スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モージョ・ハンド/ライトニン・ホプキンス

このジャケットをレコード店で見つけたときは鳥肌ものでした。
ブルースを追いかけていれば、嫌でも目に焼き付いてしまうジャケットですよね。

グレート・テキサス・ブルースマン、ライトニン・ホプキンスの、

モージョ・ハンド」(Mojo Hand

モージョ・ハンド元は1960年録音の名盤中の名盤ですね。
手にしたのは、この有名なジャケットのファイア盤をPヴァインが国内で1983年に再発したものです。

この再発盤発売のニュースは、当時はファンの間でビッグ・ニュースとして大歓迎されたようです。
当時の私は、それがどれだけ待ちに待ったことなのかは良く分かってはいなかったのですが、おかげでブルースを聴きだして間もないのにすぐに手にすることができたのはラッキーでしたね。

それにしてもこのジャケットは強烈ですね。
そして、このジャケットに負けず劣らず、迫力の内容です。

レコーディングはニューヨークで行われ、基本的には、ベースとドラムをバックにアコースティック・ギターを弾くバンド・スタイルです。

1曲目の「Mojo Hand」からダーティなヴォーカルにかき鳴らすアコースティック・ギターにと、ライトニン節が炸裂していますね。
途中の「ヘッヘッヘッ」という、にやけた笑い声が最高ですね(笑)

B面1曲目の「Glory Bee」なんかもスローなブルースが生々しいです。

A面4曲目の「Black Mare Trot」のような、軽快なギターを聴かせるインストなんかも面白いですね。

結局、どの曲もライトニン節を堪能できて、文句無しです。
それにしても、歌はもちろんですが、本当にギターが鋭く力強くカッコいいですよね。

1946年のレコード・デビューから人気も確固たるものとなっていたのにも関わらず、1950年代中頃から一旦、このようなスタイルのブルース需要の減少から録音の機会がなくなるという憂き目にもあっていたようです。
ただ、1959年にサム・チャーターズによって、いわゆる“再発見”されてからの活躍は、このアルバムを含めてこれまた凄いものですよね。

いやぁ、それにしてもこのアルバムは、ライトニン・ホプキンスのディープな世界が詰まった、聴きごたえのあるアルバムです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでMojo Hand - The Complete Session - Lightnin Hopkinsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : ライトニン・ホプキンス モージョ・ハンド Mojo Hand

A Legend In His Own Time/ライトニン・ホプキンス

テキサス・ブルースの巨人、ライトニン・ホプキンス、「不良おやじ」ですね。

購入時期は覚えていないんですが、昔はブルースというレコードを手にすること自体が難しかったので(特に地方では)、このようなブルース史上で大きな足跡を残している人のアルバムを一生懸命探したものです。

で、手にしたのは、一見誰のアルバムか分からない、

Anthology of the Blues
“LIGHTNIN' HOPKINS”
A Legend In His Own Time

A Legend In His Own Time中古の輸入盤を購入しました。
ジャケットには黒人の子供が写っており、ジャケットの文字をよく読まないと誰のアルバムか分からないんですよね。
なので、ライトニン・ホプキンスのアルバムだと確認できた時はちょっと嬉しかったですね。

KENTレーベルの“ARCHIVE SERIES”というシリーズでリリースされているもののようですが、発売年を含めて詳細は分かりません。

裏ジャケットを見ると、録音はテキサス州のヒューストンで1950~51年に行われたもののようで、先に登場したアルバム「STRUMS THE BLUES」が1946~48年の録音ですから、そのすぐ後ですね。
まだ初期とも言えますが、ちょうど録音を多数残していた時期でしょうか。

全曲弾き語りですが、低音を鳴らしながら高音部のメロディーやリズムをスムーズにかき鳴らすギターは相変わらず上手いですね。
対してヴォーカルは相変わらずダーティに唸ってます。
一曲だけピアノを弾いているようで、なかなか芸達者なんですね。

ただ、数曲で、ほのぼのとしたカントリー・ブルースも聴かせてくれていて、「ローダウン&ダーティ」とは違った面も見られましたし、全体的にもやや軽快な印象も受け、聴きやすいとも言えるかもしれません。

とはいっても、やっぱりライトニン・ホプキンスのディープな世界です。
深いです。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆Amazonでライトニン・ホプキンスをチェックする。

◆iTunes StoreでLightnin' Hopkinsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ライトニン・ホプキンス A Legend In His Own Time Lightnin Hopkins

ライトニン・ホプキンス「STRUMS THE BLUES」

ジョン・リー・フッカーのアルバムを最初に買った時の記事にも書いたのですが、いったいどこで、このブルース・マンの名前を耳にしたのか、今となっては覚えていません。
ただ、こういう大物ブルース・マンの名前を知ると、やはり聴いてみたくなるんですよね。
テキサス・ブルースの巨人、ライトニン・ホプキンス

高校生の頃だと思うのですが、輸入盤で見つけました、

STRUMS THE BLUES

STRUMS THE BLUESただし、予備知識は全くなしで、しかも輸入盤。
針を落とすまで、その音は全く未知の世界。
この瞬間がドキドキして、本当に楽しみでした。

で、感想は…、
ディープでした…。

ここからはその後に知ったことですが、
アルバム自体は初録音曲「ケイティ・メイ」を含む1946~48年の初期の録音を集めたもののようです。
所謂「ローダウン&ダーティ」とはこういうブルースなんだと納得のディープな世界。
それに、変な言い方かもしれないですが、弾き語り基本なのですが、ギターが上手いんですよね。
加えて、この味のある唸るヴォーカルですからね。参ります。

ブラインド・レモン・ジェファースンと行動を共にしたりして、影響を受けているらしく、テキサス・カントリー・ブルースの伝統を受け継いでいるようですが、あまりにダーティ。
よく言われるのが「不良おやじ」ですからねぇ。

ライトニン・ホプキンスはかなりの録音とアルバムを残しているそうです(しかも、出来不出来にあまり差がないとのこと)。
この後、何枚かを入手したので、リズム・セクションがついたり、更にワイルドになっていくこの巨人のレコードについては、そのうちにまた、つぶやきたいと思います。

1982年69歳で亡くなってますが、1978年に最初で最後の日本公演をしているそうです。観てみたかったですねぇ。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆Amazonでライトニン・ホプキンスをチェックする。

◆iTunes StoreでLightnin' Hopkinsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ライトニン・ホプキンス テキサス・ブルース STRUMS THE BLUES

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。