スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hide Away/フレディ・キング

ブルース・マンの中では、比較的ブルース聴き始めの頃から熱心に聴いていたのがフレディ・キングです。
確かにこの人のギターはロックよりで、豪快に歌い上げるヴォーカルも含めて、とっつきやすかったかもしれませんね。

元々クラプトンとの関係で注目していたのですが、次に手にした、このブログでフレディ・キング3枚目の登場となるアルバムが、

Hide Away

Hide Away2枚組の輸入盤なんですが、このアルバムの詳細は全く分からないです。
元々は1976年発売で1988年に再発されたと思われる企画物でしょうが、ジャケットも他で見た事がなく、このアルバムについて記載されている物も見当たりませんでした。

内容はと言うと、初期のキング/フェデラル時代からの選曲で、全21曲収録されています。
初期の有名なインストから歌入りまで、ひと通りたっぷりと聴く事ができて、ちょっと嬉しかったのを思い出します。

前回このブログで登場した「Freddy King Sings」はタイトル通りヴォーカル入りの曲でしたから、初期に人気のあったこの人のインストも聴いてみたかったんですよね。
クラプトンのカバーで有名な「Hide Away」なんかは特にですね。

その「Hide Away」の他、インストは「The Stumble」「Remington Ride」「Sen-Sa-Shun」等々、代表的とされている曲が収録されており、当然ですが、弾きまくっているギターをより堪能できますね。

「I'm Tore Down」や「Have You Ever Loved A Woman」「See See Baby」等の代表曲もちゃんと楽しむ事ができます。
(実はここら辺の曲はアルバム「Freddy King Sings」にも収録されているんですけどね)

出身はテキサスで、その後シカゴへと移住してから活動を始めているようで、マジック・サムとの交流が深かったようですね。
B.B.キングをはじめとするモダン・ブルースの次なる世代を担ったブルース・マンですね。

ブルースとしては深みがないという人もいるかもしれませんが、ロックよりのブルース・ギターを求めている人には、これほど素晴らしい見本となるミュージシャンはいないのではないでしょうか。

もちろん、私もこの壮快に弾き放つアタックの効いたギターは大好きです。


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆Amazonでフレディ・キングをチェックする。

◆iTunes StoreでFreddie Kingをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : フレディ・キング Hide Away

フレディ・キング・シングス

昔はなかなかブルースのレコードを探すのは大変で、選ぶ余地ってあんまりないんですよね。

高校生の頃、ブルース・マンの中ではフレディ・キングは少しは聴いていたので、この人のアルバムを見つけると、すぐに「買わないと」って思ってしまったものです。

当時、一番聴いていたクラプトンがフレディ・キングを好きだったという事もありましたし、何と言ってもそのギターがストレートなブルース・ギターをガツンと聴かせてくれて、スカッとしますから。

で、輸入レコード店で見つけたのが、

Freddy King Sings

フレディ・キング・シングスジャケットの顔からして、ブルースやるぞ~!、ギター弾きまくるぞ~、ってな表情で迫力ありますよね。

後期のロックよりのギターとは違い、まだ、この時期のギターはクリアな音で歪んではいないのですが、弾いてます弾いてます。ご機嫌に。
それにも増して、ヴォーカルに迫力があり歌いまくってますね。
インストも有名ですが、このアルバムでは全曲歌っています。タイトルがシングスですから。
「See See Baby」、「Have You Ever Loved A Woman」、「I'm Tore Down」などの名曲もここで聴く事が出来ます。

テキサス生まれでその後シカゴへ移住していて、そこで揉まれたそうで、スタイル的にはB.B.キングをはじめとするモダン・ブルースなんでしょうが、ギターも歌もよりストレートに吐き出している感じでしょうか。
このアルバムはとても純粋にブルース・アルバムとして楽しむ事が出来ました。

このアルバム、1961年(60年?)の発表で、デビュー・アルバムなんですね。
キング・レコード(フェデラル)時代の録音として、かなり有名なようで、何とも今回もラッキーでしたね。たまたま出会ったアルバムなのに。

フレディ・キングの英語表記は、Freddie KingだったりFreddy Kingだったりしますね。
1976年、42歳の若さで他界しています。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでFreddie Kingをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : フレディ・キング シングス

クラプトンからブルースへ~フレディ・キング「Freddie King (1934-1976)」

クラプトンのレコードから、この曲は誰々のブルースのカバーだとか、クラプトンはあのブルースマンがお気に入りだとかの情報を得ると、やはりルーツと言うかベースになっている元の音楽が聴きたくなるもんですよね。

ただし、地方のレコード店にブルースのレコードが入荷する事はほとんどなく、当然の事ながらブルースコーナーなんてものはない。
暇があればレコード店に通い、たまたま入荷していたとき等は、他の人に先に購入されはしないかと焦りながら小遣いを貯めたものです。

で、偶然発見したのがフレディ・キング

Freddie King (1934-1976)

Freddie King (1934-1976)しかもアルバムジャケットには、
"FEATURING ERIC CLAPTON"
と書いてあるではないですか。

※追記…Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでジャケット写真を載せる事にしましたが、当然、所有のアナログレコードとは同じものではないのでご了承願います。
ちなみに所有のジャケットは右上のタイトルの下に丸囲みで「FEATURING ERIC CLAPTON & ALL NEW MATERIAL」と書いてあるのですが、これがどういったタイミングのものなのかは勉強不足でわかりません。すいません。


何かでクラプトンがファンだという情報を得ていて、言わずと知れた、B・B・キング、アルバート・キングと共に3大キングと呼ばれて気にはなっていたので、レコード店で見つけたときは興奮というか、何だか緊張したような記憶があります。

このアルバムはベストアルバムではなく新たにレコーディングされたもので、1976年にフレディ・キングが他界する前の最後のレコーディングのようです(ライナーノートより)。

パンチが効いたギターが何とも心地よく、クラプトンとの共演もあったので、個人的にはフレディ・キング入門としては大満足でした。

当然、次の目標は他のキングという事になったのでした。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでフレディ・キングをチェックする。

◆iTunes StoreでFreddie Kingをチェックする。


※画像を追加しました(2011.1.12)

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : フレディ・キング 1934-1976 エリック・クラプトン

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。