スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライ・クーダー・ファースト

スライド・ギターの名手でルーツ・ミュージックの旅先案内人、ライ・クーダー
このアルバムがその始まりになるわけですね。

ライ・クーダー・ファーストRy Cooder)」

ライ・クーダー・ファースト1970年発表のソロ・デビュー・アルバムです。

手にしたのは中古の輸入盤で、再発盤です。
何たって、ジャケット自体に『Historic Recordings』って印刷されてますからね(笑)

それにしても、この方、この頃は既にあちこちのアルバムに参加してますよね。
デビュー前で有名なのは、ストーンズのアルバム「レット・イット・ブリード」(1969年)に参加していますし、その後も何だか、私が聴いたアルバムにもよく名前が出てるんですよね。
調べてみようかとも思ったのですが、キリがなさそうなので止めました(笑)

で、このデビュー・アルバムですが、全体的な印象は、やはりと言いますか、アメリカン・ルーツ・ミュージックをベースに、かなり渋く演奏されております。
感じとしては、A面はフォーク調が強く、B面はブルース色が強く出てますかね。

それと、このアルバムではスライド・ギターをたっぷり聴くことができるのが嬉しいですね。
全編に渡って、既に名手ぶりを存分に発揮してます。

収録曲では、A面4曲目のウッディ・ガスリーのナンバー「Do RE Mi」やB面1曲目の自身作のインスト曲「Available Space」、B面4曲目のスリーピー・ジョン・エステスの「Goin' To Brownsville」の見事なカントリー・ブルース、なんかが気になる所ですね。

そして、アルバム最後のB面5曲目、ブラインド・ウィリー・ジョンソンの「Dark Is The Night」はアコースティック・ギターによるインストなんですが、とにかくスライドが味わい深くて素晴らしいです。

アルバムを聴いていると、その後に聴かれる多様な音楽性の前段階として、ブルースやフォークのアメリカン・ルーツ・ミュージックを素朴に純粋に楽しんでいる感じがします。

いずれにしても、その後の幅広い、音楽性豊かなライ・クーダーの音楽の原点がここにあるんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでRy Cooder - ライ・クーダーをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : ライ・クーダー ファースト デビュー・アルバム

ボーダーライン/ライ・クーダー

スライド・ギターの名手。アメリカをはじめルーツ・ミュージックを見事に取り込んだボーダーレスの音楽性。
とにかく、この人の音楽は懐が深いです(って、前回も言ってましたね。ボキャブラリー不足です…)。

ライ・クーダーです。今回のアルバムは、

ボーダーライン」(Borderline

ボーダーライン1980年発表。
これまでこのブログに出てきた「バップ・ドロップ・デラックス」(1979年)と「スライド天国」(1982年)の間に出されたアルバムですね。
手にしたのは中古の輸入盤です。

アルバム全体を聴いてみると、どちらかというとロックというかリズム&ブルースよりの音作りともいえますが、テックス・メックス等のルーツ・ミュージックの要素もやはり取り入れられてますね。
ゴスペル調のコーラスが相変わらず入ってきていて、これもこの人の特徴ですよね。

1曲目の「634-5789」から、歯切れのよいリズムとギターがご機嫌ですが、このアルバムのギターは特に渋くて、ペキペキした音質で、控えめながらも見事にサウンドを支えている感じでしょうか。
スライドは当然として、ギターは相変わらず巧みで、自由自在でカッコいいですよねぇ。

A面4曲目の「Down In The Boondocks」のような、この人のミディアム・テンポでリズムの効いた曲は本当にたまりません。
ジム・ケルトナーのドラムも効いてますよね。

それに、先の2枚でもそうなんですが、B面1曲目の「The Way We Make A Broken Heart」のようなしみじみとした曲は、豊潤で本当に心にしみてくるんですよね。大好きです。

レコード盤を見ると、B面4曲目の「Borderline」以外は他の人の作品のようです。輸入盤で原曲の事は良く分からないのですが、カバーだとしても、どの曲もきっと見事にアレンジがされてるんでしょうね。

ライ・クーダーのアルバムは全て聴いているわけではないですが(共作やサウンドトラックも多いですしね)、個人的な音楽の好みもあって、この頃のアルバムは特に気に入ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBorderline - ライ・クーダーをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ライ・クーダー ボーダーライン Ry Cooder

バップ・ドロップ・デラックス/ライ・クーダー

どうしても趣向的に、ブルースをベースにした音楽、ギター中心のロック等を追いかけていた中にあって、ある特定のジャンルにとらわれないとでもいうか、音楽性が豊かで、どうも他のミュージシャンと趣が異なります、ライ・クーダー

この人のアルバムで2枚目に手にしたのが、

バップ・ドロップ・デラックス
Bop Till You Drop

バップ・ドロップ・デラックス1979年の発表で、輸入盤を手に入れました。
ジャケットがカッコいいですよね(ちょっとキメ過ぎかな…)。
確か、当時の音楽番組「ベストヒットUSA」(今もやってますが)のジャケットが次々と現れるオープニングの中に、このジャケットも出てきてたのではないでしょうか。
何だか印象に残っているんですよね。

このアルバムは、様々なルーツ・ミュージックを取り入れているこの人のアルバムの中でも、R&B等の黒人音楽の色合いが強い方ではないかと感じていた所、そっち系のカバーが多くを占めているんですね。
チャカ・カーンが参加したりしてますし。

輸入盤になると、アルバムの内容詳細がさっぱり分からなくなってしまうんですよね(調べろっていう話ですが…)。
出来れば、その原曲を知りたい所ですが、分かりません。

曲調がそういうこともあって、ややポップではありますが、ライ・クーダーのアルバムの中では、かなり好きな方です。

クリアでテクニカルだけど心にしみるギター。決して上手いとは言えないけど、味のあるヴォーカル。
A面最後の「ワーク・アウト・ファイン」(I Think It's Going To Work Out Fine)はインストですが、スライドがいいですね。しみじみ聴いてしまいます。グッときますね。

この人は、とにかく懐が深いですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBop Till You Drop - ライ・クーダーをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ライ・クーダー バップ・ドロップ・デラックス Bop Till You Drop

スライド天国/ライ・クーダー

ダイアー・ストレイツの記事で出てきました、ライ・クーダーですが(その時の記事はこちら)、その時はライ・クーダーのことは、どんな音楽なのかもまったく知りませんでした。

色んな曲を聴きたくて、新しいミュージシャンにアンテナを張っていたいた時のこと、CMで流れていたやけに渋くカッコいい歌とギター。
それが、ライ・クーダーでした。

CMはパイオニアの「ロンサム・カウボーイ」で、曲は「アクロス・ザ・ボーダー・ライン」と「ビッグ・シティ」。
両曲共に良い曲ですが、特に、アコースティック1本の伴奏による「ビッグ・シティ」は耳に残りました。

で、早速その曲が入っているアルバムを買いに行きました、

スライド天国

スライド天国1982年発売で、国内盤は上記2曲を追加収録した特別編集です。
(ということは原盤というか輸入盤を買うと、その2曲は入ってなかったの?それでは困ります)

ライ・クーダーという人は様々なルーツ・ミュージックを吸収・消化して、それを自分の音として表現していく、音楽家としての才能がすごいのでしょうが、やはり、当時初めて耳にして、自由自在のそのスライド・ギターの素晴らしさにまず驚きましたね。
(それまで耳にしていた、いわゆるブルースのスライド・ギターとは、まるで違っていたので)
何と言ってもアルバム・タイトルの原題が「THE SLIDE AREA」ですからね。

アルバム通して、曲もギターも聴きごたえがありますが、ミディアム・テンポの各曲が秀逸ですね。
「愛とはいつもこんなもの」とかは、改めて聴くとしみますねぇ。

ライ・クーダーはこの時点で、既にソロ.アルバムを何枚も出していたので、改めて時代をさかのぼりながら、それらのアルバムを聴くことになりました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、輸入盤には記事中のCM曲は入ってないと思うので注意してください。

◆iTunes StoreでThe Slide Area - ライ・クーダーをチェックする。


※う〜ん、iTunes Storeのほうにも記事中のCM曲は入ってないようですね〜

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ライ・クーダー スライド天国 スライド・ギター

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。