スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホウク・スクワット!/J.B.ハットー

シカゴで活躍し、エルモア・ジェイムスばりのブルーム調の荒々しいスライド・ギターが何といっても魅力の、J.B.ハットー。手にしたアルバムは、

ホウク・スクワット!(Hawk Squat)

Hawk SquatP-VINEから再発された国内盤を手にしました。
元は1968年録音のデルマーク盤ですね。

自己のバンドであるホウクスを率いたこのアルバムは、“J.B. Hutto & His Hawks with Sunnyland Slim”と表記されていて、ピアノ/オルガンでサニーランド・スリムが全面参加してます。

エルモア・ジェイムスの後継者とも呼ばれたJ.B.ハットーですが、アルバム1曲目の「Speak My Mind」から、そのスライド・ギターを威勢良く聴かせてくれてます。
(エルモア・ジェイムスのスタイルといえば、ハウンド・ドッグ・テイラーもいますね。)

そのブルースは、エネルギッシュでタフで粗くて、言うなら洗練されてない感じが、かえって生々しくていいですね。

激しく、時にシャウトする、ちょっとネットリな感じのヴォーカルもなかなかです。
ちょっとバディ・ガイと似てますかね。

アップ・テンポのいかにもというスライドの他に、A面2曲目「If You Change Your Mind」やB面2曲目「The Feeling Is Gone」、B面4曲目「Too Late」のようなスローな曲でも、熱いスライドを聴かせてくれていて、案外そちらの方が迫ってくるものがあったりします。

A面5曲目のミディアム・スローの「The Same Mistake Twice」なんかは、スライドは使ってませんが、基本的にそのブルースは濃厚なシカゴ・スタイルのもので、B面3曲目の「Notoriety Woman」なんかは、まるでマディのようなノリの良いディープなブルースです。

アルバム通して演奏が臨場感たっぷりで、なかなか聴き応えがあります。

J.B.ハットーは1926年生まれで、1983年に他界してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆AmazonでJ.B.ハットーをチェックする。

◆iTunes StoreでHawk Squat - J.B.Huttoをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : J.B.ハットー J.B. Hutto ホウク・スクワット!

ドロップ・ダウン・ママ(Drop Down Mama)

1950年前後の初期の生々しいシカゴ・ブルースを聴かせてくれる、チェスのオムニバス・アルバムです。

収録されているのは、どちらかというと知名度はそうでもない、6人のブルースマンなんですが、これがどの曲も聴き応え十分です。

ドロップ・ダウン・ママ(Drop Down Mama)

Drop Down Mama手にしたのは、P-VINEから再発された国内盤の中古ですね。

収録ブルースマンは、ジョニー・シャインズ、ロバート・ナイトホーク、ビック・ボーイ・スパイアーズ、ハニー・ボーイ・エドワーズ、フロイド・ジョーンズ、ブルー・スミッティの6人。

ジャケット裏の表記を見ると、録音は1949年から1953年に行われたもののようです。


ジョニー・シャインズ(2曲収録)

ロバート・ジョンソンと行動を共にしていた、という話題が先行してしまいますが、力強いヴォーカルで、ミシシッピ・デルタの流れのディープなブルースを聴かせてくれます。変な話、正統派ミシシッピ・デルタといった感じでしょうか。

バックが素晴らしく、リトル・ウォルター、ジミー・ロジャース、ビッグ・クロフォードが支えてます。
濃いジャケット写真は、ジョニー・シャインズのようですね。


ロバート・ナイトホーク(4曲収録)

単音弾きのスライド・ギターが素晴らしいですね。洗練されたバックの演奏に、巧みなスライドと落ち着いた雰囲気の粋なヴォーカルが実にいい味わいです。このアルバムの一番の聴き所は、この人の演奏といわれることも多いようです。

戦前はロバート・リー・マッコイの名で活動していたとのことです。


ビック・ボーイ・スパイアーズ(2曲収録)
骨太の泥臭いダウン・ホーム・ブルースを聴かせてくれていて、実に濃いです。

ハニー・ボーイ・エドワーズ(1曲収録)
アルバム・タイトル「Drop Down Mama」の1曲のみの収録ですが、どっぷりのデルタ・ブルースですね。

フロイド・ジョーンズ(3曲収録)
これまた、バックにリトル・ウォルターとジミー・ロジャースの名前があり、バンド化した50年代初期のシカゴ・ブルース・サウンド、といった感じなのでしょうか。それにしても、リトル・ウォルターのハープは凄いです。

ブルー・スミッティ(2曲収録)
今回の収録ブルースマンの中では、一番若いようで、そのギターと併せてちょっと趣きを異にする、重々しいマイナーブルースを聴くことができます。

という全14曲。

マディらのチェスのメインストリームではないけれど、初期のシカゴ・ブルースの魅力に溢れるオムニバス盤ですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJohnny Shinesをチェックする。


◆iTunes StoreでRobert Nighthawkをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ドロップ・ダウン・ママ Drop Down Mama ジョニー・シャインズ ロバート・ナイトホーク

Johnny Shines and Company/ジョニー・シャインズ

前回のロバート・Jr.ロックウッド同じくらい、ロバート・ジョンソンと関わった人物として名前が上がるブルースマンですね。
ジョニー・シャインズです。

ロバート・ジョンソンと実際に行動を共にして、“ジョンソンを現代に伝える男”なんて言われたりしたのですが、音楽的にはあまり評価されてなかったのでしょうかね。
聴いてみたかったのですが、情報は少ないし、アルバムもほとんど目にすることがなかったんですよね…

そうなると、なおさら聴いてみたくなり、内容も全く知らないアルバムでしたが、見つけてすぐに手にしました。

Johnny Shines and Company
(accompanied by Dave Bromberg and his band)

Johnny Shines and Company1974年発表ですが、輸入盤で詳細がさっぱり分かりません。

アルバムを聴くと、ミシシッピ・デルタ・スタイルのスライドによるディープな弾き語り「Little Wolf」から始まるのですが、2、3曲目の「Mr. Cover Shaker」「Shotgun Whupin'」はエレクトリック・セットでバンドがついたシカゴ・スタイルで、これがかなりご機嫌な演奏。
で、4曲目の「Lost Love Letter Blues」ではまたしてもアコースティックによるデルタ・スタイル…、

と言った具合に、シシッピ・デルタ・スタイルとシカゴ・スタイルを織り交ぜてといった内容です。

B面になると、よりホーンを大きく取り入れてモダンな雰囲気ですが、最後の曲「Jim String」は弾き語りで、渋いギターとスライドがいいですね~

弾き語りの時の、細かくビブラートする声が、何ともミシシッピ・デルタの雰囲気を醸し出していますが、シカゴ・スタイルの時は伸びやかで艶のある歌声を聴かせてくれてますね。

ちなみに、このアルバムに参加している Dave Bromberg は、ボブ・ディランのアルバムに参加したりしている“デヴィッド・ブロムバーグ”でしょうかね(詳しくは知りませんが)。
どういう繋がり、と言うか企画だったのだろうか…。

結局、単独アルバムはこれ1枚しか持っていないので、ジョニー・シャインズのブルースというものを分かっているとは言えないですが、これはミシシッピ・デルタからシカゴ・ブルースの流れを感じさせてくれる、ジョニー・シャインズによる本物のブルースですよね。

ジョニー・シャインズも一旦一線を離れて、60年代半ばに“再発見”されてますね。
1915年生まれで、1992年に亡くなってます。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでJohnny Shinesをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ジョニー・シャインズ Johnny Shines and Company

The Legendary Reverend Gary Davis/レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス

このアルバムを手にしたのは高校生の時だったと思うのですが、やっぱりこの人のことはほとんど知りませんでした。
ただ、レコード店でサングラスをかけた厳ついこの人のジャケット写真とそのジャケットにある“BLUES and GOSPEL”の文字を見て手が出ました。

レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス
ブラインド・ゲイリー・デイヴィスとも呼ばれますね。手にしたアルバムは、

The Legendary Reverend Gary Davis 1971

The Legendary Reverend Gary Davis 1971ただ、裏ジャケットのタイトルは、「Reverend Gary Davis Volume 2 - 1971/Lord I Wish I Could See」となってます。

また、Vol.2 ですが、Vol.1があるんでしょうね。知らないんですが…。
1971年の録音です。1972年に他界しているので、直前の録音なんですよね。

牧師でもあるようで、聖職者の尊称“Reverend”を名前の前につけていて、実際にも宗教的な演奏を多くしていたようです。

戦前は南北のカロライナ州で活動していて、そこでわずかに作品を残してるようで、既にかなりの影響力があったようですが、一般的に名が知れ渡ったのは40年代にニューヨークに移ってから、辻説教師というのでしょうか、あちこちの路上で演奏活動をしてからのようですね。
叩き上げのミュージシャンといったところですね。

アコースティック・ギターの名手とも言われ、必ずしもブルースのスタイルだけではなく、ラグタイム、フォーク、スピリチュアル、ゴスペルなどの要素が感じられる演奏です。

収録曲にはインストもありますし、このアルバムでは12弦ギターも使用しています。
よく通る堂々たる歌声も魅力です。

この時、たぶん70歳代半ばでしょうから素晴らしいですね。
何とも巧みで味のある歌とギターを弾き語りで聴かせてくれています。

アルバム最後の曲「I'll Do My Last Singing」はミディアム・スローの何とも心に染みてくる歌とギターで、(歌詞の内容は分かりませんけど)良い曲です。
ライ・クーダーの奏でそうな、味わい深い曲でもありますね(歌声は全然違いますが)。
そう言えば、ボブ・ディランも影響を受けているようです。

ただ、この人の名前はその後はあまり目にしなかったんですよね。
日本での一般的な知名度は今ひとつなのでしょうか。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでReverend Gary Davisをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス ブラインド・ゲイリー・デイヴィス The Legendary Reverend Gary Davis 1971

Kings Of Country Blues Vol.2

大勢いるブルースマン、数あるブルースのアルバムから何を選んで聴くかというのは悩ましい問題です。
となると、やはり手が出やすいのはオムニバス盤ですね。

このアルバムも内容は良く分からなかったのですが、そのタイトルで手にしました。

Kings Of Country Blues Vol.2

Kings Of Country Blues Vol.2アーフーリー(Arhoolie)からリリースされたものです。
(録音は1969年。手にした輸入盤は1981年の再発?)
お目当ては、フレッド・マクダウェルとファリー・ルイスでした。

アルバムはいきなり、ナポレオン・ストリックランド&ザ・コモ・ドラム・バンドという、ファイフ(高音の横型フルート)とドラム・バンドによる、アフリカのリズムなのか良く分からない曲から始まりますが、これはちょっと期待していたものとは違いました。

お目当ての一人、フレッド・マクダウェルはジョニー・ウッズのハープとの演奏で3曲。
歌もスライドを用いたギターも力強く、ディープなカントリー・ブルースを聴かせてくれます。
この人のスライドはかなりカッコいいですね。

ファリー・ルイスの弾き語りの2曲は、味わい深くもほのぼのした田舎っぽさがいいですね。スライドも使ったギターが巧みです。

どちらもスタイルは戦前のカントリー・ブルースそのものですが、録音が1969年なので、戦後カントリー・ブルースと言えば良いでしょうかね。

あとは、R.L.ワトソン&ジョシア・ジョーンズのギター・デュオによるインストが収録されていて、これがなんとも心地よく、素敵な演奏です。
(このデュオのことは、今でも良く分かってはいません)

ちなみに、Vol.2というくらいですからVol.1があるのですが、残念ながらVol.1は持ってません。
どうやら、Vol.1は同じく1969年録音で、“再発見”後のブッカ・ホワイトやスリーピー・ジョン・エスティスらの演奏が収録されているようです。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : Kings Of Country Blues Vol.2 フレッド・マクダウェル ファリー・ルイス

Chain Gang Songs/ジョッシュ・ホワイト

ほとんど前情報無しで買ってしまいました。
時々やってしまうんですよね。内容を確認もせず、何となく「きっとこれは~!」って手を出してしまう…。

かろうじて、書籍「ブルースの歴史」で名前を目にしていたくらいでしょうか。
というか、この人がその人なのかも良く分からないくらいですね。

それが、ジョッシュ・ホワイトJosh White)の、

Chain Gang Songs

Chain Gang Songs中古の輸入盤ですが、アルバムについては今でも全然分かりません。

ジャケットはこのようなタイトルになっていますが、よく見ると、A面がChain Gang Songsで、B面がSpirituals and Bluesと分かれています。裏ジャケットのタイトルも「Chain Gang Songs,Spirituals and Blues」となってますね。

いや~、さっぱり分からないですね。ここまで分からないのも困ったものです。
ジョッシュ・ホワイトという人を「ブルースの歴史」で調べてみると、

子供の頃から、盲目の歌手が街角で歌ったりする際に、彼らの「眼」となって彼らの手を引いて歩いていたそうで(11年以上もの間とのことです)、その中には、ブラインド・レモン・ジェファーソンやブラインド・ブレイクらもいたそうです。
そうこうしているうちに、自分でもギターが弾けるようになり、歌うようにもなったそうです。
(参考:「ブルースの歴史」/ポール・オリヴァー著)

その後の活動はやはり良く分からないのですが、1950年代終盤から60年代初頭のフォーク・リヴァイヴァル・ブームの中、黒人民謡を白人聴衆向けに歌い、人気を博したようですね。

で、今回のアルバムを聴いてみると、その頃の演奏でしょうか。
全編通して、艶やかなヴォーカルとブルージーというかジャジーなアコースティック・ギターを弾いていて、そのオシャレなバンドによるサウンドはかなり洗練されています。

真っ先に思い浮かんだのが、ライ・クーダーですね。そっくりです。
ライ・クーダーも影響を受けているのでしょうか。

聴いた感想はそれとして、結局、このジョッシュ・ホワイトという人の事は定かでないですね。勉強不足です。
もし、間違っていたら、どなたかに教えてもらいたいくらいです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。ていうか、AmazonにCDがあってビックリしました。

◆iTunes StoreでJosh Whiteをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ジョッシュ・ホワイト Josh White Chain Gang Songs

「Stone Down Blues」/ギター・スリム・グリーンって誰?

誰なんだ!あなたは!って感じです。今でも。

ギター・スリムと間違ったわけではない…、と言いたいところなんですが…。

そのギター・スリムのアルバムのライナー・ノーツに、中村とうよう氏がギター・スリムと間違ってギター・スリム・グリーンを買ったという事が余談で書いてあって(記事はこちら)、まさにそんな感じなんです。

つまり、間違えて買った、
ギター・スリム・グリーン(Guitar Slim Green)の、

Stone Down Blues

Stone Down Bluesジャケットには何とジョニー・オーティスと息子のシュギー・オーティスの名前があるんですよ。
With Johnny and Shuggie Otis となってますからねぇ。

そういえば、シュギー・オーティスが参加した「クーパー・セッション」の記事を書いた時は忘れていたのですが、彼の演奏はここでも聴いていました(詳しくはこちら)。

それにしても、ギター・スリム・グリーンという人のことがまったく分かりません。

曲はというと、ジャケットの素朴さに比べて、いきなりモダンな音が聴こえてきてビックリです。
Otis親子は完全なサポートとして、バックを支えている感じですが、それにもよるんでしょうね。

シカゴ・ブルースを思わせる、ギターとヴォーカルを聴かせてくれていて、かなりどっぷりと迫ってきます。
ただ、それ以上でも以下でもないといった感じが正直なところですが…。
アルバムは3人だけで録音されているようですが、それもよく分かりません。

購入したのは輸入盤なので、詳しいことは本当に分からないんですが、どうやらNorman G. Greenという名前で、1920年テキサス生まれで、このアルバムは恐らく1970年のもののようです。
(1975年にロサンゼルスで他界しているようです)

誰なんだ!あなたは!

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ギター・スリム・グリーン Stone Down Blues ジョニー・オーティス

ファンキー・ナイト/ジョニー・ギター・ワトソン

いきなり何故この人?という感じで、唐突感はありますが、実際、買った本人も唐突な感じがしていました…。
ジョニー・ギター・ワトソンです。

よくやっちゃうんですよね。
他にまずは聴いた方が良いとされる名盤はたくさんあるのに、何故か名前を聞いたこともないミュージシャンのレコードを、“ひょっとして発見かも”と手を出してしまうことが。
何せ、当時はそれを調べる手だてと言うか、情報自体があまりに少なかったですからね。

新譜で発売されていたのですが、ブルース・アルバムと思った訳ではないですが、買ってしまいました…。

何たって、名前に“ギター”が入ってましたから(笑)。浅はか…。
ジョニー・ギター・ワトソンで、

ファンキー・ナイト」(That's What Time It Is

ファンキー・ナイト発売は1982年でしょうか。
実際、内容は当時流行っていたと思われる、ブラック・コンテンポラリーというかファンクというか…。

ジャケットの通り、クールでオシャレな音楽でした。
これはこれで、曲もペキペキのギターもカッコよくて、結構聴いたのですが、少なくとも当時の私が求めていたアルバムではなかったのも事実です。
レコード・ラックの中でもかなり浮いています(笑)。

ただし、
この人、ただの流行のファンキーなおじさんではなかったんですね。

1950年代から活躍する、ゲイトマウス・ブラウンの流れを汲むとも言われる、当初はバリバリのブルース・マンだったんですね。

そのころのアルバムも聴いてみたくなりました。
数多くのレコードを残しながら、時代と共にサウンドを変化させていったんですね。それも凄いです。

新譜ではなくて、昔のアルバムを手に出来ていれば、とも思ったりしましたが…。
こういうこともあります。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでJohnny "Guitar" Watsonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ

tag : ジョニー・ギター・ワトソン ファンキー・ナイト ブラック・コンテンポラリー

The Things That I Used to Do/ギター・スリム

出ました!ギター・スリム
何と言っても、有名な曲「The Things That I Used to Do」、そしてそのギター・ソロ。
この曲は、アルバート・コリンズで知ったんですが(記事はこちら)、高校生の時にそのアルバムを見つけてしまったんですよね。
タイトルはそのまま、

The Things That I Used to Do

Things That I Used to Do1953年にスペシャルティで録音したこのタイトル曲は、54年に大ヒットしてR&Bチャート第1位になっているそうです。凄い!

原盤のアルバムの発売はよくわかりませんが、購入した国内盤は「スペシャルティー・シリーズ」というシリーズで1979年に再発されたものです。
(ライナー・ノーツは中村とうよう氏のものなんですが、脚注で1974年に発売されたものの転載、となっています)

ニューオーリンズで活躍していて、南部独特のサウンドと言うか、ゆったりとした、泥臭い、独特のグルーヴ感を持ったブルースですねぇ。

ただ、中村とうよう氏がライナーで書いているのですが、その存在はかなり特異で、シカゴ・ブルースとかの、何々系と分類しきれない、独特のサウンドだと。

確かに、ニューオーリンズ・サウンドと言われてもピンとこないですし、基本的には、ミディアム~スローテンポのどっぷり浸れるブルースで、これほど強烈に南部の香りのするブルースもそうそうないのかな。

それと、この時期にこの歪んだ激しいギターには結構驚きです。ヴォーカルも強烈です。
時々、同じような曲が現れるのはご愛嬌。

そういえば、ギター・スリムって、他にもいるんですよね。
こちら本家(?)の本名はエディ・ジョーンズで、アレック・シワードという人もギター・スリムといい、まだ他にもいるようです。

「ギター・スリム・グリーン」なんて方もいて、ライナー・ノーツで中村とうよう氏が、ギター・スリムと間違って買ったという事が余談で書いてあったのですが…、私も慌てて買ってしまいました…。このライナー・ノーツのことを忘れてしまっていたようで…。
(そのうち、このブログでも紹介します )

ギター・スリムのアルバムはこれ1枚しか持っていないのですが、1959年2月7日、32歳の若さで亡くなっていますので、なるほどあまり音源がないんですね。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでGuitar Slimをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ギター・スリム Guitar Slim エディ・ジョーンズ ニューオーリンズ The Things That I Used

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。