スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルース・フォー・エルヴィス/アルバート・キング

久々にブルースのレコードを、それもアルバート・キングを引っ張り出してきましたが…。

ブルースに詳しい方には、アルバート・キングなら、他に聴くべきレコードがあるだろう!って言われそうですが、これまでこのブログに出てきたアルバムの次に買ったのが、

Blues For Elvis

ブルース・フォー・エルヴィス1970年の発表のようですが、購入したのは輸入盤で、1980年に再発されたもののようです(年度が書いてました)。
エルヴィスの曲をカバーしたアルバムですね。

いつも書いていますが、選ぶ余地がそんなになかったんですよね。
この頃聴きだして、次が聴きたくて探していたアルバート・キングのアルバムを見つけて、飛びついたといったところでしょうか。
エルヴィス・プレスリーの名前は当然知っていましたしね。

正直プレスリーといっても、よく耳にする代表曲しか知らなかったのですが、ちょうど全曲聴いたことのある曲がカバーされていたので、すんなり聴くことが出来ました。

単純な企画物なのか、アルバム制作の経緯は分かりませんが、全体的にやっぱり軽めです。
それはそうですよね、プレスリーのカバーですから。

それでも相変わらず、ちょっとこもり気味のソウルフルなヴォーカルに、クリアだけど鋭く迫るギター、痺れるチョーキング、そして、ファンキーなバックの演奏と、アルバート・キングのブルース・アルバムに仕上がっています。
本人もちょっと楽しそうに演奏しているようにも聴こえてきます。

う~ん、けど、やっぱり物足りないかな~…。
期待が大きいですからねぇ。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでAlbert Kingをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : アルバート・キング ブルース・フォー・エルヴィス

悪い星の下に/アルバート・キング

前回の記事で書きましたが、クラプトンの「マネー・アンド・シガレッツ」に入っていた、「クロス・カット・ソウ」のアルバート・キングのバージョンが聴きたくて、探していたということもあったのですが、それ以前にこのアルバムはアルバート・キング名盤中の名盤なので、聴かない訳にはいきませんよね。

すると、何とタイミングの良いことか、ほとんど探すことなく見つけることが出来ました。
その前年にも出ていたんですよね(本当にたまたまなんです)、

悪い星の下に

悪い星の下にオリジナルは1967年の録音で、買ったのは1982年発売の国内盤です。
「悪い星の下に」に「クロス・カット・ソウ」、「ラーンドロマット・ブルース」に「アズ・ジ・イヤーズ・ゴー・バッシング・バイ」等々、名曲と呼ばれるものが並び、たまりません。
(当然、名曲だと知ったのは後になってからですが)

荒々しく叫ぶ訳でもなければ(どちらかと言うとこもっている声)、ギターを弾きまくる訳でもない。
しかし、もの凄い迫力。
ギターの音色自体はクリーンですが、鋭く、時には切り裂くようで、チョーキングが決まるとゾクッときますね。
言葉では言い表せません。
「クロス・カット・ソウ」もクラプトンより、こちらの方がすぐに好きになりました。

どっしりとしたブルース感満載なんですが、歌を聴いているとソウルフルとも言えるのでしょうか。
それに、スローテンポであろうと、ファンキーとも言えますよね。

バックはブッカー・T&ザ・MG'sにメンフィス・ホーンズによるスタックスのサウンドですから間違いなくかっこいいです。
(といっても、当時はブッカー・T&ザ・MG'sは知らなかったのですが…)

これは最高です。名盤です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBorn Under a Bad Sign - Albert Kingをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : アルバート・キング 悪い星の下に クロス・カット・ソウ

I'll Play The Blues For You/アルバート・キング

3大キングといっているのは日本だけであろうか。
それでもフレディ・キング、B.B.キングと聴いて、あとはやはりアルバート・キングを聴かなければ、と、高校生の頃の私は何故か使命感に燃えていました。
(といっても、当時はそれぞれ1枚ずつしか聴いた事はなかったのですが…)

そして、何とか出会えたアルバート・キングのアルバムが、

I'll Play The Blues For You

I'll Play The Blues For You輸入版でしたので、詳しい事は分からなかったのですが、元は1972年の録音(スタックス盤)で、どうやら購入したものは1981年にリマスターされたもののようです。

このタイトル曲は代表作だというのも後になって知りました。(よく分からないのですが、別ジャケットがあり、そちらの方が一般的みたいですね)

一曲目のアルバム・タイトル曲から、サウスポーのフライングVから繰り出される、鋭く、図太く、絞り出すようなギター、むせび泣くチョーキング。
決して技巧的ではないものの、ググッと響いてきます。

そもそも、右利き用のギターをそのまま左に持ち替えて弾いているので(1弦が上)、そのチョーキングの感じは独特なのかもしれないですね。

そして、どこまでもディープで黒いその声、ソウルフルでファンキーでもあるそのサウンド。
正直、先のB.B.キングより痺れてしまいました。

今思うと幸運だったのは、ブルースを扱うレコード店がほとんどなく、あっても枚数が少なく選ぶ余地のあまりないブルースレコードのなかで、フレディ・キングといいB.B.キングといい、そしてこのアルバート・キングといい、とても良質の名盤といわれるレコードに出会えた事です。

この、ぞくぞく、わくわく、そして心に響く演奏を耳にして、ブルースにハマらずにはいられません。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでI'll Play the Blues for You (Stax Remasters) - Albert Kingをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : アルバート・キング I'll Play The Blues For You

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。