スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Future Blues/キャンド・ヒート

ボブ・ハイト(ヴォーカル)とアル・ウィルスン(ハーモニカ、ギター、ヴォーカル)を中心に、1966年にロサンゼルスで結成された、ホワイト・ブルース・バンドのキャンド・ヒートCanned Heat)。
手にしたアルバムは、

Future Blues

Future Blues1970年発表。中古の輸入盤を手にしました。
ホワイト・ブルースといえば、バターフィールド・ブルース・バンドなんかはよく聴いたのですが、残念ながらこの、キャンド・ヒートはあまり縁がなかったんですよね。

持っているアルバムも単独のものは、これ1枚のみです。
あとは、孤高のブルースマン、ジョン・リー・フッカーとの共演アルバムがありますが、それはまた別の機会に。

バンド名の由来はトミー・ジョンソンの「Canned Heat Blues」からとのことですが、この曲は聴いたことがないんですよね~。残念。

前出の2人は、元々ブルース研究家とのことで、ブルースに正面から取り組んでいて、演奏もブルース・フィーリングに忠実だったようですね。

ということで、ジャケットが印象的な(というか、ブルースとは思えない)このアルバムですが、A面1曲目の「Sugar Bee」から、ハープが激しく鳴り響き、荒削りながらも泥臭いブルースを聴かせてくれます。

ドクター・ジョンが参加していて、A面5曲目の「Skat」では、ピアノの他、ホーン・アレンジも担い、スウィング感のあるブルースに仕上がってますね。

B面2曲目の「So Sad (The World's in a Tangle)」は8分近くに及ぶ曲で、突き進むような演奏に加え、ギターもなかなかの迫力です。

このアルバムのリード・ギターは、オリジナルメンバーのヘンリー・ヴェスティンからハーヴェイ・マンデルに代わってます。
時に激しく弾いているギターの音色は、時代を感じさせる、サスティンの効いた、かなり歪んだ音ですね。

アルバム最後はアルバム・タイトルにもなっている曲「Future Blues」で、アップテンポで賑やかなブルースで締めくくってます。

中心メンバーだった、アル・ウィルスンが1970年に、ボブ・ハイトが1981年に死去しています。
バンドは自然消滅のような感じだったそうですが、現在もバンドは活動を続けているようですよ。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆iTunes StoreでCanned Heatをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : キャンド・ヒート Canned Heat Future Blues ホワイト・ブルース

ライヴ/ジョニー・ウインター・アンド

でました「100万ドルのギタリスト」(懐かしい!)。
白人ブルース・ギタリストでこの人が登場しないと! ですね。
テキサス出身のジョニー・ウィンターで、手にしたアルバムは、

ライヴ」(Live Johnny Winter And

ライヴ/ジョニー・ウインター・アンド1971年発表。輸入盤を手にしました。
リック・デリンジャーが参加している「ジョニー・ウインター・アンド」としてのライブアルバムですね。

説明不要のジョニー・ウインターです。
1曲目の「Good Morning Little Schoolgirl」から最後の「Johnny B. Goode」まで、もの凄い熱気とパワーで、まさに弾きまくってますね。
この人のヴォーカルもカッコいいんですよね。
リック・デリンジャーも時に絡みながら時にソロと、鋭いギターを聴かせてくれています。

最初は、もっとブルース色が出ているのかと思っていたのですが、特に「ジョニー・ウインター・アンド」ではロック色の強いようで、このアルバムもストレートなブルース・ナンバーではなく、ハードなロックンロールがアルバムを占めています。

ただ、ライブの臨場感もあって、スピード感溢れるギターが炸裂していて最高にスリリングです。

ジョニー・ウインターはよく聴いたと思っていたのですが、アルバムとはあまり縁がなかったんですよね。
唯一持っているアナログ・レコードが、これなんですよね。ちょっと残念。

後に、自身のレーベルでプロデューサーとしてマディ・ウォーターズのアルバムを手がけて、マディから「息子」と呼ばれていたあたりは、ブルースへの“愛”を感じますね。

ところで!
今だ来日が実現していなかった、ジョニー・ウィンターの初来日ライブが、なんと昨日まで(2011年4月13~15日)の3日間、Zepp Tokyoでありましたね!
どうだったのかな~、ファイアーバード持って、スライド弾いたのかな~。
いいな~、観たかったな~。
こちらは北海道ですからね~(泣)


《2014年8月31日追記》
ジョニー・ウィンターは、2014年7月16日に死去しました、享年70歳でした。
2014年4月には、3度目来日公演を行うなど、精力的に活動していたので、残念です。
(参考:ブルース・ギターの名手・ジョニー・ウィンター(Johnny Winter)死去のニュース。享年70歳 | ローカルブロガーのメモ帳

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆iTunes StoreでLive Johnny Winter And - ジョニー・ウィンターをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ジョニー・ウインター・アンド ライヴ リック・デリンジャー

ミラーズ/ジョン・ハモンド

前回の「三頭政治」(記事はこちら)で名前を知った、ジョン・ポール・ハモンドです。
その後もほとんど目にする事はなかったのですが、たまたまアルバムを見つけて手にしました、

ミラーズ」(Mirrors

ミラーズ元は1967年発表ですが、国内再発盤(1978年)の中古を入手しました。
情報があまりなかったのですが、幸いにもライナー・ノーツが入っていたので、以下はそのライナー・ノーツを参考にしています。

ジョン・ハモンドは1942年11月13日、ニューヨーク生まれのホワイト・ブルース・シンガーですね。
彼の父は、ややこしい事に同じ名前なんですが、父の方がプロデューサーとしてアメリカ音楽界に大きな功績を残していて有名でしょうか(ディランを世に出したプロデューサーとしても有名です)。
ですから、こちらの息子の方は、本名のジョン・ポール・ハモンドと言った方がいいですね。

今回のアルバムは5枚目とのことで、1967年で5枚目とは、結構昔から活動してます。

で、このアルバムの収録曲は、これ以前に発表されていたアルバムそれぞれの未収録曲を集めたもののようで、A面はバンドスタイルでB面はアコースティックの弾き語りブルースと分かれています。

何と言っても、大注目でビックリしたのがA面1曲目と6曲目の参加メンバーです。

ザ・バンドのメンバーのうち、ロビー・ロバートソン、リヴォン・ヘルム、ガース・ハドソン(クレジット名はエリック・ハドソン)が参加しています。
さらに、何故かピアノでマイク・ブルームフィールド。ベースにジミー・ルイス、ハープにチャールズ・マッセルホワイトの名前もあります。

時期を見ると、ザ・バンドと名乗る前ですからね。ここら辺で繋がりがあったのですね。
若き頃のロビー・ロバートソンのストレートなギターが嬉しいです。

B面は弾き語りのカントリー・ブルースのスタイルを聴くことができます。。

収録曲は主な所で、「They Call It Stormy Monday」「Keys To The Highway」「Walking Blues」等、ロバート・ジョンソンらの古いブルースのカバーが多く収録されています。

未収録の曲を集めたということもあってか、全体的にはインパクトに欠ける印象は否めませんが、こういう、ブルースにどっぷりのホワイト・ブルース・シンガーがいたんですね。勉強不足でした。

残念ながら、所有するアルバムはこの1枚のみです。
3枚目のアルバム「So Many Roads」が前述のザ・バンドらのメンバーで収録されているそうです。聴いてみたい…。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
というか、CD化に際して、以前のアルバムにボーナストラックとして追加されているようです。


◆iTunes StoreでJohn Hammondをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ジョン・ポール・ハモンド ミラーズ John Hammond

ホワッツ・シェイキン/ラヴィン・スプーンフル、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド、エリック・クラプトン&ザ・パワーハウスほか

前回書いた「ザ・ポール・バターフィールド・ブルース・バンド」の「青春秘蔵版」シリーズ(相変わらず気恥ずかしい名前のシリーズ名ですね。記事はこちら)。
次にこのシリーズの帯を見つけて買ったのが、

ホワッツ・シェイキン

ホワッツ・シェイキンこのアルバムは「ラヴィン・スプーンフル」と「ポール・バターフィールド・ブルース・バンド」をメインにしたオムニバス・アルバムで、「エリック・クラプトン&ザ・パワーハウス」というレコーディング用バンドの演奏も聴く事が出来ます。

やはり、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドとクラプトンの名前を見たら、買わずにはいられませんでした。

その他に「アル・クーパー」、「トム・ラッシュ」(すいません、ほとんど知りません)の演奏が入っています。
オリジナルは1966年発売という事なので、結構古い録音ですよね。

興味が向いたのは、やはり「ポール・バターフィールド・ブルース・バンド」と「クラプトン&ザ・パワーハウス」で、これを聴きたくて買ったも同然でしたから。

クラプトンはクリームを結成する前ですが、メンバーにはスティーヴ・ウィンウッドとジャック・ブルースがいて、この後のクリームからブラインド・フェイスへの香りがしています。クロスロードの原型もここで聴くことができます。

個人的にはやはり「ポール・バターフィールド・ブルース・バンド」の演奏がホワイトブルースという点からは惹き付けられます。(録音時期から見ると絶好調のときですね)

ジョン・セバスチャン率いる「ラヴィン・スプーンフル」は数々のヒット曲を出していすが、残念ながらその後はあまり聴く機会がありませんでした。ブルースのエッセンスを取り入れつつポップ感のあるバンド・サウンドを聴かせています。
スーパーセッションでしか知らなかったアル・クーパーをここで聴けたというのは何だか得した気分でした。「泣かずにいられない」の一曲ですがいいですよね。

このアルバムは、若手白人ミュージシャンのエネルギーに溢れていて、かなり聴きごたえのあるホワイトブルース・アルバムではないかと思います。
たしかに「青春秘蔵版」といっていいかも…。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWhat's Shakin' - ヴァリアス・アーティストをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ホワッツ・シェイキン エリック・クラプトン ポール・バターフィールド・ブルース・バンド アル・クーパー What's Shakin'

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。