スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報/アルヴィン・リー(Alvin Lee)

訃報が入ってきました。

テン・イヤーズ・アフターのギタリスト、アルヴィン・リーが、2013年3月6日に死去したとのこと。68歳。

シネマトゥデイの記事「テン・イヤーズ・アフターのアルヴィン・リーさんが死去 68歳」から引用させていただくと、

1960年代から70年代にかけて活動したロックバンド、テン・イヤーズ・アフターのアルヴィン・リーさんが現地時間6日、死去した。オフィシャルサイトによると、「通常の手術の後、予期せぬ合併症により死去した」とのこと。


Ten Years After img言わずと知れた、イギリスのブルース・ロック・バンドとして人気を博した、テン・イヤーズ・アフターのギタリスト、アルヴィン・リー。

トレードマークのES-335を抱えて、当時は超絶速弾きギタリストとして有名でしたよね。
ただ、早いだけでなくて、やっぱりカッコ良かったんですよね。

残念ながら、私はリアルタイムの世代ではないのですが、リバイバルの映画で見た、1969年のウッドストック・フェスティバルでの「I'm Going Home」のパフォーマンスは、今でも強烈に印象に残ってます。

心よりご冥福をお祈り申し上げます 。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

◆Amazonでテン・イヤーズ・アフターをチェックする。
◆AmazonでAlvin Leeをチェックする。
◆iTunes StoreでTen Years Afterをチェックする。

◆iTunes StoreでAlvin Leeをチェックする。


スポンサーサイト

tag : アルヴィン・リー 訃報 テン・イヤーズ・アフター Ten Years After Alvin Lee

Ssssh/テン・イヤーズ・アフター

映画「ウッドストック」で、アルヴィン・リーのギターにすっかりまいってしまったのですが、テン・イヤーズ・アフターで最初に手にしたアルバムが、ライブ盤の「UNDEAD」だったので(記事はこちら)、スタジオ録音のアルバムを探しました。
で、手にしたのが、

Ssssh」(夜明けのない朝

Ssssh1969年発表で4枚目ですね。
入手したアルバム自体は、再発の輸入盤です。

細かい時期が分からないのですが、ウッドストックにも出演して絶好調の頃でしょうか。
ジャケットに記載されているこのアルバムの録音が1969年の6月となっていて、実際の発売月は分からないのですが、ウッドストックが1969年8月ですからね。

アルヴィン・リーのギターは相変わらず凄まじいものがありますが、サウンド的にはブルースという感じを通り越して、ハード・ロックに近づいてますね。
激しく、ガツンときます。

どうしてもアルヴィン・リーのギターに耳がいってしまうのですが、このバンドは他のメンバーの演奏も凄いですよね。
個人的に忘れないように、メンバーを記しておくと、
レオ・ライオンズ:ベース
チック・チャーチル:キーボード
リック・リー:ドラムス
レオ・ライオンズの迫力あるベース・ラインが特に印象的です。

A面4曲目の「Good Morning Little Schoolgirl」はあの曲だったんだ、と、最初は気づきませんでした。テン・イヤーズ・アフターのサウンドになってますものね。
それと、B面最後の曲「I Woke Up This Morning」は、これが邦題の「夜明けのない朝」だったんですね。知りませんでした。
なんといっても輸入盤だったので、聴いてすぐには気づかない事が多かったです。

ライブが本領発揮と言われていますが、いやいやなかなかスタジオ盤も迫力あってカッコいいです。

ところで「Ssssh」って何て読むんだろう…。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでテン・イヤーズ・アフターをチェックする。
◆iTunes StoreでSsssh - Ten Years Afterをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : テン・イヤーズ・アフター アルヴィン・リー Ssssh 夜明けのない朝 Ten Years After

アルヴィン・リーのソロ「レット・イット・ロック」

今思えば、随分と入れ込んでいたんだと思います。 
テン・イヤーズ・アフターを聴いてからというものの、アルヴィン・リーに。

高校生の頃、中古レコード店で、いつものようにパタパタとレコードをめくりながら見ていて、目に入った「アルヴィン・リー」の文字。
そもそも、テン・イヤーズ・アフターがその後どうなったか、ましてやアルヴィン・リーのソロ活動に関しては、まったく知らなかったのですが…、
買ってしまいました、そのアルヴィン・リーのソロアルバム

レット・イット・ロック

レット・イット・ロックこのアルバムが出た頃の状況がよく分からないのですが、購入したジャケットには1978年となっていて、ソロとしては2枚目でしょうか。

このアルバムについては、その後もほとんど、メディアで目に耳にすることはなかったので、評価はたいしたことはないのかもしれません。

それでも、小粒かもしれませんが、R&Rスタイルのタイトル曲や軽快な曲、ミディアムテンポの幻想的な曲等、良い曲が揃っていて、テン・イヤーズ・アフターとは違った、渋いロックとでもいうか、肩の力が抜けた演奏が聴くことが出来ます。
A面5曲目の「リトル・ボーイ」が気に入っていて、コーラスとからむヴォーカルやギターがご機嫌なサウンドをきかせてくれます。


怒濤のような速弾きは無くなりましたが、かえって、曲の合間に入ってくる効果的なギターや、コンパクトにまとめられたギター・ソロ等、余裕が感じられます。

こんなに気に入っていたのに、正直に言うとアルヴィン・リーのソロ・アルバムはこの1枚しか持っていません。
もうちょっと聴きたいですね。


《2013年3月8日追記》
アルヴィン・リーは2013年3月6日に、68歳で急逝しました。
まだまだ活動を続けていたようで、とても残念です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆AmazonでAlvin Leeをチェックする。
◆iTunes StoreでLet It Rock - Alvin Leeをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : テン・イヤーズ・アフター アルヴィン・リー レット・イット・ロック ソロ Ten Years After Alvin Lee

アルヴィン・リーの超絶ギター〜UNDEAD/TEN YEARS AFTER IN CONCERT

高校生の時、リバイバルで映画「ウッドストック」を観て、初めて知ったテン・イヤーズ・アフターとギターのアルヴィン・リー
とにかくその時の「I'm Going Home」におけるアルヴィン・リーのギターにぶっ飛んでしまい、探しました。

で、中古レコードを扱っているお店で見つけたのが、

UNDEAD/TEN YEARS AFTER IN CONCERT

UNDEAD当時、どのくらい中古レコード店というものがあったのか分からないのですが、少なくとも専門店は当時の私は知らなかったので、偶然見つけた「I'm Going Home」の入ったこのアルバムを見つけて大喜びだったのは言うまでもありません。

このアルバムは1968年のバンド2枚目にしてのライブアルバムです。
1968年ですから、私がぶっ飛んだウッドストックの前の「I'm Going Home」が聴く事が出来ます。

アルヴィン・リーのギターは速弾きのハシリで、あまりチョーキングを使わない、いわばジャズ的なアプローチでブルース・ロック・ギターを弾くといった感じでしょうか。

ベースラインが特にその感じを醸し出していて、A面2曲目の「ウッドチョッパーズ・ボール」なんか凄いですよね。
スィング感があるとも言えるが、やっぱりロック。カッコいいです。

今では、そうでもないのかもしれないですが、当時、ES-335から繰り出されるその速さは驚きでした。

そして、やはり頭から離れない「I'm Going Home」なのです。
このライブの演奏は、緊迫感がすごくて最高です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでテン・イヤーズ・アフターをチェックする。
◆iTunes StoreでUndead - Ten Years Afterをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : テン・イヤーズ・アフター アルヴィン・リー UNDEAD Ten Years After

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。