スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Live At The Cafe Au Go Go/ブルース・プロジェクト

やはり、このバンド名は、ブルースなんかを聴き始めた頃は気になったものです。
それに、先に聴いていた「スーパーセッション」のアル・クーパーも参加しているとなると、なおさらです。

ただ、実際手にしたのは、結構後になってからでした。
ブルース・プロジェクトBlues Project)の、

ライヴ・アット・ザ・カフェ・ア・ゴー・ゴー
Live At The Cafe Au Go Go

ライヴ・アット・ザ・カフェ・ア・ゴー・ゴー「カフェ・ア・ゴー・ゴーのブルース・プロジェクト」という邦題も見られますね。

1966年発表の、彼らのデビュー作にして、いきなりのライヴ盤で、1965年11月のライヴを収録したものです。
ですが、手にしたのは、恐らく再発の国内盤で、「ロック・コレクター・シリーズ第2集」というシリーズのものでした。

収録曲には、マディの「Goin' Down Louisiana」、ハウリン・ウルフの「Back Door Man」、ウィリー・ディクソンの「Spoonful」等のブルースナンバーが並んでますね。
ライブなので、シンプルですが、かなり熱い演奏を繰り広げています。

中には、A面3曲目のドノヴァンの「Catch the Wind」のようなポピュラー曲や、A面最後のエネルギッシュなインスト「The Way My Baby Walks」のような曲もあって、なかなか面白いですね。

実際、このアルバムに関しては、演奏している曲も、ブルースが多く、個人的な当初の期待通りのホワイト・ブルースとかブルース・ロックということになるのでしょうが、この後、このバンドは、ブルースにとらわれない、かなり先進的、独創的な方向へと進んでいき、多彩な音楽性を表現していくようですね。

ただ、残念ながら、所有しているのはこのアルバムのみなので、以降の音楽的変遷は詳しくは分からないです。
バンド自体は数枚のアルバムを残しただけで、短命だったようですね。

このアルバムのメンバーを記しておきます。
ダニー・カルブ(ギター)
アル・クーパー(オルガン)
スティーヴ・カッツ(ギター)
ロイ・ブラメンフェルド(ドラム)
アンディ・カルバーグ(ベース)
トミー・フランダース(ヴォーカル)

※トミー・フランダースはすぐに脱退しているようです。
※アル・クーパーとステーブ・カッツはアルバム3枚で脱退して、BSTを結成します。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

※個人的な管理上、カテゴリーをアル・クーパーにしています。(どうでもよいことですが)


◆iTunes StoreでAl Kooperをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : ブルース・プロジェクト ライヴ・アット・ザ・カフェ・ア・ゴー・ゴー アル・クーパー

クーパー・セッション/Al Kooper introduces Shuggie Otis

前回のアル・クーパーの手による「スーパーセッション」を聴いて、引き続き輸入レコード店で見つけたのがこれ、

クーパー・セッション

クーパー・セッション「スーパーセッション」が凄かったので、内容はほとんど知らなかったのですが、買ってしまいました。

このアルバムはアル・クーパーのスーパーセッションアルバム第2弾で1969年レコーディングとのこと。
ジャケットに「Al Kooper introduces Shuggie Otis」とタイトルがついています。

そのシュギー・オーティス(シャギーとも表記されてますね)はR&Bの大御所ジョニー・オーティスの息子でこの時15歳…、って凄すぎない?
このアルバムを購入した時の私と同じくらいの年だったもので、このギターに更に唖然としたものです。

A面は「THE SONGS」、B面は「THE BLUES」と書かれており、その通りA面は歌有りでB面はどっぷりブルースが聴けます。
一曲目の「BURY MY BODY」からアル・クーパーのピアノとシュギーの緊迫感溢れる演奏が聴かれ、否が応でもこのアルバムに期待を持たせます。
内容は期待通りのセッションとシュギーの素晴らしいギターが聴けて、最後の「SHUGGIE'S SHUFFLE」のギターは最高にご機嫌ですね。


シュギーのギターは当時高校生の私にはかなりの衝撃で、このアルバムはかなりのお気に入りでした。

こんなに凄いギターを弾いているのですが、私がその名前を目にする事はその後ほとんどなくて、残念ながらこの後、私が彼の演奏を耳にしたのは、ジョニー・オーティスのアルバムで一度だけでした。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでAl Kooperをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : アル・クーパー シュギー・オーティス クーパー・セッション

スーパーセッション/マイク・ブルームフィールド、アル・クーパー、スティーヴン・スティルス

高校生の時に、ホワイト・ブルースをキーワードに手にしたポール・バターフィールド・ブルース・バンド。(詳しい記事はこちら

そのレコードを聴いて、そのギタリストがマイク・ブルームフィールドだという事を知り、何か関連したレコードがないかなぁと探していて見つけたのがこれ、

スーパーセッション

スーパーセッションおそらく初めて買った輸入版のレコードです。

A面がマイク・ブルームフィールドとのセッション、B面がスティーヴン・スティルスとのセッションで、アル・クーパーが中心になりプロデュースと、演奏も全面参加しています。

マイク・ブルームフィールドが目当てで購入したので、A面はギター満載で大満足でした。

どっぷりな泥臭いブルースというよりも、どちらかと言うと洗練された感のあるブルースギターで、セッションから生み出されるそのギターソロは緊迫感がありスリリングです。アル・クーパーのオルガンも効いてますね。
当時はセッションアルバムというコンセプト自体が斬新だったのでしょうね。

いつもはライナーノーツで色々情報を得ていたのが、輸入版なので(英語も読めないし)、当時は詳細が全く分からなかったのですが、録音は1968年で、マイク・ブルームフィールドはバタフィールド・ブルース・バンドの後のバンド、エレクトリック・フラッグも脱退した後です。

ちなみにエレクトリック・フラッグはバディ・マイルスと共に組んでいますが、バディ・マイルスはその後、前回ブログに書いたジミヘンの「バンド・オブ・ジプシー」に参加していて、この辺りのつながりが、なんとも面白いです。

B面のスティーヴン・スティルスはバッファロー・スプリングフィールドの解散後と思うのですが、なかなか味のあるギターを聴かせていて、この後にCS&Nを組む事になるんですよね。

こうなると、マイク・ブルームフィールドのエレクトリック・フラッグも聴きたいですし、このスーパーセッション以降も聴きたくなるのは当然の流れ。スティーヴン・スティルスのCS&Nもちゃんと聴きたいと思ったものです。
そうやって、音楽って広がっていくんですよね。

ただ、マイク・ブルームフィールドは残念ながら1981年に亡くなっています。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSuper Session - アル・クーパー, マイク・ブルームフィールド & Steve Stillsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : スーパーセッション アル・クーパー マイク・ブルームフィールド スティーヴン・スティルス

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。