スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bayou Country/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル

「プラウド・メアリー」や「雨を見たかい」といった数々のヒット曲を持つ、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)
そのサウンドは、南部の泥臭さを漂わせつつ、ブルース、R&B、カントリーといったルーツ・ミュージックをベースにした、ストレートなアメリカン・ロックといったところでしょうか。

オリジナル・アルバムはあまり持っていないのですが、手にしたのは、

Bayou Country

Bayou Country1969年に発表した、2ndアルバムです。
随分と後になってから国内盤を手にしたのですが、そのタイトルが、

「驚異のニュー・ロック・サウンド クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル登場」

ですから、随分と大層なタイトルにしたものです。
というのも、この2ndアルバムが、日本でのデビュー・アルバムだったんですね。

で、ジャケットが現在のCDのジャケットとは違いますが、当時日本で発売された時、ジャケットの表裏が逆になったそうです。
(このアルバムの裏面はライナーノーツですが)
おまけに、収録曲もA面とB面がオリジナルとは逆になってしまったそうですよ。

このアルバムには、何といっても代表曲となる「プラウド・メアリー(Proud Mary)」が収録されています。
ただ、南部の香りのする土臭い、シンプルでストレートなロック、というイメージの強いCCRですが、もちろん、根底にはブルースの影響もあり、長いインプロビゼーションが続く曲も印象的です。

このアルバムでは、A面最後の「キープ・オン・チューグリン(Keep on Chooglin')」はライブ盤でもその盛り上がりを聴くことが出来ますし、B面最後の「墓場行きの列車(Graveyard Train)」は、単調に進むコード進行が、何だかより一層忍び寄るような迫力を感じさせます。

ちなみにメンバーは、
ジョン・フォガティ/リード・ギター、ヴォーカル
トム・フォガティ/リズム・ギター
スチュ・クック/ベース
ダグ・クリフォード/ドラム

ただ、ジョン・フォガティのソングライター、ヴォーカリスト、ギタリストとしての力量がず抜けているのは明らかで、このアルバムでも、1曲目の「グッド・ゴリー・ミス・モリー(Good Golly Miss Molly)」を除いて、全てジョン・フォガティの曲です。

まあ、そのジョン・フォガティ中心になり過ぎた故、バンドは解散することになるんですよね。
バンドは1972年に解散しているので、実質の活動期間は短いですね。

実はこのアナログ盤は、個人的にも思い出がありまして。
今は亡き私の先輩が、古いロックが好きという私に譲ってくれたアナログレコード数枚のうちの1枚なんです。
その先輩がリアルタイムで聴いていたという貴重なこのアルバムは、その先輩の形見であり、私の宝物なんです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBayou Country - クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル CCR Bayou Country

ジョン・フォガティのソロ〜センターフィールド

個人的な記録として購入時期も書いているものの、かなり曖昧になってきていますが、そろそろ学生時代の話です。

で、今回登場するのはジョン・フォガティのソロ・アルバムです。

音楽を聴きだした頃は、既にCCRは歴史的バンドという認識でした。
CCRのアルバムは「ライブ・イン・ヨーロッパ」しか持っていなかったのですが(記事はこちら)、有名な曲の数々をあちこちで集めるように聴いていました。

そんな時に、思いがけずジョン・フォガティのソロ・アルバム発表のニュース。
「え~~~!」
ということで、新譜で手に入れられるのが嬉しくて、すぐに購入しました。

センターフィールド」(Centerfield

センターフィールド1985年発表ですが、実際、本人は随分久しぶりに表舞台に出てきたんですね。
(良かったです、このタイミングで聴く事が出来て)

ただ、そのサウンドは変わらぬ、CCRを彷彿させるサウンドで、聴いた時にはちょっと「ニヤッ」としました。
タイトル曲とかまさに、「これだ~」って感じですよね(笑)。

変わらなすぎて、聴いた時は、今の時代に受け入れられるのだろうかと思うところもあったのですが、かなり売れたようですね。
(ビルボードの1位を獲得しているそうな。凄い…)

相変わらず、ブルース、R&B、カントリーとアメリカン・ルーツ・ミュージックを感じさせる、南部の香りのする土臭いストレートなロックを聴かせてくれていますし、シャウト気味のヴォーカルも健在でしたしね。

今なお、精力的に活動していて、アメリカでは、もの凄く愛されているミュージシャンのようですね。

さすがです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでCenterfield - 25th Anniversary - ジョンフォガーティをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ジョン・フォガティ センターフィールド CCR

ライブ・イン・ヨーロッパ/CCR

高校生の当時、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)はそのバンド名と「プラウド・メアリー」くらいしか知りませんでした。

ただ、雑誌やラジオで情報を得ていくと、どうにも聴かなくてはいけないバンドのひとつと感じていて、またしても、何だかロックを聴いて行く上では避けては通れないという、義務感というか、使命感に燃えてしまっていました。

そんな時に、偶然にも手に入ったのが、

ライブ・イン・ヨーロッパ」(Live In Europe

ライブ・イン・ヨーロッパ実は、このアルバムは買ったのではなく、何と従兄のお兄さんがくれたものです。
何とタイミングの良かったことか!

1971年のヨーロッパ公演を収録したCCR初のライブ・アルバムですが、解散後の1973年に発売されたものですね。
トム・フォガティ脱退後の3人の演奏によるものです。

当然、CCRの曲は「プラウド・メアリー」以外初めて聞いた訳ですが、ヒット曲のオンパレードなので、さしあたっては、CCRの曲というものを色々知ることが出来たのが何と言っても良かったです。

やはり、ジョン・フォガティが凄いですよね。
どの曲も泥臭くもストレートでシンプルで、時にブルージーでありながら、時にキャッチーで。
これは、カッコいい!と単純に思いました。
世界的にセールス的にも大成功を収めているのですから、凄いですよね。

ただ、このアルバムは3人によるライブということで、若干、音が薄めで、迫力不足は否めず、録音状態もあまり良いとは言えないです。
それでも、CCRの魅力を感じるには、十分でしたので、随分と聴き込んだものです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでLive In Europe (Remastered) - クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : CCR ライブ・イン・ヨーロッパ ジョン・フォガティ

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。