スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Muddy, Brass & The Blues/マディ・ウォーターズ

戦後のシカゴ・ブルースの立役者で、偉大な、いや伝説のブルーズ・マン。
その影響力の大きさから、ロックの父ともいえるかもしれないですね、マディ・ウォーターズ。今回のアルバムは、

Muddy, Brass & The Blues

Muddy, Brass & The Blues1966年発表。もちろんチェスからですが、手にしたのは1989年再発の輸入盤です。

このアルバムの発売年度前後のマディのアルバムを見てみると、

The Real Folk Blues」January, 1966
Muddy, Brass & The Blues」October, 1966
More Real Folk Blues」January, 1967

となっていて、初期の録音を収録したアルバム「The Real Folk Blues」や「More〜」なんかは、ディープでかなり強烈なデルタの香りが漂うブルースで、名盤と名高いですよね。

対して、今回のアルバムはジャケットを見ると、レコーディングが1966年で、いわゆる、オリジナル・アルバムとも言えるかな。
時期的には、聴衆が白人まで広がり、ロック界でも影響力が顕著になっていた頃でしょうか。

アルバム・タイトルの通り、マディのブルースに、ブラス(ホーン)を導入しスタイルで、ホーンは翌日にオーバーダブされているようです。

そのせいか、曲によっては演奏が、デルタ系のどっぷりディープなブルースというよりは、都会的なモダン・ブルースといった仕上がりになってますね。

とはいえ、歌っているのが、マディですから言わずもがな、です(^_^;)

A面3曲目のミディアム・スローの「Black Night」なんか、濃いですね。

B面2曲目ではB.B.キングでお馴染みの「Sweet Little Angel」なんかもやってます。

ピアノにオーティス・スパン、ハーモニカにはジェイムズ・コットンの名前がありますね。

マディのシカゴ・ブルースを、珍しくホーンをバックに楽しめますが、他の数ある名盤に比べると、ちょっと目立たないアルバムなのは否めません。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
このCDは1966年の今回のアルバムと、73年の作品とのカップリングですね。


◆iTunes StoreでMuddy Watersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : マディ・ウォーターズ Muddy Waters Muddy, Brass & The Blues

More Real Folk Blues/マディ・ウォーターズ

さて、続けて大御所マディ・ウォーターズです。

前回が「The Real Folk Blues」ですから、もちろん次はこれです。

って、実際はそんなにすぐに見つけられませんでしたが、チェスの初期の録音として、「The Best of Muddy Waters」「The Real Folk Blues」、そしてこのアルバムは何とか聴いてみたかったので、見つけた時は嬉しかったですね~

More Real Folk Blues

More Real Folk Blues前出の「The Real Folk Blues」が1966年発売で、その続編として1967年に発売されてますが、手にしたのは1988年再発の輸入盤です。
収録されているのは、1948から1952年の録音ですね。

“More”となってはいるものの、前出の「The Real Folk Blues」が1947年から1964年までと広範囲の録音からだったので、こちらの方が時期が集中していて、より当時のマディのスタイルが分かりやすいですね。

アルバムの曲順は年代順にはなってません。以下、主に裏ジャケットの情報によります。

基本的には、ビッグ・クロフォード(b)とのデュオ曲と、更にそこにリトル・ウォルター(har)が参加している編成が多いですね。

つまり完全なバンド・スタイルではないので、まだシカゴ・ブルースのスタイルというよりは、ミシシッピ・デルタの香りプンプンのカントリー・ブルースのスタイルですよね。

そのせいもあると思うのですが、マディのエレクトリック・スライド・ギターが際立っていて、強烈に響いてきますね。
もちろん圧巻のヴォーカルです。

アルバム最初の「Sad Letter」から最後の「Honeybee」まで。ドップリ浸れますね。
A面最後の「Kind Hearted Woman」とかもかなりディープです。

B面4、5曲目の「She's Alright」「Landlady」はエルジン・エドモンズのドラムスが入り、リトル・ウォルターとジミー・ロジャースが加わり、初期のバンド・スタイルのサウンドを聴く事ができますね(但し、ベースはいないようです)。

ちなみに、「Honeybee」のみがアルバム「The Best of Muddy Waters」と重複して収録されているようです。

いや~、やっぱりマディは凄いです。
汗臭いですね~、泥臭いですね~、深いですね~


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
といっても、このCDを購入する方はもういないんでしょうね。「The Real Folk Blues」とのカップリングがあるようですからね。


◆iTunes StoreでThe Real Folk Blues / More Real Folk Blues - マディ・ウォータースをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : マディ・ウォーターズ More Real Folk Blues

The Real Folk Blues/マディ・ウォーターズ

何だかシカゴ・ブルース関係が続きましたので、その勢いで大御所マディ・ウォーターズです。

初期のマディを聴こうと思うと、先に登場した「ザ・ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ」が特に有名ですが、更にと、その次を探していたので、このレコードを見つけた時は嬉しかったですね。

The Real Folk Blues

The Real Folk Bluesチェスのオリジナルは1966年発売ですが、手にしたのは1987年再発の輸入盤ですね。

録音の時期がかなり広範囲で、1947年から1964年までからとなってます。
アルバムを聴くと、まだバンド・スタイルになってない曲もありますね。

その辺りで、フォーク・ブルースというタイトルなのでしょうか。
ただ、エレクトリックなバンド・スタイルも聴かれて、そちらはもうドップリとシカゴ・スタイルのマディのディープな世界です。

ミシシッピ・デルタ・ブルースをベースにしたスタイルがバンドによる所謂シカゴ・スタイルに変わっていく、この頃の録音は興味深いですよね。

ちなみにアルバムの曲順は年代順にはなってません。

主な収録曲では、
A面1曲目は、あの「Mannish Boy」です。
個人的には、ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」で、ザ・バンドをバックに"Mannish Boy"を歌う動くマディを初めて観て以来、その強烈な風貌、いや、ブルースにすっかりやられてしまいましたからね。

デルタ・ブルースの香り漂うマディのスライドとビッグ・クロフォードのベースだけによる1950年の「Walking Blues」(A面5曲目)や「Rollin' & Tumblin'」(B面3曲目)等もやっぱりカッコいいですね。

1947年のデビュー曲 「Gypsy Woman」(B面2曲目)はサニーランド・スリム(p)とビッグ・クロフォード(b)のバックによるもので、このセットはこの曲のみです。

アルバム中では一番後年の1964年録音の「Same Thing」(B面1曲目)は、既にモダンな雰囲気が漂い、貫禄あります。

この頃のシカゴというか、チェスのセッションメンバーがとにかく凄いですよね。つまりマディ・バンドですよね。

ハープはリトル・ウォルターにウォルター・ホートン。そして、ジミー・ロジャース(g)、ウィリー・ディクスン(b)、オーティス・スパン(p)、フランシス・クレイ(ds) らの面々が、がっちりとマディのシカゴ・ブルースを支えてます。

そして、もちろんマディのその圧倒的なヴォーカルと、高ぶる感情が乗り移ったような力強いスライドですから、これはたまりません。

やっぱり、マディは濃い~、深い~


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
このCDは今回のアルバムと、More~のアルバムとのカップリングですかね。


◆iTunes StoreでThe Real Folk Blues / More Real Folk Blues - マディ・ウォータースをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : マディ・ウォーターズ The Real Folk Blues リアル・フォーク・ブルース

ザ・ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ

シカゴ・ブルースの父、マディ・ウォーターズです。
戦後シカゴ・ブルースの象徴ですね。
その後の影響を見ると、ロックの父とも言えるかもしれませんね。

前回このブログに登場したのは、ジョニー・ウィンターのプロデュースによる後期のアルバムでしたが、やはり何と言っても初期のチェス録音が聴いてみたいと思っていたところ、やっと出会う事ができました。

強烈なジャケットも印象的なこのアルバム、

The Best of Muddy Waters

ザ・ベスト・オブ・マディ・ウォーターズチェスでの最初のアルバムで、オリジナルは1955年発表でしょうか。
手にしたのは、1987年の再発輸入盤ですね。

マディを聴くなら、いやブルースを聴くならまずはこれを、と推す人も多い名盤ですね。
それに、このジャケットに衝撃を受けないブルース・ファンはいないのではないでしょうか。

1948年から54年の代表曲が収録されてます。
デルタ・ブルースをベースに、シカゴで作り上げたその偉大なブルースを聴く事ができます。
何と言っても、濃~くて深みのある力強いヴォーカルが圧巻ですね。

アルバム中、録音時期の早い1948年から51年の曲は、マディの弾き語りを基本にベースやリトル・ウォルターのハープ等がつく演奏で、よりデルタ・ブルースの香りが強くしています。
例えば、
弾き語りによるディープな「Rollin' Stone」(1950年)。
歌に呼応してリトル・ウォルターのハープも響く「Long Distance Call」(1951年)。
アルバム最後に収められている、初期の出世曲となった「I Can't Be Satisfied」(1948年)のスライドの演奏(バックはベースのみ)はとにかくカッコいいですね~。

バンド・スタイルとなる1952年から54年の曲も文句無しです。
バンドにはジミー・ロジャース、リトル・ウォルター、ウィリー・ディクスン、オーティス・スパン、フレッド・ビロウらが参加しています。
例えば、
ストーンズもファーストでカバーしている、「I Just Want to Make Love to You」(1954年)のネットリ、ドップリの迫力のヴォーカル。
バンドの演奏も素晴らしい「I'm Ready」(1954年)。
シカゴ・ブルースの名作で古典とも言える「Hoochie Coochie」(1954年)。

このアルバムに収録されている12曲は間違いないですね。
(曲の紹介順と収録順は合ってませんのでご了承を)
弾き語りからバンドによるシカゴ・ブルースへと移り変わる様子が伝わってくるのも興味深いですね。

それにしても、このジャケットの迫力はなんなんですかねぇ。
これは、どうしてもレコード棚に入れておきたいジャケットですね。
かなり暑苦しいですが(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
右のCDにはボーナストラックが追加されているようです。


◆iTunes StoreでMuddy Watersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : マディ・ウォーターズ ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ シカゴ・ブルースの父

マディ・ウォーターズです「Muddy "Mississippi" Waters Live」

ついに出てきました、マディ・ウォーターズ

マディ・ウォーターズを初めて聴いた(観た)のはザ・バンドのラストワルツでです。
気にはなっていたんですよね、その顔…、
ではなく、そのブルース。
ラストワルツの中でも圧倒的な迫力でしたから。

恐らく、私にとっての初マディとなったアルバムが(確かではないのですが…)、

Muddy "Mississippi" Waters Live

Muddy 何故このアルバムかといわれても、いつものごとく昔は選ぶ余地はなく、このアルバムが売っていたから、なんですが…。

このアルバムは、1979年の発表で、ジョニー・ウィンターが参加しているライブ・アルバムです。
(さすがにジョニー・ウィンターは速弾きしていません)
この頃は、ジョニー・ウィンターがプロデュースしているんですね。

シカゴ・ブルースのボス?、大御所?、まさにその貫禄ですよね、圧倒的なそのヴォーカルは。
そして、スライド・ギターが特に圧巻です。こんなスライド聴いたことがありませんでした。ライブならではの無茶苦茶感(?)もありますしね。

この人の事を解説しようと思っても、色々ありすぎて、浅はかな知識をひけらかしても恥ずかしいだけなので、そこら辺は専門家に任せる事にして、とにかくどっぷりとシカゴ・ブルースに浸るのが良いかと。

ちなみに、この人のバンドには、必ず素晴らしいハーピストが付いてるんですよね。
このアルバムではジェイムズ・コットンが参加しています。

それにしても、このアルバムは後期のものですから、マディ・ウォーターズの名盤といわれるものは、他にあるんですよね。
こうなると聴きたくなりますよね、やっぱり。

マディ・ウォーターズは1983年に亡くなっていまが、1980年に唯一の来日公演をしているそうですね。
ライブを観てみたかったなぁ~。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでMuddy Watersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : マディ・ウォーターズ ジョニー・ウィンター Muddy "Mississippi" Waters Live

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。