームフィールドが脱退してしまったのは、そこら辺の違いがあったのかなぁ。
何だかちょっと残念です。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEast-West - The Paul Butterfield Blues Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ポール・バターフィールド・ブルース・バンド イースト・ウェスト マイク・ブルームフィールド

ザ・ポール・バターフィールド・ブルース・バンド

高校時代の昔は情報も知識もなかったので、ブルースに興味があっても山ほどあるレコードの中から何を聴けば良いのかもよく分からず、それ以前にブルースのレコードを扱っているお店が(私が住んでいる地方の街には)身近にないというのは何とも致命傷でした。
それでもブルースという文字に出会う事を楽しみに足繁くレコード店に通ったものです。

これまでこのブログでも書いてきたように、クラプトンからブルースに興味を持つと、キーワードとして必ずホワイト・ブルースという言葉が出てきました。

クラプトンも参加している「ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン」等はすぐに手が伸びるのですが、初めて聴くミュージシャンとなると、限られた小遣いの中ではなかなか躊躇してしまうものでした。

そんな中で目に飛び込んできて、手が出たのがこのアルバム。

ザ・ポール・バターフィールド・ブルース・バンド

ザ・ポール・バターフィールド・ブルース・バンドそもそもそれまでは、レコード購入に際してはギタリスト中心に追いかけていたのに、彼はボーカリストでハープ奏者。
ただ、全く知らなかった訳ではなく、ザ・バンドのラストワルツでその名前と演奏はとりあえず耳には残っていたし、ホワイト・ブルースの名盤ということは何とか知っていました。
それに結局このアルバムは避けては通れない運命だったのでしょうね。ブルースを聴いていくには。

オリジナルは1965年らしいですが、私が手にしたのは「青春秘蔵版」という凄い名前のシリーズで出された再発版です。
中村とうようさんのライナーノーツが興味深く、このアルバムがホワイト・ブルースの最初というような内容が書かれていて、改めてこのアルバムの重要さが伝わります。(ちなみにこのライナーノーツには追記で、”1969年に発売された当時のものを再使用”と記されている)


確かにリズム隊は黒人ですし、白人が演奏しているというだけで、あまりホワイト・ブルースとかとジャンル分けするのは意味がないのかもしれないですね。(といいつつ、この記事のカテゴリーは「White Blues」です…)

そして実際アルバムを聴いてみても一曲目の「ボーン・イン・シカゴ」に始まり、ブルースに真摯に向き合うポール・バターフィールドのハープとボーカルがたっぷり聴く事が出来ます。何よりバンドとしての醍醐味があり、グルーブ感が最高です。

個人的には、ポール・バターフィールドには申し訳ないのですが、ドラムスのサム・レイがボーカルをとるマディ・ウォーターズの曲「アイ・ガット・マイ・モージョー・ワーキン」が一番のお気に入りですが…。

それにしても、やっぱりこのアルバムの中で聴かれるギターが気になってしまい、マイク・ブルームフィールドとエルヴィン・ビショップの二人のギタリストの名前を頭に叩き込み、この後、結局二人のレコードを追いかける事になるんですけど。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Paul Butterfield Blues Band - The Paul Butterfield Blues Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ポール・バターフィールド・ブルース・バンド ホワイト・ブルース The Paul Butterfield Blues Band

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。