スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェスティバル/サンタナ

ギター少年時代には気になるギタリストの一人でしたね、カルロス・サンタナ
で、バンドのサンタナが大ヒットアルバム「アミーゴ」の次に出した、真っ赤なバラをあしらったジャケットが印象的な、

フェスティバル」(Festival

フェスティバル1976発表ですね。国内盤の中古を手に入れました。

元々バンドのメンバーの入れ替わりがかなり激しいようですが、コアなファンはきっと、デビュー時のパーカッショニスト、チェピート・アリアスがこのアルバムで復帰しているのを喜ばしいニュースとして楽しみにしたのでしょうね。

ただ、私は残念ながらそこまでは追いきれていません。
正直言いますと、やはり、カルロス・サンタナのギター中心に聴いてしまってます。

アルバムは、ホイッスルが高らかに鳴り響いて始まる「Carnaval」からメドレーとなっているアルバム冒頭の3曲が、ラテン・パーカッションが躍動し、カルロス・サンタナのギターも白熱して、聴きごたえありますね。

「哀愁のヨーロッパ」の続編のようなB面1曲目の「哀愁のボレロ」(Revelations)は、ベタではありますが、泣きのギターがやっぱりいいですね。日本人が好きそうですもんね。

アルバム最後の「情熱のマリア」(Maria Caracoles)はホーンも入り、陽気なラテン・サウンドを聴かせてくれてアルバムを締めくくっています。

それにしても、ヴォーカル入りの曲があまりにもメローで、他の情熱的なラテン・ロック・サウンドとかけ離れているのがちょっと気になる所ではあります。
更に、ダンサンブルなファンキー系の曲ありと、ちょっと散漫な感じもしてしまいます。

心躍るラテン・ロックを求めてしまうのは、こちらのサンタナに対するイメージが固まりすぎているかもしれないんですがね。
ただ、こればかりはどうしてもそうなってしまいます。

かなり余談になりますが、B面2曲目あたりは曲といいギターといい、ほとんど高中正義の基本形ですね(笑)
もちろん、言うまでもなくこちらが元ですが。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでFestival - サンタナをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : サンタナ フェスティバル

アミーゴ/サンタナ

そろそろ、新譜で購入したアルバム以外は購入時期というのも曖昧です。中学か高校時代かそれ以降か。
まあ、もともと個人的な覚え書きの為で、たいした意味はないのですが。

で、いつ頃買ったかなぁ~と、考えながら引っ張り出してきたのがサンタナの、

アミーゴ」(Amigos

アミーゴちょっと思い出したのですが。。。
このアルバム、初めて買ったサンタナのアルバム「ワンネス」(カルロス・サンタナ名義のソロ・アルバムですが)にちょっと物足りなさを感じていて(記事はこちら)、やはり名盤を聴きたかったのですが、そう思っていた矢先に弟が中古で買ってきたアルバムでした。

1976年発表で、横尾忠則氏デザインのジャケットも有名ですよね。

ギター少年にとっては、教則本にも良く出てくる、日本で人気の名曲「哀愁のヨーロッパ」あたりは、既に聴いていましたが、アルバム全体的にはラテン色も強く、加えてダンサンブルな感じもあって、かなりウキウキして聴いたのを思い出します。

それに、やっぱり「サンタナ」というバンドなんですね。
カルロス・サンタナのギターが全般にわたって前面に出てきている、という訳でもないですよね(「哀愁のヨーロッパ」は別ですが)。
バンドとしての躍動感がまずありき、ですね。

「Gitano(ジプシー仲間)」とかは、ラテンというかサルサというか、ジプシーというか(自分でも何だか良く分からないですが)、普通のロック・アルバムを聴いていても耳にすることがない曲で、興味深かったですね。

やはり、まずはここら辺を聴くべきだったのでしょうね。
アルバムとして、初めて“サンタナ”に接しました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでAmigos - サンタナをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : サンタナ アミーゴ 哀愁のヨーロッパ

ワンネス/カルロス・サンタナ

前回のテン・イヤーズ・アフターと同じく、高校生の時、リバイバルで映画「ウッドストック」を観て印象に残ったのが、サンタナ

ただ、カルロス・サンタナはその頃は既に人気ギタリストで、「哀愁のヨーロッパ」などは、ギター少年にとってはコピー必須曲みたいな感じで他の曲もよく聴いていました。
ただ、サンタナの若い頃の「ウッドストック」でのエネルギッシュな演奏を聴いて、改めてその魅力にひかれたものです。

さすがにサンタナは地元のレコード店でも普通に扱っていて、最初に手を伸ばしたのが、

ワンネス

ワンネスたしか、映画「ウッドストック」を見る前で、中学生のときだったかもしれません。

他に名盤はいっぱいあるのに、何故このアルバムかと言うと…、あまり理由はなくて、有名な曲は既に色々なところで聴くことができていたので、知らないアルバムを聴きたかったというのと、ちょうどその頃にリリースされていたアルバムであったということでしょうか。

1979年リリースで、買うときは知らなかったのですが、カルロス・サンタナ名義のソロアルバムはこれが初ですね。

A面の6曲は大阪公演のライブを収録していて、全体的に神秘的とでもいうか、ラテン色に宗教っぽさ(?)も入っているような。
B面はスタジオ録音で、純粋にサンタナのギターが楽しめるのではないでしょうか。
最後の曲「ソング・フォー・ディヴァディップ」のギターはワクワクして単純に壮快です。

ただ、代表作とは言えないのでしょうか、私も正直な所、アルバムとしてトータル的にちょっと物足りなくて、結局はその後に他のアルバムを求める事になりました。

実は中学生の頃に、サンタナのファンだという高中正義さんも聴き出したんですよね。(このアルバムの解説も書いてます)
このブログの方向とは全然違うんですが、実際、随分と聴いたので(更に日本人のいわゆるフュージョン・ギタリストも)そのうち、そっちもつぶやきたいと思っています。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでOneness - Silver Dreams Golden Reality - カルロス・サンタナをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : カルロス・サンタナ ワンネス ソロアルバム

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。