スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues/バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズ

シカゴ・ブルース、というかブルース界を代表するこの2人、バディ・ガイジュニア・ウェルズ
1960年代後半からはコンビで活動しているのも有名ですが、今回はその中の一枚です。

Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues

Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues1972年リリースで、中古の国内盤を手にしました。
このアルバムは、プロデュースにエリック・クラプトンとトム・ダウドの名前があり、クラプトンはバックで控えめにギターでも参加もしています。

で、アルバムは1曲目の「A Man Of Many Words」からインパクト大で、バディのシャウトする歌と、たたみかけるギターにゾクゾクしますね。

続く「My Baby She Left Me (She Left Me A Mule To Ride)」と「A. Come On In This House〜B. Have Mercy Baby」では、ジュニア・ウェルズが歌ってますが、その歌声は艶やかでブルース・フィーリング溢れていて、ここでの演奏は正統派モダン・シカゴ・ブルースという感じです。
そして、もちろんハープは相変わらず抜群です。

何というか、ジュニア・ウェルズ対して、バディ・ガイはやっぱり歌といい、ギターといいぶっ飛んでますね。
時にヒステリックにも聴こえる演奏は、やはり印象的ですが、ジュニア・ウェルズのバックの演奏の時には、実にハマったギターを弾くんですよね。
このコンビは、そのバランスがいいのでしょうね。

B面1曲目のジュニア・ウェルズが歌う「Messin' With The Kid」なんかも、貫禄のヴォーカルにバディのギターが絡んで、実にカッコいいですね。

それにしても、A面最後の4曲目「T-Bone Shuffle」とかB面3曲目の「I Don't Know」なども含めて、アルバム収録のどの曲もどこかで耳にした記憶があるような馴染みの曲で、それが実にカッコ良く演奏されているのて、これはロックファンにもすんなり受け入れられそうなアルバムですね。

ちなみに、収録曲の録音は基本的に1970年なのですが、B面2曲目の「This Old Fool」と5曲目の「Honeydripper」(インスト)は別の1972年の録音で、バディ・ガイが、J・ガイルズ・バンドをバックに従えたものです。

アップテンポの「This Old Fool」なんかは、もちろんロックンロール色の強いストレートなサウンドになってますが、これはこれで、なかなか生き生きとした演奏を聴かせてくれて、いいですね。

ということで、元々がギタリスト中心でアルバムを聴いていたもので、ついついバディ・ガイ中心でアルバムを聴いてしまいましたが、シカゴ・ブルースの新世代として1950年代後半に登場して活躍したバディは、1980年代には活動が鈍ったものの、1990年代から活動がとても活発になって、その後ロック系のファンの心も掴んでますよね。

ジュニア・ウェルズはファンキー色の強いブルースマンとして活躍していましたが、1998年1月15日に満63歳で亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでバディ・ガイをチェックする。
◆Amazonでジュニア・ウェルズをチェックする。

◆iTunes StoreでBuddy Guy & Junior Wells Plays the Blues - バティー・ガイ & ジュニア・ウェルズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues バディ・ガイ ジュニア・ウェルズ

A Man And The Blues/バディ・ガイ

バディ・ガイ関連のアルバムで最初に手にしたのは、メンフィス・スリムと一緒に演奏していて、どちらかというとサポートにまわっていたアルバムでした(詳しくはこちら)。

すっかりそのギターが気に入ってしまい、単独アルバムを聴いてみたいと思っていたのですが、初めて手にした単独のアルバムは結構経ってからで、それが、

A Man And The Blues

A Man And The Blues元は1968年発表のようですが、購入したのは1987年再発の輸入盤です。
レーベルがチェスからヴァンガードへ移って最初のアルバムですね。

1曲目のタイトル曲のねっとりしたブルースから始まるこのアルバムは、バディにしては抑え気味なのかもしれませんが、セッションしているような緊張感も感じられ、かなり楽しめます。

アルバムとしては初期の録音ですが、既にバディの魅力一杯です。
エレクトリッック・ブルース・ギターの見本のようなそのギターはたまらないですね。
絞り出すような、ヒステリックなヴォーカルもなかなか迫力があり、この人の魅力ですよね。
(好みは分かれるところですがね)

以前このブログでも出てきた、スティーヴィー・レイ・ヴォーンがアルバム「Texas Flood」でカバーしている「Mary Had A Little Lamb」はお気に入りの曲です。

1950年代後半にオーティス・ラッシュ、マジック・サムとともに、シカゴ・ブルースの新世代として登場して、活躍したバディ。
マディ・ウォーターズのバンドのギタリストにもなってましたね。

1980年代は活動が鈍るも、1990年代からのバディ・ガイは怒濤の勢いで活動が活発になってきますよね。
ロック系のギタリストとの交流も盛んになり、普通のロックファンにも人気急上昇でした。

当然、私もその流れに乗っかって、CD買ったり、来日コンサートを観に行ったり、すっかりバディにやられてしまいました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでバディ・ガイをチェックする。

◆iTunes StoreでBuddy Guyをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : バディ・ガイ A Man And The Blues Mary Had Little Lamb

サウスサイド・リユニオン/メンフィス・スリム&バディ・ガイ

最初にお断りしておきますが、個人的にギタリストのアルバムを聴くことが多いので、つぶやきがどうしてもギタリストに偏ってしまいますのでご了承を。

このアルバムを買う前は、メンフィス・スリムというピアニストは、全く知りませんでした。
一方、その後の活躍から、今でこそロック界でもメジャーなバディ・ガイですが、高校生の当時の私にとっては、まだ特別な存在というまでにはなっていませんでした。

ただ、様々なギタリストを一生懸命追いかけていると、名前は耳に入ってくるので、気にはなっていたのですよね。
このアルバムを目にした時も、バディ・ガイが気になって手を出しました。それが、

サウスサイド・リユニオン」/メンフィス・スリム&バディ・ガイ

サウスサイド・リユニオン1970年パリでの録音。
メンフィス・スリムは当時ヨーロッパ在住で、バディ・ガイがヨーロッパ公演で渡欧した時に、バンドにメンフィス・スリムを迎える形で録音されたものだそうです。
ちなみに購入した国内盤は1975年発売のものの中古盤です。

メンフィス・スリムのピアノはとても格好よくて、ブルース・ピアノとはこういうものかぁと、初めて聴いてとても新鮮でした。
艶のある深いヴォーカルもまた聴きごたえあります。
アルバムにはおまけで、ハープシコードのブギがソロで入っていて、こちらもとても楽しい。

基本的にバディはバックに専念していますが、時々聴かせるソロなど格好いいギターを聴かせてくれていますし、2曲で聴かれるバディの歌もいい感じです。
バンドにはジュニア・ウェルズもいて、彼のハープも初めて聴くことが出来ました。

アルバム自体の評価はよく分からないですが、当時の私にとってはかなりご機嫌なアルバムでしたね。

メンフィス・スリムのアルバムは数多く、かなりの実力者だということを知って(60年代の一時の録音は評判が悪いそうですが)、そのうち、また耳にすることになります。

バディ・ガイはこのアルバムですっかり気に入って、その後は結構探すように聴きまして、一時、何度か続けて来日した時に観に行きました。
別の機会に、その頃のバディ・ガイのステージについても是非つぶやきたいですね。
(素晴らしかったんですよねぇ、そのステージ)

※個人的な管理上、カテゴリーをバディ・ガイにしています。(どうでもよいことですが)

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでバディ・ガイをチェックする。

◆iTunes StoreでSouthside Reunion - バティー・ガイ & Memphis Slimをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : メンフィス・スリム バディ・ガイ サウスサイド・リユニオン Southside Reunion

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。