スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4ウェイ・ストリート/CSN&Y

アルバム「クロスビー・スティルス&ナッシュ」に「デジャ・ヴ」ときたら、この有名なライブ・アルバムもどうしても聴きたくなります。

4ウェイ・ストリート」(4 Way Street

4ウェイ・ストリートクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングによる、1971年に発表された2枚組のライヴ盤で、ライブは1970年に行われたものからですね。

ライブの名盤ですね。中古の国内盤を手にする事ができました。

アルバム1枚目(Side1&2)がアコースティック・サイドで2枚目(Side3&4)がエレクトリック・サイドです。

アコースティック・サイドでは、観客の歓声に加えて、フレンドリーな雰囲気も伝わってきて、演奏も実に楽しげに展開されています。
それにしてもライブにして、見事なアンサンブルですね。この抜群のコーラスはやっぱり凄いです。

対してエレクトリック・サイドですが、かなり力が入るのか、コーラスは若干雑なところも出てきますが、それを上回る4人の臨場感溢れる歌と演奏が迫ってきます。

それに、スティーヴン・スティルスとニール・ヤングはエレキ・ギターになると、いきなり激しいギター・バトルになるんですよね。
「サザン・マン」や「キャリー・オン」は圧巻です。
(ただ、さすがにちょっと中だるみの感はあるかも)

その2人の後ろで、堅実なカッティングをしているのは、デヴィッド・クロスビーですよね。
サウンドを陰ながら支えてますね。

収録曲は、グループとしての2枚のアルバムからの曲の他、それぞれの代表曲を持ち寄っていて、実際は各人の持ち歌をバランスよく披露している感じですが、何たってこの個性の強い実力者達が一つのグループとして演奏しているんですから凄くないわけがないです。

スタジオ盤で感激した、完成度の高い歌と演奏がライブで聴く事が出来るんですから、このライブ・アルバムは貴重ですよね。
短い期間にこのライブ盤を含めて3枚のアルバムしか残さなかったスーパー・グループですからね。

その後の再結成アルバムも何枚か聴く事ができたので、それは追々。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで4 Way Street (Live) - クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング 4ウェイ・ストリート CSN&Y

クロスビー・スティルス&ナッシュのデビュー・アルバム

先にCSN&Yによる「デジャ・ヴ」を手に入れていたのですが(記事はこちら)、このスーパー・グループのデビュー・アルバムを次に手に入れました。
CS&Nによる、

クロスビー・スティルス&ナッシュ」(Crosby, Stills & Nash

クロスビー・スティルス&ナッシュ1969年発表ですね。
(輸入盤の中古で、盤の状態がかなり悪く、ちょっとがっかりしてます)

針を落とした途端に始まる、アコースティック・ギターとコーラスが見事な、「組曲:青い目のジュデイ」(Suite: Judy Blue Eyes)が素晴らしいですね。他にも、
「木の船」(Wooden Ships)の緊張感漂うコーラス、
「どうにもならない望み」(Helplessly Hoping)の美しい旋律、等々。

3人についての詳細は、ここでは省きますが、変幻自在、抜群のコーラス・ワーク。どれが主旋律なのか、というより、3人の歌声が一体になって、ひとつの旋律を作り上げているようで、見事です。華麗です。

加えて、アコースティック・ギターの演奏が印象的で耳に残ります。
サウンド的にはやはり、スティーヴン・スティルスの存在が大きいようですね。

このブログで先に出てきた、ニール・ヤングが加わった次のアルバム「デジャ・ヴ」は名曲揃いで本当に素晴らしく、間違いなく名盤ですが、こちらのアルバムの方が、3人それぞれの個性が発揮された上で、より3人の一体感があるようにも感じられます。

これだけ、もの凄い成功を収めていても、当初の活動はCSN&Yを含めて、スタジオ盤2枚とライブ盤1枚ですから、短いですよね。

ただ、その後も色々な形で(メンバーの組合せで)再結成もしたりしているので、バンドという枠組みにとらわれない、あくまでも個人ありきの集合体という考え方が基本にあるのでしょうね。

その後の何枚かも聴く事が出来たので、そのうちに。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでCrosby, Stills & Nash (Bonus Track Version) [Remastered] - Crosby, Stills & Nashをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : クロスビー・スティルス&ナッシュ CS&N CSN&Y デビュー・アルバム

デジャ・ヴ/CSN&Y

またしても、高校生の時にリバイバルで映画「ウッドストック」を観て影響を受けたバンド、というかグループについてですが、このCSN&Yで強烈に印象に残っているのは、ライブの映像より、映画で流れる、まさに「ウッドストック」その曲でした。

のっけから入ってくるギターに、迫ってくる旋律と美しいコーラス。最後の畳み掛けるようなギター。
聴くたびに映画「ウッドストック」の光景が蘇ってくるようで、ドキドキしてくる曲です。

当然、探して入手しました(地方はこのような名盤でも簡単に手に入らないんですよね)、

デジャ・ヴ」(Deja Vu

デジャ・ヴこれは結構衝撃でした。

それまでは、典型的なギター・アルバムやブルース系のアルバムばかりを追いかけていたのが、ボーカル主体と言うか、素朴とも、反対に洗練されたとも言える、歌と楽曲自体を聴かせるサウンドが、ものすごく新鮮な音に聴こえました。

スティーヴン・スティルスとニール・ヤングのエレキ・ギターもいいですが、アコースティック・ギターのサウンドがとにかくいいですね。

1970年の作品ですが、とにかくクオリティが高いです。

一曲目のキャリー・オンから最後まで、アルバム通して名曲揃いで、何度聴いても飽きません。
(ただし、バラエティに富んでいるともいえますが、4人それぞれの曲を集めたという感は否めません。だからこそ飽きないのかな?)

この4人のうち、グラハム・ナッシュはその後はちょっと縁がなかったのですが、デヴィッド・クロスビー、スティーヴン・スティルスとニール・ヤングは何かと聴く機会が増えました。

それと、このアルバムをきっかけに、フォーク・ロックやウェストコースト系の音楽を聴きだしたのは言うまでもありません。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでDeja Vu - クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング デジャ・ヴ Deja Vu

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。