スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“#8”(エイト)/J.J.ケイル

クラプトンらにリスペクトされる、今や伝説のミュージシャンともいえそうですが、あまりに渋くて、なかなかメディアで紹介されることがなかったミュージシャンですよね。

昨年(2013年)7月26日、74歳で他界した孤高のミュージシャン、J.J.ケイルです。

淡々と我が道を行く、職人のような感じがしますが、そこから生み出される飾り気のない音楽には、何とも引かれます。で、今回のアルバムは、

“#8”(エイト)

#81983年発表の、タイトルそのまま、通算8枚目のアルバムです。
中古の国内盤を手にしました。

ここまでのアルバムを見ると、5枚目のアルバムが「5」というタイトルでしたが、全作ではなくて、時々こうやって単純なタイトルにするというのは、何でかは分からないですが、それもこの人らしい気がしてしまうのが、何だか不思議です。

アルバムを聴いてみると、まあ、相変わらずマイペースの抑えた演奏なので、物足りないと思う方も多そうですが、ポップとまでは言わないけど、全体的に以前より聴きやすくなった感はありますね、何となくですが(笑)

収録曲では、1曲目の「マネー・トークス(Money Talks)」の気だるいリズムに気だるいボーカル、そして気だるいギター。いきなりのJ.J.ケイルの世界でいい感じですが、途中から入る、女性ヴォーカルにちょっとビックリしますね。

A面2曲目の「ルーザース(Losers)」は珍しく(?)軽快なイントロから始まるナンバーで、抑え気味のボーカルはいつも通りですが、結構これはポップな仕上がりです。

A面5曲目の「テイキン・ケア・オブ・ビジネス(Takin' Care Of Business)」は、アコギで始まる楽しい曲なんですが、こういうのもちょっと珍しいかも。

B面は、結構淡々とした、いつものJ.J節といった曲が続いてますが、B面4曲目「さらばコロラド(Teardrops In My Tequila)」は、スチールギターを使った、ちょっとカントリーポップテイストの印象的な曲です。

アルバム最後、B面5曲目の「人生はいばら道(Livin' Here Too)」は、ちょっとだけハードなリズムの曲ですね。
そして、フェイドアウトで最後の曲が、そしてアルバムが終わります…

それにしても、収録時間が短い(汗)
各曲の時間を足してみると、A面が15分ちょっとで、B面が14分ちょっと…
今なら、怒られそうですね。

このアルバム「8」の後、1984年にベストアルバム「スペシャル・エディション」を出すのですが、次のスタジオ盤となる、1990年の「Travel-Log」まで間隔が空くことになります。

そして、お気に入りのJ.J.ケイルのアナログレコードも、これで所有しているのは、全て紹介したことになります。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで#8 - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : J.J.ケイル J.J.Cale 8枚目 8

Grasshopper(シティ・ガールズ)/J.J.ケイル

昨年(2013年)7月26日、74歳で他界した孤高のミュージシャン、J.J.ケイル
いぶし銀のギターや歌、そしてそのスタイルは、クラプトンを始め多くのミュージシャンに支持されているんですよね。
地味ではあるんですが、その音楽はなんとも惹き付けられます。で、今回のアルバムは、

Grasshopper」(邦題:「シティ・ガールズ」)

Grasshopper1982年発表の、通算7枚目のアルバムですね。
国内盤の中古を手にしました。

この人に関しては、情報があまりなくて、詳しいことはほんとよく分からないんですが、元々インタビュー嫌いで、活動もかなりマイペースだったようですね。

やや押さえ気味にボーカルに、渋いギターを絡めたマイペースのサウンドは、淡々としつつも何だか染みてくるんですよね。
タルサ・サウンドといわれたり、これぞレイドバックなんてもいわれたりします。

このアルバム「Grasshopper」については、南部の土の香りを残しつつ、ブルース、カントリーと様々な要素を取り入れ、そこに少しだけポップ色を加え、ややバラエティに富んだ内容かもしれませんね(J.J.ケイルとしては)。

1曲目「City Girls(シティ・ガールズ)」は、邦題のタイトルになった曲で、リラックスしたミディアム・テンポのナンバーで、アルバム内ではポップな方ですね(どちらかというと)。

A面3曲目の「One Step Ahead Of The Blues(ブルースの向こうに)」のギターがかっこいいロック・ナンバーや、続く4曲目のJ.J.ケイルらしい抑え気味のボーカルが哀愁漂う「You Keep Me Hangin' On(任せてごらん)」は印象的です。

A面最後のアルバムタイトル曲「 Grasshopper(グラスホッパー)」は、スチールドラムを使った短いインストなんですが、意図は…?分かりません(^^;;
※ Grasshopperはイナゴとかバッタの意味ですね。

ちなみに、B面最後の曲「Dr. Jive(Dr.ジャイヴはMr.スウィング)」も短いインストで、こちらはヴィブラフォンを使ったハイテンポの曲なんですよね。
意図は分かりませんが、レコードAB面それぞれの最後は短いインストで締めくくってます。

その他、B面の方では、1曲目の「Drifters Wife(ドリフターズ・ワイフ)」はラグタイムギターとボーカルによる小曲なんでんすが、ギターが上手いんですよね。

B面4曲目「Nobody But You(ノーバディ・バット・ユー)」は、ホーンが入ってちょっとR&Bぽく、B面6曲目の「Does Your Mama Like To Reggae(ママ・レゲエ)」では、レゲエの要素を取り入れて、かっこいい仕上がりになってます。

全体を通してけだるく適度にレイドバックした雰囲気は相変わらずで、派手さは全くないですが、肩肘張らないJ.J.ケイル節が楽しめて、そこそこバラエティに富んでいる分、ちょっとだけ聴きやすいかもしれませんね(まあ、やっぱり地味ですけどね…汗)。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでGrasshopper - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : J.J.ケイル Grasshopper シティ・ガールズ 7枚目 J.J.Cale

Shades/J.J.ケイル

昨年(2013年)、74歳で他界した孤高のミュージシャン、J.J.ケイル
そのシンプルだけど味わいあるサウンドに、何故か惹かれるんですよね。で、今回のアルバムは、

Shades

Shades1981年にシェルターからリリースされた、通算6枚目のアルバムです。

輸入盤ということもあって、相変わらず情報が全然ありません(汗)
ジャケットの裏を見ると、参加ミュージシャンの中にはジム・ケルトナー(ds)、ジェームズ・バートン(g)、レオン・ラッセル(p)らの名前がありますね。

アルバム通してリラックスしたサウンドは、相変わらずのマイペースぶりで、ツボを押さえたギターと、哀愁漂う押さえ気味のヴォーカルはやっぱりいいんですよね(基本的にサウンドはいつも押さえ気味ですけどね)。

J.J.ケイルのサウンドには、様々なルーツミュージックを感じ取れますが、このアルバムについては、ブルースやジャズのエッセンスが強く漂ってます。
まあ、結局はJ.J.ケイルの世界なんですけどね。

ブルースをベースにした曲などでは、結構ギターソロが多いですね。
この人のいぶし銀のギターは大好きなので、嬉しいかぎりです(まあ、渋すぎですが…)。

ただ、人によってはやっぱり飽きちゃうんでしょうね、この淡々とした世界は(汗)

収録曲では、1曲目の「Carry On」は、カントリータッチの、アルバム内では一番キャッチーな曲かもしれません。

A面4曲目「Pack My Jack」は、かなりどっぷりとしたブルースナンバーで、渋いギターソロもたっぷり聴けます。
ただ、途中のギターソロは違うな?と思ったら、ジャケット裏を見たら、ジェームズ・バートンですね。

B面1曲目「Mama Don't」はアップテンポで、J.J.ケイルにしては激しいナンバーですね(笑)
もう一人のギター、レジー・ヤング(すいません、詳しくしりません)と共に、結構ギターを弾いてます。

B面3曲目「What Do You Expect」のピアノにレオン・ラッセルの名前がありますね。そのせいか、ちょっとスワンプっぽいかな。

どの曲もこの人のつぶやくようなヴォーカルは、何とも染みてくるんですよね。
アルバム最後の「Cloudy Day」は、どんよりクラウディな哀愁を帯びたインストでした。

ということで、このアルバムもいつもながらの我が道を行く、J.J.ケイルの世界にどっぷりでした。

それにしても、J.J.ケイルが亡くなったのは、何とも残念ですね。
※J.J.ケイルは2013年7月26日、カリフォルニア州ラホヤの病院で心臓発作で亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでShades - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : J.J.ケイル Shades 6枚目

訃報/J.J.ケイル

このブログは、管理人の都合で更新が途絶えている状況なのですが、ある情報をネットで目にして、これだけは書き留めておかずにはいられません。

2013年7月26日、J.J.ケイルが亡くなりました。享年74歳。

とてもショックです。

もともとJ.J.ケイルの情報というのは、ほとんど目にすることがないので、これも事実なのかどうか、最初は疑ったりもしましたが、公式サイト「JJ Cale」を訪ねると,トップページにそのことについて記載されていました。

“JJ Cale Has Passed Away

J.J.Cale訃報のお知らせ

残念ながら、本当のようです。
カリフォルニア州ラホヤの病院で、心臓発作で亡くなったとのことです(「J・J・ケイル - Wikipedia」参照)。

途中で更新が止まっているこのブログでも、J.J.ケイルについては、デビュー・アルバムの「ナチュラリー」から「5」まで、そして、ベスト・アルバムの「スペシャル・エディション」を取り上げています。

実は「#8」までを所持しているのですが、そこまで辿り着いてません。

J.J.Caleアルバムイメージ

個人的に、J.J.ケイルには本当にハマりまして、レイドバックした、いぶし銀の世界は、何とも惹かれるものがあるんですよね。

ブルース、R&B、カントリーや等と様々なエッセンスが感じられますが、結局は独特の味わい深さを持つ、J.J.ケイルのサウンドなんですよね。

時にラフな演奏もあって、曲調が退屈ととられることもあるのは否めませんが、その魅力は、クラプトンをはじめ多くのミュージシャンがその楽曲を取り上げていることをみても分かります。

私が聴いていたのは、アナログ・レコードの頃中心だったので、最近の活動についてはよく知らなかったのですが、今回の訃報を目にして残念でなりません。

J.J.ケイル氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


※当ブログは今のところ通常更新に戻るめどは立ってないのですが、いつになるかは分かりませんが、再開出来ればいいなと思っています。




◆AmazonでJ.J. Caleをチェックする。
◆iTunes StoreでJ.J. Caleをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : J.J.ケイル J.J.Cale 訃報

J.J.ケイルの5th

究極のマイペースとでも言いますか、淡々と我が道を行く、実に味わい深い職人さんですね。
J.J.ケイルです。アルバムは、

5

J.J.ケイル 5th1979年発表で、説明するまでもない5枚目のアルバムです(笑)
シェルターから出されてます。

このシンプルというか、ぶっきらぼうというか、単純なアルバム・タイトルの付け方も、この人らしいのでしょうかね。

中古の輸入盤を手にしたのですが、J.J.ケイルの場合、国内盤のライナーノーツでもないと、相変わらずアルバムの情報が全然分かりません。

アルバムを聴くと、いつものように、つぶやくようなしゃがれた声、そして、つぼを押さえた渋いギター。
聴く人によっては退屈とも思えるこの音楽ですが、この人の魅力満載とも言えますよね(笑)

基本的にどの曲も感情を押さえ気味なのはいつもの事です。

収録曲では、A面4曲目の「Don't Cry Sister」なんかは“らしい”曲で、いい曲です。

A面6曲目(A面最後)の「Sensitive Kind」は、サンタナがカバーしていて、1981年にヒットしてますね。
(アルバム「ジーバップ(Zebop)」に収録されてますが、よく、この曲をチョイスしたものですね)

B面2曲目の「Lou-Easy-Ann」は、ブルース・フィーリングたっぷりに味のある枯れた演奏で、これは中でも特に気に入ってます。

どちらかというと異色と言えるのが、B面4曲目の「Katy Kool Lady」で、なんだか、ちょっとだけ陽気なリズムなんですが、やっぱりJ.J.ケイルのサウンドになるんですよね(^-^;

アルバム通して、あまりにもゆったりとした上、かなり押さえ気味で、人によってはどの曲も一緒で苦手だという方も多いかもしれませんが、淡々とリズムを刻んでいくバックの演奏と、それに絡むいぶし銀のギター、そして、押し殺したような哀愁漂うヴォーカル。

いいんですよね~、J.J.ケイルの世界(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで5 - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : J.J.ケイル 5

トルバドール/J.J.ケイル

相変わらず、押し殺したような、枯れた歌声が静かに響く、J.J.ケイルの4thアルバムです。

トルバドール」(Troubadour

トルバドール1976年発表。
個人的には、前作「オーキー」が、この人の魅力とは言えあまりに地味で淡白すぎた印象だったのに対して、今作はアレンジを含めて、それぞれの曲が丁寧に作り込まれている感がありますね。

いつもの事ながらシンプルな曲調で、それが魅力なんですが、カントリーにブルースに、時にジャジーな雰囲気も漂い、珍しくバラエティに富んでいる感じでしょうか(この人にしては、ですけど)。

全12曲中11曲は本人による曲ですね。
派手さはなくても、味わいのある楽曲をいつも聴かせてくれていて、他のミュージシャンがカバーしたりするあたり、ソングライターとしての才能も見逃せないですよね。

収録曲で気になるのは何と言っても、「Cocaine」(邦題:コカインの恐怖)でしょうね。
この曲を初めて聴いたのは、クラプトンの方が先で、あとからこちらの原曲を聴きました。
クラプトンで馴染みの曲とは言え、無茶苦茶カッコいいですよ、本家は。

クラプトンのどちらかというとストレートな演奏も良いですが、あのギターのリフとカッティングに、J.J節が絡んでくると、やっぱりこちらの方がしっくりときて好きですね。

あと時々「Let Me Do It To You」のような、歯切れのいいギターのリフを用いたファンキーな曲もあるんですが、いかんせんこの渋く枯れたヴォーカルなので、やっぱりJ.J.ケイルですね(笑)

派手な活動も宣伝もない、商業的な事には興味が無さそう。
ただただその姿勢は自身の音楽にのみに向けられているという、J.J.ケイル。

なんだかんだ言っても、私もその世界に取り憑かれてしまってるんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでTroubadour - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : J.J.ケイル トルバドール

Okie/J.J.ケイル

極渋のいぶし銀ミュージシャン、J.J.ケイルです。今回は、

オーキー」(Okie

オーキー1974年にシェルターから出された3rdアルバムですね。

購入したのは、1979年の国内再発盤の更に中古です。
「リオン・ラッセルと彼をとりまくサムライたち」という凄い名前のシリーズで出されたうちの1枚です。
レオンでなくリオンと表記されてますね。

まぁ、相変わらず情報が少なく、詳しい事は知らないんですが、この“Okie”というタイトルについてはライナー・ノーツにも触れられていて、そもそもの意味はオクラホマ州の人のことを示すらしいのですが、あまり良い使い方をされる言葉ではなく、同時に不況の時代(特に大恐慌時)のオクラホマ州出身の移動農業労働者のことも指しているそうです。

本人がオクラホマ出身なので、一時はカリフォルニアで活動していたりしたものの、結局、オクラホマ州タルサに戻ってきた自身のことを、自ら皮肉っているところもあるのでしょうかね。

アルバムの内容ですが、相変わらず、渋く、土臭く、男の哀愁を漂わせるつぶやくようなヴォーカルですが、はっきり言って、地味すぎです(笑)
別にこの人に派手さを求めるつもりは毛頭ないですが、このアルバムは特にですね。

「ケイジャン・ムーン」(Cajun Moon)や「アイ・ゴット・ザ・セイム・オールド・ブルース」(I Got The Same Old Blues)等は、味わい深いJ.J.ケイル節を楽しめますが、全体として楽曲としての印象がちょっと薄いでしょうかね。

その原因にもなっているかもしれませんが、どの曲も短い…。
ほとんどが2~3分で、まるで途中でフェイド・アウトしてしまっているような曲もあるんですよね。

つぶやくヴォーカルに派手さの全くないギターとそのサウンドは、いくら渋いとかいぶし銀と言えども、退屈だったりどれも同じように聴こえてしまったりと、人によってはいまいちと思うだろう事はやむを得ないかもしれないですね。

ただ、私は淡々としたこの世界に引き込まれてしまって、抜け出せません(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでOkie - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : J.J.ケイル オーキー J.J.Cale Okie

Really/J.J.ケイル

さてさて、なかなか情報が得にくいこの人、J.J.ケイルです。大ファンです。
これまで、ベスト・アルバム「スペシャル・エディション」とデビュー・アルバム「ナチュラリー」をここで紹介しました。

すっかり、このいぶし銀の世界に魅了されてしまった訳ですが、購入時期も思い出せないので、ここは、順番に「ナチュラリー」に続く2ndアルバムについてです。

リアリー」(Really

リアリー1972年(73年?)発売。
シェルターから出されたJ.J.ケイルの2ndです。

購入は国内盤の「ロック・スーパー・コレクション」というシリーズで、1978年に1,500円で再発されたものですね。

ダルそうなハスキーなヴォーカルと控えめで渋いギターは相変わらずです。
収録曲について何曲か紹介すると、

1曲目の「ライズ」(Lies)がちょっとだけヒットしたようです。この曲はホーン・セクションが効果的に使われていて(他曲では使ってないですね)、ギターも渋くて良い曲ですね。

B面2曲目の「ゴーイング・ダウン」(Going Down)はドン・ニックス作のようですが、この曲はジェフ・ベックなんかもやっていて有名ですが、J.J.ケイルのアレンジはまさにこの人ならではのダルさで演奏されていて、これがまた魅力です。

B面5曲目の「モージョ」(MoJo)はマディの有名な曲ですが、ここでも緊迫感とか迫力とかとは違う、しかし渋~い演奏をさらっとやってますね。

上記の2曲以外は本人の作品ですが、どの曲も楽曲は良くできていますし、ギターは実にツボにはまっていて、特に凝っているわけではないシンプルなアレンジもこの人の演奏にピッタリハマっています。
そして、決して声を張り上げる事なく、ルーズとも言えるその歌声は、男の哀愁が漂ってるな~。

ブルース、R&B、カントリーや南部の香り等、様々なエッセンスを感じ取れますが、結局は味わい深いこの人の世界。
この世界にハマると何だか抜け出せないんですよね。

まぁ、大ファンですから良い事しか言わないんですが、人によってはこのルーズさやラフさ加減を受け付けない人もいるだろうことは否定できませんね。

クラプトンが憧れ、影響を受けたというJ.J.ケイル。
何ものにも惑わされる事のない、我が道を行く、その音楽に対するスタンスがカッコいいです。

レイドバックという言葉は曖昧ですが、それでも、これぞ“レイドバック”なのかなぁ。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでReally - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : J.J.ケイル リアリー J.J.Cale Really

ナチュラリー/J.J.ケイル

初めて手にしたベスト・アルバム(詳しくはこちら)で、結構、J.J.ケイルにハマってしまいまして、やはりオリジナル・アルバムが聴きたくなってしまいました。
で、オリジナル・アルバムで、まず最初に手に入れたのが、

ナチュラリー」(Naturally

ナチュラリー1971年発表でシェルターから出されたデビュー・アルバムですね。

中古の国内盤を購入したのですが、ライナー・ノーツがあったので、わずかながらですがこの人のことが分かりました。

相当な変わり者(というか寡黙な人)とのことですが、実際のことは分からずも、純粋に音楽のみに向き合っているということなんでしょうね。これだけ表舞台に出てこないのですからね。
おかげで、相変わらず、この人の情報が全然ない状態で、困ったものです。

J.J.ケイルの代表作ともされているこのアルバムには、ベスト・アルバムを買う時にも気になっていた、レイナード・スキナードの「コール・ミー・ザ・ブリーズ」やクラプトンの「アフター・ミッドナイト」の原曲が収録されていますね。

中でもかすれたヴォーカルと乾いたギターが印象的な「マグノリア」は秀逸ですね。
参加メンバーは知らないミュージシャンばかりなのですが、唯一知った名前がカール・レイドルで、あちこちで印象的なベースを聴かせています。

ベスト・アルバムで感じた、何とも言えない独特の魅力は間違いありませんでした。

地味と言ってしまえば、それまでなんですが、“渋い”という言葉だけでも表せません。
シンプルなバンド・サウンドにつぶやくようなかすれたヴォーカル、そしていぶし銀のギターと、とにかく惹かれましたね。

今回のJ.J.ケイルや前回のエルヴィン・ビショップのような、何か肩に力が入っていない音楽が気になるようになってきた頃でしたね、この頃は。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでNaturally - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : J.J.ケイル ナチュラリー

J.J.ケイルとの出会い「スペシャル・エディション」

ダイアー・ストレイツのライナーノーツにも出てきた、J.J.ケイル(その時の記事はこちら)。

それ以外にも、クラプトンの「コカイン」「アフター・ミッドナイト」、まだこのブログには出てきませんが、レイナード・スキナードの「コール・ミー・ザ・ブリーズ」等々、やたらあちこちに、J.J.ケイルの名前やカバー曲が出てくるので、非常に気になっていました。

ただ、高校生当時この方は本当に情報がなかったです。
というか、その後もなかったですが…。

既に、アルバムは数枚出していたのですが、地方のレコード店にはなかなか置いてなくて、探しました。

何枚かは見つけたのですが、原曲を色々聴く為に何枚も買うのは当時の小遣いでは当然無理で、上記の様々な曲を一度に聴くには、やはりベスト・アルバムしかないと思っていて、気にしながらレコード店に行くたびに探したものです。

スペシャル・エディションそもそもベストアルバムがあるのかどうかも知らなかったのですが、しばらく経って運良く初のベストアルバムが発売され(たぶん1984年)、やっと聴くことが出来ました。それがJ.J.ケイルの、

スペシャル・エディション

それ以前の8枚のアルバムからのベストで、上記の3曲もしっかり入っていました。
「アフター・ミッドナイト」のカッコいいこと、カッコいいこと。

とにかく渋い。職人さんです。
味があるとは、こういうことなんだろうかと、当時の私は何となく納得してしまいました。

南部の香りに、シンプルで泥臭くて、ラフにも聴こえるそのギターやバンドの演奏、つぶやくようなヴォーカル。
どれもが耳から離れず、いつの間にか、虜です。

実際、曲は本当に良い曲ばかりなんですよね、これが。
それに、ギターも派手さは(まったく)ないものの、何とも効果的に入ってくるんですよね。
(確かに、ダイアー・ストレイツのライナーノーツにあるように、よく似ています。ダイアー・ストレイツがJ.J.ケイルに似ているんですよね)

私にとっては、この頃最大の出会いでした、J.J.ケイルは。
やはり、オリジナル・アルバム8枚がどうしても聴きたくなりましたね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJ.J. Caleをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : J.J.ケイル スペシャル・エディション エリック・クラプトン ダイアー・ストレイツ

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。