スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブギー・チレン/ジョン・リー・フッカー

前回に続いて、ジョン・リー・フッカーのアルバムです。
購入時期は覚えてなく、前回のアルバム「ORIGINAL FOLK BLUES JOHN LEE HOOKER」と続けて買ったわけでもありません。
ただ、こちらは有名なアルバム(というかジャケット)ですね。

ブギー・チレン

ブギー・チレン購入した国内盤は、エルモア・ジェイムスの購入したアルバム「ダスト・マイ・ブルース」と同じシリーズ(記事はこちら)、中村とうよう氏と日暮泰文氏の監修による「ROCKIN' WITH THE BLUES」(クラウン/ケント原盤LPを元にしたシリーズ)によるもので、1977年発売のものです。

ライナー・ノーツによると、
このアルバムは“The Blues/John Lee Hooker”(CROWN5157)として発売された、ジョン・リーのアルバムの中で最も古いもので、日本でもかつて“ベスト・オブ・ジョン・リー・フッカー”のタイトルで出されていたそうです。
この頃は、もちろん最初からアルバムを作るわけではないので、初期の録音からのベスト盤ですね。
時期は1948~52年のもののようです。

初めて手にした「ジョン・リー・フッカー/シングス」(記事はこちら)と曲の録音時期は同じですが、レーベルが違いますし収録曲はかぶってはいないようです。
この頃は変名を使ってあちこちのレーベルに大量の録音を残したそうですが、本当にあちこちに録音していたんですね。

ただし、前回登場したアルバム「ORIGINAL FOLK BLUES JOHN LEE HOOKER」のA面6曲が全てこのアルバムに入ってました。
「サリー・メイ」「ブギー・チレン」等です。
こういうのって、結構がっかりするんですが、こちらの国内盤がどうしても欲しかったんですよね。
ライナー・ノーツもありますし、内容が分かるのでね。

このアルバムと合わせて、これまで出てきたジョン・リー・フッカーのアルバム3枚はどれも初期の録音のものですが、弾き語りによるブギーは本当に強烈で、インパクト強すぎです。
じ~っと聴いていると、この人の世界に引きずり込まれてしまいますね。

その他、1951年録音で大ヒットしたという「アイム・イン・ザ・ムード」も入っています。

このジャケットはクラウン原盤のものだそうですが、このジャケットで24曲収録されたベスト盤CDが出ているんですね。
まぁ、そちらの方が、本当は色々聴くことが出来るんですが…。
(今回、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでそのCDを紹介しています)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJohn Lee Hookerをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : ジョン・リー・フッカー ブギー・チレン

ORIGINAL FOLK BLUES/ジョン・リー・フッカー

クリスマスの翌日にこの人のアルバムというのも何なんですが…。

孤高のブルースマン、ジョン・リー・フッカーです。
この人の2枚目の登場となるのが、

ORIGINAL FOLK BLUES JOHN LEE HOOKER

ORIGINAL FOLK BLUESKENTの輸入盤を購入したのですが、まったくもって内容が分かりません。
発売年度も書いてません…。
ちょっと調べてみたものの、出てこないんですよね、このアルバムについて。

元々、この人のアルバムはかなり出ているようですが、このアルバムの収録曲は、初期の作品のようで、A面には「Boogie Chillen」「Queen Bee」「Sally Mae」など、初期の有名な曲が収録されています。

相変わらず、ギターに歌に唸りに足音に…、生々しいです。
やはり、ギター1本による、ワンコードのブギの曲が独特で強烈ですね。

B面には、バックの演奏が付いている曲も収録されています。

ということで、状況の分からないアルバムでしたが、初めて手にした「ジョン・リー・フッカー/シングス」(記事はこちら)とは曲もかぶってなく、十分、ジョン・リー節を堪能できました。

ミシシッピ生まれですが、デトロイトに移って、そこで音楽活動を本格的に始めていることから、“デトロイト・ブルース”なんて呼ばれることもあるようですが、この人の場合、ほとんど意味ないですよね。
このスタイルはこの人独特ですからね。

ちなみに、Amazonに同じジャケットのCD発見。
曲目はこのアルバム+6曲ですので、基本的には同じものですね。
あるにはあるんですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJohn Lee Hookerをチェックする


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ジョン・リー・フッカー ORIGINAL FOLK BLUES

ジョン・リー・フッカー「シングス」

そもそもこの偉大なブルースマンの名前を最初はどこで聞いたのかは、今となっては思い出せません。
雑誌かラジオか、それとも誰かのレコードの解説か。
しかし、とにかく買ってしまったのです、

ジョン・リー・フッカーシングス

ジョン・リー・フッカー/シングス原盤は1961年頃(録音自体はもっと前で48~51年頃らしいです)ですが、購入したものは1983年に出された国内盤で、新譜を速攻購入。
初めて購入したジョン・リー・フッカーのアルバムがこの名盤とされているものでした。

唯一無二の強烈なスタイルと個性ですよね。
ワンコードで進められる、独特で躍動的なブギのリズム。
引き込まれて行く、「ウ、ウ~ン」「イエ~」と唸りのようなつぶやくような深い深い声。
カタカタとリズムをとる足音。
とにかく圧倒的な存在感で生々しくて、濃いです。

今思えばちょっと背伸びしすぎたかもしれませんが、ジョン・リー・フッカーの世界にどっぷりとつかることの出来たアルバムであったのは間違いないです。

レーベルをまたいで、様々な名前で録音していたのは有名な話で、テキサス・スリムなんかはまだ分かりますが、ジョン・リー・ブッカーと聞いた時には、それで変名になるのかとも思いましたが、とにかく逞しいですよね。

ちなみに、アルバムのライナーノーツが折り目でジャケットを挟んでいる状態になっているのですが、何と両面印刷で、裏面は同シリーズのリトル・ウィーリー・ジョン/フィーバー(すいません、私は聴いたことがありません)のライナーになっているという、今では考えられない状態になっています。

A面、B面それぞれ最後の2曲(計4曲)はアール・フッカーのもので、インストの曲ですが、なかなかご機嫌な洗練されたギターが聴くことが出来、おまけみたいな扱いですが、結構いい感じです。

それにしても、その後のジョン・リー・フッカーの活躍には驚くばかりで、CDの時代になっても続くんですからね。
(2001年没)

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆Amazonでジョン・リー・フッカーをチェックする。

◆iTunes StoreでJohn Lee Hookerをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ジョン・リー・フッカー シングス ブギ アール・フッカー

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。