スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリック・クラプトンの初のソロ「Eric Clapton」

ロックを聴きだした頃から真っ先に熱心に聴いていたクラプトンですが、そうそうレコードを買うことができなかった少年の頃は、カセット・テープにできる限り様々なアルバムを録音して聴いたものです。

ただ、そうすると反対に、いざレコードを購入するという時に、なかなかクラプトンのアルバムに手が出ないんですよね。
後回しになるといった感じなんです。

これも、そんな訳で、結構後になってから手に入れました。クラプトンの、

Eric Clapton

Eric Clapton1970年8月発表の初のソロ・アルバムですね。

中古の国内盤を手にしました。
余談ですが、この中古盤にはライナー・ノーツが何故か2枚入ってます???

時期的にはブラインド・フェイス解散(1969年)後で、デレク・アンド・ザ・ドミノスの名作「レイラ」(1970年)の前ですかね。

そのブラインド・フェイス解散後の1969年末にデラニー&ボニーのツアーに参加して、その音楽性に相当の刺激を受けたというのは有名ですよね。
(この時のライブのアルバムが「On Tour/Delaney & Bonnie &Friends with Eric Clapton」)
そして、このアルバムではデラニー・ブラムレットをプロデューサーに起用して、そのサウンドにも大きく反映されています。

参加メンバーも、デラニー&ボニーのツアーの時のメンバーが中心で、レオン・ラッセルらの名前があります。
曲もデラニー・ブラムレットとクラプトンの共作が多いですね。

そのサウンドは、スワンプ・ロック系で、南部の香りプンプンで、加えて非常にリラックスしていて楽しそうに演奏しているのが伝わってきます。

いい曲が揃ってます。
「ブルース・パワー」(Blues Power)、「レッド・ワイン」(Bottle of Red Wine)、「家から遠く」(Lonesome and a Long Way from Home)等々、結局どれも好きですね。

J.J.ケイルの「アフター・ミッドナイト」(After Midnight)もこのアルバムで取り上げられています。かなりアップテンポなのに驚きましたが、いいですね。

もちろん初のソロ・アルバムですからヴォーカルもとってますが、既に充分枯れてて甘くていい感じです。

決してギター・アルバムではなく、この頃のクラプトンが、こういう音楽をやりたかったんだ~、というのが伝わってきます。
ただ、「レット・イット・レイン」(Let It Rain)の最後のギターはやはり最高ですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEric Clapton - エリック・クラプトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : エリック・クラプトン 初のソロ Eric Clapton アフター・ミッドナイト レット・イット・レイン

オーガスト/エリック・クラプトン

前作「ビハインド・ザ・サン」では、それ以前と随分とサウンドが変化して、正直言うとちょっと興味が離れた所はあったのですが、新譜が出たとなるとどうしても手が出てしまいました。
何と言っても、私をこちらの音楽に導いてくれたミュージシャン、クラプトンですから。

オーガスト」(August

オーガスト1986年発表ですね。
前作に引き続き、プロデューサーにフィル・コリンズを起用していて、この時代に合ったポップな音作りは変わらず、やはり“渋い”系の音は見当たりません。

ただ、このアルバムには興味深い曲が結構有ります。

「イッツ・イン・ザ・ウェイ・ザット・ユー・ユーズ・イット」(It's in the Way That You Use It)は、国内盤タイトルが「ザ・ギフト」となっていますが、映画「ハスラー2」の主題曲で、ロビー・ロバートソンとの共作ですね。
    
「ティアリング・アス・アパート」(Tearing Us Apart)はティナ・ターナーとのデュエットが話題になり、メディアでもよく目に耳にしました。

「バッド・インフルエンス」(Bad Influence)は、この頃人気が出てきたブルースマン、ロバート・クレイの曲ですね。ただ、かなりさらっとやってますが。

「ホリー・マザー」(Holy Mother)は副題で「リチャード・マニュエルに捧ぐ」となっています。1986年3月4日に自殺したリチャード・マニュエルに捧げたものですが、個人的にも彼のヴォーカルは大好きなので、この曲、さすがにこのギターにはグッときますねぇ。

「ビハインド・ザ・マスク」(Behind the Mask)はなんとYMOのカバーですね。更にマイケル・ジャクソンによりメロディの追加と補作詞されたヴァージョンとのことで、元々マイケルが「スリラー」に収録するという話があったものです。
(昨年、マイケルのオリジナル・ヴァージョンが発表されていました)

前作からのこの時期の音作りが大きく変わったのを、“最近のクラプトンは…”なんて思っていたのですが、もう25年も前の話なんですね。
改めて聴いていくと、なかなか面白いアルバムではありますね。

この頃のクラプトンの活動自体はかなり充実した時期でもあったと思います。
これで、ますます広くロック界のスターとなっていったのは間違いなかったですからね。

ただ、やっぱりちょ~っとポップだなぁ~。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
CDにはボーナス・トラックで「グランド・イリュージョン」という曲が収録されてるんですね。


◆iTunes StoreでAugust - エリック・クラプトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : エリック・クラプトン オーガスト August トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

ビハインド・ザ・サン/エリック・クラプトン

この頃はクラプトンも現在進行形で聴いていたので、新譜で購入しました。

ビハインド・ザ・サン」(Behind the Sun

ビハインド・ザ・サン1985年発表です。
マネー・アンド・シガレッツ」(1983年)の次のアルバムですが、このアルバムから、サウンドが大きく変わりましたね。

ギターの音もハードになって、音作りもポップで重厚な一般受けしそうなサウンドになっています。

従来からのクラプトンファンにはちょっと…、というのが正直なところでしょうか。
プロデュースにフィル・コリンズの名前がありますし、シンセも大幅に取り入れられています。

ただ、やはりクラプトンです。
「フォーエヴァー・マン」とかヒットしましたよね。テレビでよく観ましたし、なんだかメディアでの取り上げられ方がそれまでと違う感じがしました。持ち上げ方が凄かったような記憶があります。

このアルバムあたりから、クラプトンがよりメジャーに、ギターの神様としてだけではなく、より音楽界一般に広く知れ渡り始めたのでないでしょうか。
そういう意味では転機になったアルバムかもしれませんね。

ただ、「セイム・オールド・ブルース」等のギターを聴けば、クラプトン健在といった感じで弾きまくっていて、嬉しくなってきます。

個人的には元気なクラプトンを聴く事が出来て、よかった、という感じでしょうか。

それにしても、実は久しぶりにこのアルバムを聴いたのですが、レコード盤がピカピカでした(笑)。
(聴いてないんですね…)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBehind the Sun - エリック・クラプトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : エリック・クラプトン ビハインド・ザ・サン フォーエヴァー・マン

新譜で買う喜び〜マネー・アンド・シガレッツ/エリック・クラプトン

高校生の頃、ブルースや昔のロック等、気に入った音楽がたまたま古いだけで、何も新譜を避けていた訳ではありません。

ですから、前回の記事のストーンズのように、お気に入りのミュージシャンの新譜が出て、それを購入できるときの喜びは相当なものです。
たとえ、それが以前のスタイルとは変わっていてもです。

「あ~、あのミュージシャンの新譜なんだ~」

と、憧れて聴いていたミュージシャンとの間で途切れていた時間の流れが、ようやくつながった気がして、と、ほとんど自己満足なんですが…。

そんな1枚が、エリック・クラプトンの1983年発売の、

マネー・アンド・シガレッツ

マネー・アンド・シガレッツクラプトンのそれ以前のアルバムは既に結構聴いていましたし、アルバムも数枚入手していたのですが、新譜でレコードを手にしたのはこれが確か初めてです。

アルバムの評価自体はあまり耳にしないので、そう評価はされていないのでしょうが、前述の通り、クラプトンと自分との間で途切れていた時間の流れをつないでくれて、同時代にしてくれたアルバムですから(笑)、評価云々よりも、うれしい方が勝っていました。

確かに渋さが減って、全体的に軽くポップな感じが占めていますね。そこら辺が評価が分かれる原因でしょうか?

とはいえ、どの曲もリラックスしたクラプトンのギターと歌を十分楽しめ、当時は結構あちこちで流れていたと思います。
「メイク・ア・チェンジ」とか「ロックン・ロール・ハート」とか。
(何と言ってもクラプトンの新譜ですからね、人気はあるでしょう)

個人的には、アルバート・キングの演奏で有名な「クロス・カット・ソウ」が好きで、それならばと、アルバート・キングのレコードを探しにいったものです。
ゲストでライ・クーダーが参加しています。

それと、バック・バンドでペキペキとしたギターが印象的なアルバート・リーの名前をこのアルバムで覚えました。
こういうギタリストも気になってしまうんですよね。そのうちにこのブログにも出てくる予定です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでMoney and Cigarettes - エリック・クラプトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : エリック・クラプトン マネー・アンド・シガレッツ アルバート・リー

461 オーシャン・ブールヴァード/エリック・クラプトン

エリック・クラプトンは当時、「スローハンド」や「バックレス」が出た頃。
ブルースを聴くにも、その他のレコードを探すのも、何かとクラプトンを元にしていました。

上記の2枚は、友人から借りたり等で聴いていたのですが、まだ通しで聴いたことがないアルバムで、中古レコード店で見つけて買ったのが、

461 オーシャン・ブールヴァード

461 オーシャン・ブールヴァード言わずと知れたクラプトンの名盤です。

1974年発売で、「いとしのレイラ」(1970年)以来、久しぶりのスタジオ録音で、色々あったクラプトンの復活となったアルバムですね。

有名なので、細かいことは必要ないでしょうが、非常にリラックスしていて、ギターもつぼを押さえた渋い感じです。

1曲目の「マザーレス・チルドレン」は、スライドといいヴォーカルといい、スカッとしてとても好きな曲です。

何と言っても有名なのは、ボブ・マーリーの「アイ・ショット・ザ・シェリフ」のカバーですね。

その他にも、ロバート・ジョンソンの「ステディ・ローリン・マン」、エルモア・ジェイムスの「アイ・キャント・ホールド・アウト」等のカバーがいい感じで演奏されています。

当然、これらのカバー曲を聴いて、原曲を探すことになり、またしてもクラプトンのおかげで、音楽の世界が広がっていきました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで461 Ocean Blvd. (Deluxe Edition) - エリック・クラプトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : エリック・クラプトン 461 オーシャン・ブールヴァード

高価だった2枚組LP〜クリーム「クリームの素晴らしき世界」とデレク&ドミノス「いとしのレイラ」

アナログレコードの2枚組って高価です。

子供の頃に4,000円以上はちょっと厳しかったです。
それなのに、有名なライブアルバムとか、重要なベストアルバムとかに結構2枚組のものがあるんですよね。

中学、高校の時にはクラプトンを一生懸命聴いていたのですが、クラプトンで有名な2枚組と言えば、

「クリームの素晴らしき世界」/クリーム
「いとしのレイラ」/デレク&ドミノス


どこからか録音してカセットテープでは確か持っていたのですが、この2枚はどうしてもレコードが欲しかった。名盤ですものね。

そこで目にしたのが、またまた再発シリーズですが、

「ERIC CRAPTON オリジナル名盤」というシリーズ。

クリームの素晴らしき世界

いとしのレイラ

2枚組が2,500円(1枚ものは1,500円)で、これは買いでした。
(同時に、ジミ・ヘンドリックス名盤シリーズも出たのですが、それについてはまた今度)
本当はこのシリーズで、他のアルバムも欲しかったのですが、さすがにこの2枚で精一杯でしたね。

それぞれのアルバムはあまりにも有名なので、内容について私が今更どうこういう事はないのですが、クリームの「ホワイト・ルーム」や「クロスロード」、「スプーンフル」、それに「いとしのレイラ」等はやはり今聴いてもいいですよね。
それに、ジャケットを手にしながらじっくりレコードを聴けるのは、何ともうれしいものでした。

ちなみにレイラのスライドのデュアン・オールマンはこの時初めて知り、私にとってはスライドギターと南部ロックへの足がかりになったことも思い出します。




※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Wheels of Fire (Remastered) - クリーム

Layla and Other Assorted Love Songs - Derek & The Dominos


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : エリック・クラプトン クリーム クリームの素晴らしき世界 デレク&ドミノス レイラ

初クラプトンは「AT HIS BEST」

その昔の少年時代、初めてギターを手にした頃の話ですが、

ギター少年にとっては3大ギタリストの
エリック・クラプトン
ジェフ・ベック
ジミー・ペイジ

が基本必須で、ハードロック系志望は加えてリッチー・ブラックモア、という感じでした。

実際、ここら辺は押さえておかなくてはと、FMチェック等で必死に追いかけていたものです。

とにかく片っ端から聴いていたという感じですが、何となくブルースというキーワードでクラプトンに興味を持って、なけなしの小遣いで買った初めてのクラプトンのアルバムがこちら。

AT HIS BEST

AT HIS BESTやはりといいますか、ベストアルバムです。

悲しいかな、代表曲を色々聴きたいが為にこの頃はついついベストアルバム(もしくはライブアルバム)に走ってしまいがちだったんですよね。
(本当は、オリジナルアルバムをいろいろ聴きたいところなんですが)

このアルバムは改めて曲目を見てみると、クリーム解散後のブラインド・フェイスとソロアルバムとデレク&ドミノスの三枚のアルバムからのベストで、この時期のクラプトンを良く表していたかもしれません。

もちろんその頃は私にとって、そのアルバムがクラプトンの全てで、どっぷりとしたブルースからはちょっと距離を置いているものの、十分心振るわすものでした。

曲についてはクラプトンですから、ここで改めて説明する必要はないでしょうが、重要なのはライナーノートです。

ここに書かれている、クラプトン関連のミュージシャンが少年(当時w)の次なる目標となって行くんですよね。
ヤードバーズ
ジョン・メイオール
デラニー&ボニー 等

ただ、これらミュージシャンのレコードは、地方では滅多にお目にする事はなく、手にするのはもうちょっと後のことでしたが。。。

※画像を追加しました(2011.1.12)

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでEric Claptonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : エリック・クラプトン ベスト AT HIS BEST

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。