スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェシ・ウィンチェスター(Jesse Winchester)のファースト

ちょっと前のことなんですが、孤高のシンガー・ソングライター、ジェシ・ウィンチェスターが、2014年4月11日に亡くなったというニュースが静かに流れていました。享年69歳。

ジェシ・ウィンチェスターについては詳しくはないのですが、ロビー・ロバートソンがプロデュースしたというこのアルバムは手にしてました。
それに、何ともジャケットの顔写真が印象的だったんですよね。

ジェシ・ウィンチェスターJesse Winchester)」

ジェシ・ウィンチェスター1970年のジェシ・ウィンチェスターのファースト・アルバムですね。
手にしたのは、国内復刻盤(ロック名盤復活シリーズ)です。

プロデュースはロビー・ロバートソンで、リヴォン・ヘルムもドラムで参加してして、エンジニアにはトッド・ラングレンの名前があります。

アルバムを聴くと、ノリのよいロックやバラードにワルツと、曲調は様々ですが、飾り気のないシンプルで抑えの効いた歌と演奏は響いてくるものがありますね。

収録曲では、「ビロクシ 」「ザ・ブラン・ニュー・テネシー・ワルツ」「ヤンキー・レイディ」といったところが有名で、やはり印象深くて、他のミュージシャンにもカバーもされているようですね。

ジャケットの表情の鋭い印象とは違い、南部に根ざしたサウンドと優しい歌声は、ちょっとノスタルジックで味わい深いものがあります。

ジェシ・ウィンチェスターのアルバムは、これしか持ってなくて、この人の生い立ちなんかもあまり知らなかったのですが、訃報が流れた時の記事から引用させてもらうと、
ジェシはテネシー州メンフィスで育ち、カントリー系のアーティストを目指していたが、ヴェトナム戦争中に兵役に徴収されたため、これを忌避するため1967年にカナダへと逃れ、カナダでの活動を続けた。その後、ザ・バンドのロビー・ロバートソンの目に留まり、1970年にファースト・アルバムのレコーディングとリリースにこぎつけることになった。
名ソングライターのジェシ・ウィンチェスターが69歳で他界 (2014/04/14) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

ということで、そういえば、ロビー・ロバートソンはカナダ出身ですよね。

70年代には徴役忌避兵扱いとなってアメリカでのツアー活動ができなかったために、アメリカではソングライターとして知られていたそうです。さらに、
1977年にジミー・カーター大統領の恩赦令により、徴兵忌避で追及されることを免れることになり、この年にアメリカで凱旋ライヴも行った。その後、02年にアメリカに帰国し、ヴァージニア州に腰を落ち着けていた。
名ソングライターのジェシ・ウィンチェスターが69歳で他界 (2014/04/14) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

とのことです。

ちょっとブログに掲載するのが遅れましたが、ジェシ・ウィンチェスター氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJesse Winchesterをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : ジェシ・ウィンチェスター Jesse Winchester ロビー・ロバートソン

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ(ルー・リードの訃報を聞いて)

もうひと月ほど前のことですが、2013年10月27日、ルー・リードの訃報のニュースが流れました。享年71歳でした。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドからソロへとその長いキャリアにおいて、ロック界に大きな影響を与え続けたルー・リードですが、先に正直に言いますと、ルー・リードの音楽には残念ながらあまり縁がありませんでした。

時に先鋭的過ぎるヴェルヴェット・アンダーグラウンドのサウンドは、10代の頃はついていけず、さらにその流れからか、ルー・リードも聴くタイミングを逸して、カセットテープやその後のCDなんかでわずかに聴くに留まっていて、アナログ盤は所有してないんですよね。

この1枚を除いては。
そうなんです。そうはいっても、この歴史的名盤だけは避けては通れませんでした。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ
(The Velvet Underground & Nico)

プロデューサーがアンディ・ウォーホルで、何曲かでニコが歌い、有名なウォーホルのデザインによるバナナのジャケットが一度見たら忘れられないこのアルバムは、1967年発表のヴェルヴェット・アンダーグラウンドのデビュー・アルバムですね。
購入したのは国内再発盤です。

残念ながら、「PEEL SLOWLY AND SEE(ゆっくりはがして、見ろ)」と書いてあるジャケットのバナナの皮は剥がせないでいます(笑)

商業的には成功しなかったというこのアルバムですが、その影響はとても大きなものだったようですね。

今回、ルー・リードの訃報を聞いて以来、ターンテーブルに何度か乗っているこのアルバムですが、改めて聴くととにかく“カッコいい”です。

1曲目の「Sunday Morning(日曜の朝)」の優しくも美しい曲にちょっと驚きますが、2曲目の「I'm Waiting for the Man(僕は待ち人)」はシンプルでたんたんと続くリフが高揚感を生んで、お気に入りの曲です。
4曲目の「Venus in Furs(毛皮のヴィーナス)」なんかは妖しいですね。

バンドでヴィオラ、ヴァイオリンを弾いているのはジョン・ケイルですね。

B面1曲目の「Heroin(ヘロイン)」は、けだるい歌声からテンポアップしてノイズと共に激しさを増すサウンドが印象的ですね。
B面5曲目の最後の曲「European Son(ヨーロピアン・サン)」は、前半のテンポのよい歌入りのパートから、一気にアバンギャルドでサイケデリックな演奏へと入り、これまた強烈な余韻を残してアルバムは終わっています。

ニューヨークパンクの先駆者的なイメージが強く、前衛的、実験的とも言われるその音楽は、若い時はちょっと聴かず嫌いのところがあったかもしれません。
難しいことは置いといて、実はシンプルなサウンドをベースにしたその演奏はカッコ良くて、昔聴いた印象とだいぶ違うのは、年をとったから?
本当は歌詞とかをきちんと理解できるといいのでしょうが…

ルー・リードは、1970年にバンドを脱退してソロ活動を開始してますが、ソロもあまり聴いてないので、もう少し聴いてみようと思います。

ルー・リード氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでヴェルヴェット・アンダーグラウンドをチェックする。
◆Amazonでルー・リードをチェックする。

◆iTunes StoreでThe Velvet Underground & Nico (Deluxe Edition) - ニコ & ヴェルヴェット・アンダーグラウンドをチェックする。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ヴェルヴェット・アンダーグラウンド ニコ ルー・リード Lou Reed

Black Rose/J.D.サウザー

1970年代のウェストコースト・ロック・シーンで、イーグルスやリンダ・ロンシュタット、ジャクソン・ブラウンと関わりが深く、楽曲の作者としてもその名前をよく目にした、J.D.サウザー(ジョン・デヴィッド・サウザー)で、アルバムは、

Black Rose」(黒いバラ)

Black Rose1976発表のソロ2作目です。中古の国内盤を手にしました。
やはりアサイラムからですね。

J.D.サウザーといえば、アルバム「You're Only Lonely」(1979年)が大ヒットして、個人的には、そのアルバムがJ.D.サウザーを初めてちゃんと聴いたアルバムでした(残念ながら、盤は持ってません)。

その後からこのアルバムを聴いた訳ですが、やはり印象的なのは、繊細で優しいこの人の歌声ですよね(ちょっと神経質な感じもしますかね)。

ウェストコーストのシンガーソングライターですが、サウンドには、ジャズやクラシックの雰囲気も感じられ、他のウェストコーストのミュージシャンでよく聴かれる、カントリー色はないですね。収録曲は全曲本人作です。

演奏は、バンド・スタイルにストリングスが加わったりもしてますが、ストリングスと管楽器にベースとアコースティック・ギターという編成の、A面4曲目「Faithless Love」とB面2曲目「Silver Blue」は、サウンドもさることながら、聴かせる曲ですね。

ちなみに「Silver Blue」のダブル・ベースはスタンリー・クラークです。

この2曲ともリンダ・ロンシュタットが既にアルバム「悪いあなた(Heart Like A Wheel)」と「哀しみのプリズナー(Prisoner in Disguise)」にそれぞれレコーディングしていますね。
更に、B面1曲目の「Simple Man, Simple Dream」は翌年1977年のアルバム「Simple Dreams」で取り上げてます。

当時のウェストコーストのミュージシャンつながりからなのか、参加しているメンバーが興味深いですね。
先のスタンリー・クラークの他に気になったところをあげてみると。

A面2曲目「If You Have Crying Eyes」では、リンダ・ロンシュタットが参加。

A面5曲目「Baby Come Home」では、ジョー・ウォルシュがスライド・ギターを弾いていて、サウンドに粘り気をあたえてくれてますね(^^)。バックヴォーカルにはデヴィッド・クロスビーの名があります。

B面3曲目「Midnight Prowl」では、今度はローウェル・ジョージが渋いスライド・ギターを弾いていて、派手に弾いているわけではないですが、効いてますね。ジャズ・トランペッターのドナルド・バードがフリューゲル・ホルンで参加してます。

アルバム最後のタイトル曲「Black Rose」では、ワディー・ワクテルとダニー・コーチマーのギターを大きくフィーチャーしていて、よりロックよりのサウンドに仕上がってます。バックグラウンド・ヴォーカルには、グレン・フライ、ドン・ヘンリーが参加してますね。

といった感じで、他にも様々なミュージシャンが脇を固めてます。

他のミュージシャンへの楽曲の提供やアルバム参加等の協力が本当に数多いですが、J.D.サウザー本人の作品数は少ないようです。
所有しているアルバムは、これ1枚だけです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBlack Rose - J.D. Southerをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : J.D.サウザー John David Souther J.D. Black Rose

Warren Zevon/ウォーレン・ジヴォン

ある時ふと、名前は聞いたことがあるものの、アルバムは聴いたことないというミュージシャンのレコードが目に留まり、何気に手にするということ、結構ありますよね。
それもまた、音楽の“縁”と思ったりするのですが、このアルバムもそんな1枚です。ウォーレン・ジヴォンの、

Warren Zevon」(邦題:「さすらい」)

Warren Zevon1976年発表。中古の国内見本盤を手にしました。

レーベルはアサイラムからで、友人だったジャクソン・ブラウンの後押しがあったとのことで、プロデュースもジャクソン・ブラウンですね。
これ以前に一旦アルバムを出すも全く売れず、このアルバムが再デビューという位置づけのようです。

ウォーレン・ジヴォンはウエスト・コーストのシンガーソングライター、ということになるんでしょうね。
しかも、骨太なシンガーソングライターですね。

バンドによる、比較的シンプルなサウンドに、ヴォーカルはどちらかというと、ぶっきらぼうで、押し殺したような歌声で、その雰囲気から“ハード・ボイルド”と呼ばれていたそうですよ。

アルバムは、無法者のジェイムズ兄弟の運命をたどった「Frank And Jesse James」から、最後の「Desperados Under The Eaves」まで、実に渋くて硬派な雰囲気は個性的で、確かに骨太で、ハード・ボイルドですね。

このブログでも紹介している、リンダ・ロンシュタットのアルバム「Hasten Down The Wind」のアルバム・タイトル曲の作者で、その曲が収録されたアルバムでもあります(A面4曲目)。

参加ミュージシャンが凄いです。

ジャクソン・ブラウンはもちろん、イーグルスから、グレン・フライ、ドン・ヘンリー。
デヴィッド・リンドレーにJ.D.サウザー。ギターは多くの曲で、ワディ・ワクテルが担ってます。

他にも、エヴァリー・ブラザーズのフィル・エヴァリー、フリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックス、ビーチ・ボーイズのカール・ウィルソン、サックスでボビー・キーズの名前もありますね。

参加は数曲であったり1曲のみであったりですが、よくもまあ集まりましたね。
本人はピアノをメインに(ギターも)弾いてます。そして全て自作曲です。

その活躍は派手なミュージシャンではないですが、随分とミュージシャン仲間から慕われていたようですね。

ただ、残念ながら、個人的にはその後は縁がなくて、持っているアルバムはこの1枚のみです。

2003年9月、肺癌により死去してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWarren Zevon (Collector's Edition) - ウォーレン・ジヴォンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ウォーレン・ジヴォン Warren Zevon さすらい

ライヴ・ジョー・ウォルシュ(You Can't Argue With A Sick Mind)/ジョー・ウォルシュ

まずは、イーグルスを聴け!という話ですが、いつものごとく、イーグルスは「ホテル・カリフォルニア」をはじめ、カセット・テープで聴いていて、先にジョー・ウォルシュのアルバムを手にしました。

実は、以前のドゥービーの「キャプテン・アンド・ミー」と同じパターン、つまり、弟の誕生日プレゼントと称して、自分も聴きたいアルバムを買ってきたと言う、随分な話でして…。
当時、弟がTokai(東海)のギターを購入して、その時もらったポスターに確かジョー・ウォルシュが使われていて、気にはなっていたんですよね。

ライヴ・ジョー・ウォルシュ
You Can't Argue With A Sick Mind

ライヴ・ジョー・ウォルシュ1976年発表です。
購入したのは、ちょうど「ABC-MCAロック・オリジナル名盤選」というシリーズで発売されていたもので、値段は2,000円と安くなっていました(笑)。

1969年にジェイムス・ギャングでデビューし、その後、1975年にイーグルスに加入しているので、このアルバムはその直後に発表されたものですね。

収録されたライブの詳しい情報が分からないのですが、メンバーには、ドン・フェルダーや1曲コーラスでドン・ヘンリー、グレン・フライといったイーグルスのメンバーも参加しているようです。

イーグルスより、ギターも力強くサウンドがハードですね。
ツイン・ドラムも迫力があり、特にツイン・ギターは壮快で素晴らしく、かなり好きです。

名演といわれている「ロッキー・マウンテン・ウェイ」はスケールも大きく、スライドがカッコいいですね。
トーキング・モジュレーターが懐かしいです。

ジョー・ウォルシュのそれ以前のアルバムは聴いた事がなかったのですが、収められているのはそれまでの代表曲のようで、なかなか、満足のいくアルバムでした。
それにしても、ジョー・ウォルシュのギターはいいですね~。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJoe Walshをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ジョー・ウォルシュ ライヴ イーグルス ソロ Joe Walsh

ザ・ベンチャーズ「グレイティスト・ヒット」

ギター少年だった頃はロック全盛で、さすがに「ギターを始めるならまずベンチャーズ」という時代は既に昔の話でしたが、なんとなしに好きだったんですよね。

ベンチャーズのギター・サウンド。

そもそも、さらに以前の話なんですが、父親の車にあった、でっかいカセット・テープをガシャンとセットして聴くというやつ(あれもカー・ステレオでしょうか?)。
それによって車内に流れている音楽の中に、何とベンチャーズがあったんですよね。

子供心に、歌の入っていない、ギターがメロディを演奏しているその音楽を、ワクワクして聴いたのを思い出します。

で、その後にギターを弾き始めた頃、練習の為にもちゃんと聴きたくなって、買いました。

グレイティスト・ヒット VOL.1
グレイティスト・ヒット VOL.2

ザ・ベンチャーズ グレイティスト・ヒットこの場合は、やはりベスト盤でした(1979年発売)。
この2枚で、有名どころの曲はある程度カバーされているせいか、ベンチャーズのレコードはこれだけです。

それでも、結構聴き込んで、コピーを一生懸命したのを思い出します。

「ウォーク・ドント・ラン」とか「「ダイアモンド・ヘッド」、「パイプライン」、「10番街の殺人」…、うわ~、懐かしいですね。
最初に書きましたが、その頃は既に、ベンチャーズを弾いている少年は他に見当たらなかったですけど…。

なかなか、今聴いても楽しいですよね。

「テケテケテケテケテケテケテケテケ」


◆Amazonでベンチャーズをチェックする。

◆iTunes StoreでThe Venturesをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ベンチャーズ The Ventures ベスト グレイティスト・ヒット

世界に捧ぐ/クイーン

中学生の頃に、もの凄く人気があって、当時の音楽雑誌、例えば、ミュージック・ライフ(キッスの記事でも出てきましたが…)なんかには、よく特集を組まれてました。

この頃の音楽雑誌はキッス、クイーン、エアロスミス、アイドル的な所はベイ・シティ・ローラーズで決まりだったのではないでしょうか。

日本ではクイーンもアイドル的に扱われたりして、本当に大人気でしたよね。

世界に捧ぐなので、クイーンのアルバムは普通に全部売られていましたし、何より当時のレンタル・レコード屋にも、珍しく全てのアルバムが揃っていたと思います。
おかげで、その頃のアルバムは、全てレンタルで聴くことが出来ていました。

ところが、その中で1枚だけ持っているのがあります。それが、

世界に捧ぐ

説明するまでもない、1977年発表の、代表曲「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と「伝説のチャンピオン」の入った6作目のアルバムですね。

で、何故、このアルバムを持っているかと言うと…。

これは、忘れもしない、友人から借りたレコードなんです。
借りっ放しという訳ではありません。

実は、借りて聴いている時に、ガッツリとキズを付けてしまいまして…。
申し訳なく、買い取ったという次第です。

今も、A面のあちこちでパチパチいって、「伝説のチャンピオン」でも針が飛びそうです。
なんとも懐かしい思い出です。

クイーンは結局この後も借りたりとかで、アルバムはこれ1枚しか持っていません。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでNews of the World (Deluxe Edition) [Remastered] - クイーンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : クイーン 世界に捧ぐ Queen 伝説のチャンピオン

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。