スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Juke Joint Jump/エルヴィン・ビショップ

良い意味で、なんとなくあか抜けない感じが、何とも親近感がわく、そんなイメージを勝手に抱きつつ、そのギターや曲に惹きつけられる、エルヴィン・ビショップ。今回のアルバムは、

Juke Joint Jump

Juke Joint Jump1975年発表で、中古の輸入盤を手にしました。
〜グループや〜バンド名義も含めて、ソロになってから5枚目のアルバムで、前作「Let It Flow」から、レーベルが南部のキャプリコーンですね。

基本にある、ブルージーでソウルフルなサウンド、そして、ギターの相変わらずのご機嫌さは変わりませんが、泥臭さやどっぷりとしたブルースという感じではありません。
(どうしても、バターフィールド・ブルース・バンドの頃のイメージと比べてしまいます)

アルバムは、1曲目のタイトル曲「Juke Joint Jump」から、歯切れのいいギターとリズムがまずはいいですね。とても印象的です。

A面3曲目「Rollin' Home」の、会話のように何やらやりとりしながら進むラフな曲も、何ともこの人らしいです。

前作の肩の力の抜けた、南部色の強いサウンドを引き継ぎつつも、このアルバムでは、より陽気にファンキーに、そして、曲によってはかなりポップ路線も聴かれます。

B面1曲目の「Sure Feels Good」なんかがその路線で、実はこういうポップな曲も結構得意とするところなんですね。

ちなみに、このアルバムでは、B面4曲目のジョン・リー・フッカーの「Crawling King Snake」以外は、共作1曲を含め、全て自作ですね。

収録されている曲調自体は、結構バラエティに富んでいる、とも言えるのですが、結局、ファンキーな曲もポップな曲も、何と言いますか、この人の歌とギターとノリによって、心地の良い素朴さが漂い、何とも人懐っこい感じがしてきます。

それが、エルヴィン・ビショップの味わいになってるような気がしますし、実際、そこらへんに惹かれるんでしょうね。

ところで、ちょっと目にしたのですが、今年(2012年)のフジロック・フェスティバルにエルヴィン・ビショップが来日してたんですよね。
しかも単独ライブもあったとか。
北海道には来ないよな〜。あ〜、都会はうらやましいべさ〜


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
このアルバムと、次に出された「Struttin' My Stuff」を一緒にしたCDがあるんですね(勉強不足ですいません)。「Juke Joint Jump & Struttin My Stuff


◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : エルヴィン・ビショップ Juke Joint Jump

Let It Flow/エルヴィン・ビショップ

そろそろこのブログでも、バターフィールド・ブルース・バンドのギターという説明も不要かもしれないですね。
エルヴィン・ビショップです。今回のアルバムは、

Let It Flow

Let It Flow1974年発表。ソロとしては4作目になるのですが、このアルバムから、~グループや~バンドではなくて、エルヴィン・ビショップ名義のアルバムになってますね。

これまでは、どちらかというと、ブルースをルーツにしながらもソウル色が強いサウンドだったのですが、このアルバムでは同じくブルースをベースにしつつも、レイドバックした、南部色の強いサウンドを聴かせてくれています。

何と言っても、このアルバムからレーベルがキャプリコーンに移ってますからね。
ゲストにはさすがにキャプリコーン、
ディッキー・ベッツ、マーシャル・タッカー・バンドのトイ・コールドウェル、そしてチャーリー・ダニエルズといった、サザン・ロックの強者が参加してますね。

とにかく、このアルバムは、肩の力が抜けていて、いかにも自然体といった感じのサウンドが心地良いです。
なにより、本人が気持ち良さそうに演奏し歌っているのが伝わってきます。

アルバム1曲目の「Sunshine Special」からまさにそんな感じ。
A面2曲目の「Ground Hog」も小気味良いギターのリフに続いてスライドが入ってきて、ノリの良い演奏を聴かせてくれます。

A面最後の「Travelin' Shoes」は軽快で楽しい曲で、スライド・ギターも入り、たぶんディッキー・ベッツとによるツイン・ギターは、一瞬オールマンも思わせる爽快さで、カントリーっぽさも漂わせて最高ですね。

A面は全体的にブルース・ベースでかなりノリの良いファンキーな仕上がりで、聴いていてスカットして、カッコいいですね。

B面は更にレイドバックしていて、カントリー色も強く、よりリラックスしたサウンドが展開されてます。

B面1曲目のアルバム・タイトル曲の「Let It Flow」はポップなソウルといった感じもするのですが、その他の曲も含めて、エルヴィン・ビショップのボーカルが入ると、一気に彼の世界ですね。

B面3曲目の「Fishin'」は、フィドルなんかもフューチャーされていて、何ともリラックスし過ぎのお気楽な感じで、楽しいですね(笑)
後ろで聴こえているのはウォッシュボードかな?

そういえば、アルバム・ジャケットも良いですよね。内容を表してますね。

個人的には、このアルバムはサウンド的にも転機になっているように思っていて、この頃のエルヴィン・ビショップが特に好きなんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : エルヴィン・ビショップ Let It Flow

Rock My Soul/エルヴィン・ビショップ・バンド

最初にバターフィールド・ブルース・バンドで聴いて、もちろんマイク・ブルームフィールドのギターに注目していたのですが、何だか、主にサイド・ギターを受け持ち、時にガツンとストレートに迫る、エルヴィン・ビショップのギターもかなり気になっていたんですよね。

これまでこのブログで、エルヴィン・ビショップの初期のアルバムは、デビュー・アルバムと2枚目が登場してますので、次はこの、

Rock My Soul

Rock My Soul1972年発表のソロ(グループ名義ですが)3作目ですね。
ただ、これまでの名義が、~グループだったのが、~バンドに変わってますね。

それまでのエルヴィン・ビショップ・グループの2枚もそうでしたが、バターフィールド・ブルース・バンド脱退後はブルース色はさほど強くなく、というか薄れていて、R&Bっぽかったり、ソウルフルでポップな方向になってたんですよね。

で、このアルバムですが、ブルース色はやはり薄い、というかほとんどありません。

ただ、このアルバムの特徴でもあるのが、エルヴィン・ビショップと共同プロデュースで、デラニー・ブラムレットが参加していることで、そのせいか、アルバムには南部のスワンプ系の香りもしてきますね。

前作では確か1曲しかとっていなかったエルヴィン・ビショップのヴォーカルも、このアルバムでは数曲で、あのちょっと頼りなさげで、楽しげな歌声を聴かせてくれています。

ヴォーカルと言えば、前作「Feel It!」にも参加している女性黒人歌手、ジョー・ベイカーの力強いソウルフルな歌声が、大きくフューチャーされてますね。
ちなみに、デラニー&ボニー共に録音にも参加してます。

アルバムの内容としては、1曲目のアルバム・タイトルにもなっている「Rock My Soul」は、ホーンも効果的でソウルフルでロックな仕上がりですね。

A面4曲目の「Don't Mind If I Do」やB面1曲目の「Have A Good Time」なんかは、エルヴィン・ビショップのヴォーカルがご機嫌で、スワンプ系の楽しげなサウンドです。

A面最後のミディアム・ナンバーの「Last Mile」のエルヴィン・ビショップとデラニー・ブラムレットによるスライド・ギターが味わい深くていいですね~。こういう曲、好きです。

アルバム最後の「Stomp」は、いかにもエルヴィン・ビショップらしい、ブルース・フレーバー溢れるスライド・ギターがたっぷりのインストで賑やかに締めくくってます。

共作の1作を含めて、全て自身による作品なんですよね。
このあたり、ソングライターとしての才能も見せてますよね。
このアルバム、派手なアルバムではないですが、結構気に入ってます。

ところで、すっかり年もあけてしまいましたが、皆様、今年もよろしくお願いいたします。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : エルヴィン・ビショップ エルヴィン・ビショップ・バンド Rock My Soul

Feel It!/エルヴィン・ビショップ・グループ

バターフィールド・ブルース・バンド脱退後、自身のバンドを結成してソロ活動を始めたエルヴィン・ビショップですが、バターフィールド・ブルース・バンドを聴いた時から、そのギターは気になっていたので、ソロ・アルバムもさかのぼってですが手にしました。今回は、

Feel It!

Feel It!1970年発表のエルヴィン・ビショップ・グループ名義のソロ転向後2枚目のアルバムですね。

前作のデビュー・アルバムと同じくフィルモア・レーベルからですが、中古の輸入盤を手にしたので、詳細については残念ながら分からないです。

音的にはかなりソウルフルというかファンキーで時にポップな音作りですね。
他の男性/女性メンバーがヴォーカルをとっているのと、ゲストでポインター・シスターズの名前があるので、R&Bっぽかったり、ソウルフルなのはそのせいもあるのでしょうね、

個人的には、エルヴィン・ビショップのちょっととぼけたようなヴォーカルは嫌いではないのですが、このアルバムでヴォーカルをとっているのは1曲(デュエットで)のみですね。
その曲「So Fine」はなかなか楽しい仕上がりになっています。

他にもゲストで、サンタナからコンガとティンバレスでマイク・カラベロとチェピート・エレアスが参加しています。

パーカッションを充実させている通り、バンドとしての勢いやノリを重視しているようで、エルヴィン・ビショップのギターが前面に出てくることは少ないですね。
もうちょっと、ギターを聴きたい気はしますが、本人はあくまでバンドとしての音作りを念頭に置いている感じでしょうかね。

それでも、所々で聴かれるギターとラフなスライドは、相変わらず勢いがあって楽しいです。
ただ、ブルース色はほとんど感じられませんね。

唯一、アルバム最後にアルバート・キングの名曲「As The Years Go Passing By」を演奏していますが、元々この曲もそんなにブルース感は強くないですからね。

この後もエルヴィン・ビショップはコンスタントにアルバムを発表して、比較的ポップな路線でヒット曲も出すようになりますからね。
そこら辺の続きはまた今度ということで。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : エルヴィン・ビショップ・グループ Feel It!

エルヴィン・ビショップ・グループ

このブログでは3枚目となる、エルヴィン・ビショップです。
バターフィールド・ブルース・バンドでそのギターを初めて聴いてから、マイク・ブルームフィールドと同じくらい、いやそれ以上気になってしまい、その後も追いかけました。

今回はソロに転向してから(グループ名義ですが)最初のアルバムです。

The Elvin Bishop Group

エルヴィン・ビショップ・グループ1969年発表。中古の輸入盤を手にしました。
バターフィールド・ブルース・バンドを1968年に脱退し、自身のバンドを組んで初となるアルバムですね。
ビル・グレアムのフィルモア・レーベルからリリースされています。

正直言いますと、エルヴィン・ビショップの初期のアルバムはかなり探したんですよね。

既にブログに登場した2枚のアルバム「ホームタウン・ボーイ」「ホッグ・ヘヴン」は比較的すぐに手にできたのですが、このアルバムを含めてそれ以外は、結構苦労しました。
なので、思い入れあります(笑)

A面1曲目の名曲「The Things That I Used to Do」から南部の香りバッチリで、ギターも気持ち良さそうに弾いています。
A面はブルース色が出ていますが、B面はその後の南部に根ざしながらもポップな要素を取り入れたサウンドを既に聴く事ができますね。

バターフィールド・ブルース・バンドを脱退したばかりなので、まだまだブルース色が強いかとも思ったのですが、必ずしもそうでもなかったです。

リラックスした土臭いサウンドと、やんちゃなギターも健在で、ちょっと、声がひっくり返るようなヴォーカルも味があってやっぱりいいですね、この人は。
トレードマークのES-345はこの時もう弾いているんですかねぇ。

本当にギターも歌も何だか素朴な味わいで、聴いていて楽しいんですよね、エルヴィン・ビショップは。
あっ、もちろんスローな曲もやっていて、味わい深いですよ。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : エルヴィン・ビショップ・グループ 初のソロ エルヴィン・ビショップ

ホームタウン・ボーイ/エルヴィン・ビショップ

前回つぶやいたエルヴィン・ビショップのアルバム「ホッグ・ヘヴン」がたいそう気に入ってしまい、続けて見つけたアルバムに、今度はすぐにとびつきました。

ホームタウン・ボーイ」(Hometown Boy Makes Good!

ホームタウン・ボーイ前後してしまいますが、このアルバムは前回記事の「ホッグ・ヘヴン」の前の作品にあたり、発表は1976年ですね。

ライナー・ノーツを読んで(また、実際その後に聴いてみて)分かったんですが、更にこのアルバムの前作「Struttin' My Stuff」で随分とサウンドをポップでファンキーな方向に変えて、そこからのシングル曲「Fooled Around and Fell in Love」も大ヒットし、その流れの中での本アルバムなんですね。
ヴォーカルを多く占める、ミッキー・トーマスという人の高めのソウルフルな声にもよる所が大きいですね。

しかし、本当にポップで、ファンキー(という言葉が当てはまるかどうか分からないのですが)で、個人的にはちょっと行き過ぎかなと。
シンセの音もちょっと気になりましたし。

どちらかというと、このアルバムの次に発表された、前回記事の「ホッグ・ヘヴン」の方が、南部的な香りがして好きですね。

とにもかくにも、エルヴィン・ビショップの音は、これまでこのブログでもよく出てきた、どちらかというとギター・ソロがガンガンとか、緊迫感とか迫力とかとはちょっと違うサウンドで、気に入ってしまいました。

前回上昇したエルヴィン・ビショップ熱はこの時ちょっとだけ下がるんですが、その後もアルバムを探し続けて、何枚か手にすることが出来て、また上がっていくことになります。
が、今回のつぶやきはここまでにしておきます。そのうちに、また登場します。

バターフィールド・ブルース・バンド関係が続きましたが、それにしても、2人のギタリスト、マイク・ブルームフィールドとエルヴィン・ビショップは良いですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : エルヴィン・ビショップ ソロ ホームタウン・ボーイ

ホッグ・ヘヴン/エルヴィン・ビショップ

バターフィールド・ブルース・バンド関係が続いています。

ギタリスト二人のうち、マイク・ブルームフィールドに比べて、よりロックよりのストレートなブルース・ギターを弾いていたエルヴィン・ビショップも、かなり気になっていました。

脱退後のソロ活動の詳細は知らなかったので、その後にどんなアルバムを出していたのかは全く知らなかったのですが、ある時、中古の国内盤でソロ・アルバムを見つけて買いました。

実は、とびついた、という程ではなく、とりあえず聴いてみよう、という程度だったんです。その時は…

ホッグ・ヘヴン」(Hog Heaven

ホッグ・ヘヴン1978年発表です。
エルヴィン・ビショップはバターフィールド・ブルース・バンドの後、グループを結成しソロ活動を始めて以来、ずっとアルバムを出し続けているんですね。

先に書いたように、このアルバムを聴くまでは、ソロでどんな音楽をやっているか知らなかったのですが、実際聴くとブルースのアルバムではないんですよね。
しかし、気に入ってしまったんです、これが。

ギターもヴォーカルも楽曲も、ジャケットさながら土臭くて田舎っぽくて、肩に力が入ってなくて。
ブルース、R&Bをベースにしたその音は、荒削りながらも抜群に心地良いです。
ホーンなんかも入っていて、「オー・ベイブ」とか最高にご機嫌ですよね。

実は、今回ライナー・ノーツとジャケット見ていて初めて知ったのですが、エイモス・ギャレットとマリア・マルダーが参加しているんですね。ちゃんと見直すものですね。知らなかった…

もちろん当時はこの2人のことはまだ知らなかったのですが、その後別の流れでよく聴くようになったので、エルヴィン・ビショップと一緒に演奏しているのを改めて聴くと、何とも楽しいものです(そのうち、この2人もこのブログに登場する予定です)。

ここから、エルヴィン・ビショップ熱が上がっていったんですよねぇ(一人物思いです)。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : エルヴィン・ビショップ ソロ ホッグ・ヘヴン

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。