スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KISSの7年ぶりの来日が盛り上がってますね

結成40周年を迎えるKISSの7年ぶり10回目となる来日公演が始まって、盛り上がっているようですね。

Monster

今回は幕張メッセ、武道館、大阪城ホールでの公演で、さすがに北海道までは来ませんが、やっぱりKISSは視覚的にも楽しみたいバンドですよね。

そういえば、先日(10月18日)には、「ミュージックステーション」に生出演してましたね。
大丈夫なの?って思って番組を見ていたのですが、懐かしい「ラヴィン・ユー・ベイビー」をやって、番組内でも和気あいあいとしてたのがちょっと可笑しかったです。

さらに、10月24日の東京・日本武道館でのライブが、WOWOWで独占生中継されるそうですが、WOWOWは契約してないんで、見られないんですが…

生中継!KISS ライブ・イン・ジャパン 2013|WOWOWオンライン


過去に一度だけオリジナルメンバーで再結成したときの来日コンサートを見に行きましたが、かなりテンション上がった記憶があります。

元々、オリジナルメンバーの時までしか聴いてなくて、それ以降はほとんど知らないのですが、洋楽を聴きだした頃と時期が重なるので、今も強烈な印象が残ってるんですよね。

こういう来日の様子を伝えるニュースに触れると、若いときの懐かしさも含めて、レコードを引っ張り出してきて聴きたくなりますね(笑)


▼最近はこういうのが出てるんですね。知りませんでした…
  

◆iTunes StoreでKissをチェックする。
スポンサーサイト

tag : KISS 来日 結成40周年 キッス

地獄のなんちゃら~キッス最終回/「ダブル・プラチナム」「地獄からの脱出」

ダブル・プラチナム地獄のなんちゃら~キッス、やっと最終回です。

各自のソロ・アルバムが出た1978年には、リミックスを施した初のベストアルバム、

ダブル・プラチナム」(Double Platinum

そして、1979年に2年ぶりとなるオリジナル・アルバム、

地獄からの脱出」(Dynasty

地獄からの脱出が出ていますが、キッスのアルバムを買ったのはこれらが最後でした。

この後、ピーターが脱退し、さらにエースもしばらくして脱退することになるのですが、それと同調するかのように私の熱も冷めたようです。
この頃から、音楽の趣向がクラプトン等のロックやブルース方面に強く傾いていったんですよね。

余談ですが、動くキッスを初めて観たのは、その昔、1977年の来日ライブの模様を収録したNHKのヤング・ミュージック・ショーでしたが、これにはぶっ飛びました。なんてったって、動くキッスですから(笑)。

その後、オリジナル・メンバーで来日した時のライブを東京で観ることが出来ました(1997年だったでしょうか)。
なんで、4人揃って、更にメークをしているのか…。
当時どんなアルバムを出しているかも知らず、バンドの状況もまったく分からなかったのですが、20年越しで初めて生で観られるオリジナル・メンバーのキッスでしたから、思い切って観に行ってみました。

曲は往年の曲ばかりで、メークもして、ステージングも以前と全く同じ。火も吹く、血も吐く、ギターからも火が吹く、ドラムはせり上がる…。感動ものでした。

現役のファンの方々には申し訳ないですが、懐かしくて、涙が出る程でした。本当に。

ブルースとかいっていても、こういう音楽に熱中していた時代もあったんですよね。
それにしても、ずいぶんと聴いたものです。懐かしいです。

これにて、「地獄のなんちゃら~キッス」は終了です。



※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆iTunes Storeでチェックする。
Double Platinum (Remastered) - KISS

Dynasty (Remastered) - KISS


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : キッス ダブル・プラチナム 地獄からの脱出

地獄のなんちゃら~キッス第4回/4人のソロ・アルバム

キッス・ソロ BOX前回書きました3枚組「続・地獄の全貌」が出た後(「アライヴ2」の後)、キッスは一旦活動を休止して、各自のソロ・アルバムを制作するんですよね。

4人いっぺんにというのも珍しいですよね。まぁ、メンバー内で色々あったみたいですが。
当時の私には全く事情が分からず、この人気絶頂の中で、なんで活動休止なんだろうと。

しかし、いざ、各自のソロ・アルバムが出るとなると、やはり聴きたくて聴きたくてしょうがなくなり、

キッス・ソロ BOX_imgえ~い、買ってしまえ!

と、小遣いはたいて、4人の全アルバムを買ってしまいました…。
しかも、いっぺんに4枚です。

すると、ボックス入りになるんですよね。どうせ買うならボックス入りが欲しくて…。
小遣い全投入でしたね(笑)。

内容はキッスのサウンドがベースになりながらも、それなりに各自のカラーが出ているのではないでしょうか。(1978年発表です)


ポール・スタンレーPaul Stanley
やはり、この人がフロント・マンなんだと改めて感じる、キッスの延長線上というか、キッスそのままのハード・ロックという感じでしょうか。ほとんど小細工がない分、よりストレートな演奏のようにも感じられます。


ジーン・シモンズGene Simmons
一番バラエティに富んでいて、ハード・ロックという感じではなく、ポップなロック・アルバムという感じで聴きやすいかも。ボブ・シーガー、ジョー・ペリー、ジェフ・バクスター、ドナ・サマー、リック・ニールセン 等のゲスト陣が豪華です。


ピーター・クリスPeter Criss
ドラマーという性格上、ソロ・アルバムとなるとこの人の場合、ヴォーカル・アルバムとなり、やはりあのしゃがれた声で、軽快でポップな音楽を聴かせてくれています。キッスの音とは一番離れているかもしれません。


エース・フレイリーAce Frehley
一番やりたいことを出し切っている感じでしょうか。当然ギター・アンサンブル中心のシンプルなハードロックという感じです。バンド内ではほとんど歌うことがないので、ヴォーカルが新鮮ですね。キッスとはまた違った感じに聴こえます。


それにしても、随分と熱心に聴いていたものです。
何だか、ハードロックのブログみたくなってますが、「地獄のなんちゃら~キッス」はまだ続きます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Paul Stanley (Remastered) - ポール・スタンレー

Gene Simmons (Remastered) - ジーン・シモンズ

Peter Criss - Peter Criss

Ace Frehley - エース・フレイリー


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : キッス ソロ ポール・スタンレー ジーン・シモンズ ピーター・クリス エース・フレイリー

地獄のなんちゃら~キッス第3回/「続・地獄の全貌」

続・地獄の全貌前回の、デビュー・アルバムからの3枚をまとめた「地獄の全貌」があるならば、当然、その後の3枚をまとめたものも出てました。

続・地獄の全貌
"THE ORIGINALS II"

これは、1978年発売で、キッス最初のライブ・アルバム「地獄の狂獣 キッス・ライヴ 」後のスタジオ・アルバム、

地獄の軍団」(Destroyer)(1976年)
地獄のロックファイアー」(Rock and Roll Over)(1976年)
ラヴ・ガン」(Love Gun)(1977年)

続・地獄の全貌_img1の3枚の盤を一緒にしたものです。

こちらのおまけは、8ページからなるブックレットと4人のお面が付いていました。
お面はさすがにちょっとという感じでしたが…(笑)。

第1回で書きましたが、最初に単独で買ったアルバム、「地獄のロックファイアー」を手放したのは、この3枚組で持っていたからでしょうね。

これで、この時まで出ていたオリジナル・アルバム全6枚を手にし、聴くことが出来て、少年時代の私がご満悦だったのは言うまでもありません。

続・地獄の全貌_img2それにしても、当時は本当に人気があったんですよね。
当時、中学生にもメジャーな音楽雑誌であったミュージック・ライフ(懐かしい…)でも、毎回のように取り上げられていた気がします。

ところで、内容についてはさっぱり書いていませんが、まぁ、私がどうのこうの言うこともないでしょう。
とにかく懐かしい限りです。

しか~し、「地獄のなんちゃら~キッス」はまだ続くのです。



※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Destroyer Resurrected - KISS

Rock and Roll Over (Remastered) - KISS

Love Gun (Remastered) - KISS


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : キッス 続・地獄の全貌 地獄の軍団 地獄のロックファイアー ラヴ・ガン

地獄のなんちゃら~キッス第2回/「地獄の全貌」

この頃のキッスはスタジオ録音を3枚出して、ライブ・アルバム、またスタジオ録音を3枚出して、ライブ・アルバムと続いていたのですが、こんなのが売っているのを目にしてしまい、買ってしまいました。

地獄の全貌地獄の全貌」("THE ORIGINALS"

これは、1977年発売ですが、1枚目から3枚目をセットにしたアルバムですね。

キッス・ファースト 地獄からの使者」(Kiss)(1974年)
地獄のさけび」(Hotter Than Hell)(1974年)
地獄への接吻」(Dressed to Kill)(1975年)

本当に、3枚の盤を一緒にしただけのもです。

地獄の全貌_imageちょうど熱中し出した頃だったので、それまでの曲を聴く絶好の機会とばかりに飛びついたのを思い出します。

中に、16ページからなるブックレットが入っていて、喜んだものです。
(但し、英語だったので、内容はさっぱり???でしたが…)
今考えると、この頃は、キッスに小遣いつぎ込んでましたね。頑張ってました(笑)。

この頃は、ミーハーで、コスチュームの移り変わりも一生懸命追いかけていましたね。
結構、楽しいんですよね。

ちなみにこの3枚の後に出た、キッス最初のライブ・アルバム「地獄の狂獣 キッス・ライヴ 」(Alive!)(1975年)のレコードは持ってなく、いつまでもカセット・テープでした。

まだ、「地獄のなんちゃら~キッス」は続きます。



※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Kiss (Remastered) - KISS

Hotter Than Hell (Remastered) - KISS

Dressed to Kill (Remastered) - KISS


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : キッス 地獄の全貌 地獄からの使者 地獄のさけび 地獄への接吻

地獄のなんちゃら~キッス第1回/Alive II

ここら辺で、どうしても触れておかないといけないのが、キッス

ブログ紹介文の「ブルース~云々~」とかけ離れてしまい、内容に偽り有りになってしまいそうですが、何を隠そう(別に隠す事ではないですが)、初めて聴き出した洋楽がこのキッスなのです。

小学生~中学生にかけての頃ですが、とにかく人気があったんですよね。
売れていましたし、目立っていましたし(当然)。

なので、ブルースや渋いロックの記事を期待してこのブログに来ていただいた方には大変申し訳ないのですが、何回か続けてキッス特集にしたいと思います(ディープ・パープルの時と同じですね)。

題して、「地獄のなんちゃら~キッス」

ザッとでも触れておかないと、おじさんの出発点なんで…。
何せ、結構、レコードの枚数があるんですよね、これが。

そもそも、生まれて初めて買った洋楽のLPレコードが、

地獄のロックファイアー」(1976年)

って、いちいち「地獄のなんちゃら~」って邦題が付いているんですよね。

このブログでも、以前つぶやきましたが(記事はこちら)、近所のお兄さんが貸してくれたのが「デトロイト・ロック・シティ」が入った「地獄の軍団」で、これに衝撃を受けた記憶があります。
そこで、当時新譜として発売していた、この「地獄のロックファイアー」を購入。
まだ小学生でした。

ところが、このアルバムは誰かにあげてしまって(誰にかはどうしても思い出せない…)、今は手元にないんですよね。
今となっては、生まれて初めて買った洋楽のレコードなんで、ちょっともったいなかったかも。

アライヴ2で、次に買ったのは、

アライヴ2」(Alive II)(1977年)

これは、相当聴き込みました。レコードの溝が無くなってますから…。懐かしいです。

今聴いても、ハードロックには違いないんでしょうが、ストレートでシンプルで楽しいです。
ギターのリフがどれも印象的ですよね。

う~ん、あまりに懐かしくて、きりがないですね。
ということで、第1回はここら辺にして、次回からはザックリ行く事にします。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Rock and Roll Over (Remastered) - KISS

Alive II (Remastered) - KISS


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : キッス アライヴ2 Alive II KISS

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。