スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Enlightened Rogues/オールマン・ブラザーズ・バンド

1976年 の「熱風」(Wipe The Windows, Check The Oil, Dollar Gas)で一旦バンドが解散したオールマン・ブラザーズ・バンドは、2年後の1978年に1回目の再結成をするんですよね。

そして、バンドの再結成第1弾としてリリースされたのが、

Enlightened Rogues」(邦題は「いま、再び」)

Enlightened Rogues1979年発表で、キャプリコーンからの最後のアルバムです。
国内盤の中古を手にしましたが、正直、あまり印象のないアルバムだったんですよね。

再結成にあたってのメンバーは、
グレッグ・オールマン、ディッキー・ベッツ、ブッチ・トラックス、“ジェイモー”ジェイ・ジョハンソンのオリジナルメンバーと、ディッキー・ベッツと共に活動していた、ダン・トーラー(ギター)、デイヴィッド・ゴールドフライズ(ベース)。

ツイン・ギターとなるのは久しぶりですね。
ちなみに解散時のメンバーのチャック・リーヴェルとラマー・ウィリアムズはシーレベルでの活動を続けたため再結成には加わってません。

アルバム1曲目の「クレイジー・ラヴ(Crazy Love)」から、ディッキー・ベッツがかなり豪快にスライドを弾いてます。
この曲にはコーラスでボニー・ブラムレットが参加していて、パワフルな歌声でサポートしてますね。

アルバム通して、ディッキー・ベッツがご機嫌に、そして気合いを入れて弾いてます。

対して、グレックも負けずに、渋くて、力強い歌声を聴かせてくれてますね。
A面最後の「ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド(Need Your Love So Bad)」やB面1曲目の「ブラインド・ラヴ(Blind Love)」等では、グレックのブルース・フィーリングたっぷりのヴォーカルが楽しめます。

全体的にキャッチーで軽快で、派手さはないですが、健在ぶりを示したアルバムといったところですかね。

この後、アリスタに移籍後、2枚のアルバムをリリースするのですが、再解散してしまいます。

実はオールマンのアナログレコードは、これまでブログで出てきたもので、全部なんですよね。
肝心の名盤「フィルモア・イースト・ライヴ」はどうした!って感じですが、アナログ盤は持ってないんですよ。
例によって、ずっとカセットテープで聴いていて、後にCDで買い直しました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEnlightened Rogues - オールマン・ブラザーズ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : オールマン・ブラザーズ・バンド Enlightened Rogues いま、再び

熱風/オールマン・ブラザーズ・バンド

サザン・ロックと限定する必要もない、アメリカを代表するバンドですよね。オールマン・ブラザーズ・バンド

このバンドの全盛の頃のアルバムには2枚組が多くて、少年時代の小遣いではなかなか手にできなかったんですよね。
「At Fillmore East」に「Eat A Peach」、そして今回の、

熱風
Wipe The Windows, Check The Oil, Dollar Gas

熱風1976年に、もちろんキャプリコーンから出された、2枚組のライブです。
といっても、この年、オールマン・ブラザーズ・バンドは解散しているんですよね。

1969年にオールマン・ブラザーズ・バンドとしてキャプリコーンからデビューし、サザン・ロックの象徴としてシーンを牽引していたバンドの終わりを告げたアルバムとなったんですね。

リアル・タイムで聴いていた訳ではないので実感はないですが、当時はさぞかし寂しい思いで、そして集大成として聴かれていたのでしょうね。

収録されたライブの時期はデュアンとベリー・オークリーの死後以降の1972,73,75年からとなってます。

グレッグはいつも通り、これぞオールマンという渋い歌声を聴かせてくれていますが、やっぱり「ブラザーズ&シスターズ」の時の印象同様、ディッキー・ベッツとチャック・リーヴェルの演奏が際立ってます。

それにしても、やっぱりオールマンのライブはいいです。何より楽曲がライブ向きというか、長い曲が多いのですが、よくライブの演奏であるダラダラ感が、オールマンに関しては全くないですからね。
(その代わり、収録曲が少ないですけど)

ただ、このアルバムを聴くと、ギターは基本ディッキー・ベッツが1人でやっていて、やっぱりツインギターのイメージが耳に強く残っている為に、ディッキー・ベッツの爽快なギターも(スライドもカッコいいです)、ふっと寂しく感じてしまうのはやむを得ないですかね。

そういうこともあってか、B面の「エリザベス・リードの追憶」(B面はこの1曲のみ)は感慨ひとしおです。
更に「ジェシカ」に至っては、デュアン亡き後のこのメンバーの曲なのに…、です。

その後、チャック・リーヴェル、ジェイモー、 ラマー・ウィリアムズはシーレベルを結成。
グレッグとディッキー・ベッツはソロ活動へ。
そして、2年後の1978年に1回目の再結成をするんですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWipe the Windows, Check the Oil, Dollar Gas - オールマン・ブラザーズ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : オールマン・ブラザーズ・バンド 熱風 Wipe The Windows, Check Oil, Dollar Gas

ブラザーズ&シスターズ/オールマン・ブラザーズ・バンド

さて、サザン・ロックの代表格、オールマン・ブラザーズ・バンドです。
このブログで2枚目となるのが、

ブラザーズ&シスターズ
Brothers And Sisters

ブラザース&シスターズ1973年発表ですが、このアルバムは時期が重要ですね。

1972年の「Eat A Peach」(記事はこちら)の後に出されたアルバムですが、ちょっとその頃の状況をまとめておくと。

1971年10月29日にデュアンがオートバイ事故で24歳の若さで他界。
デュアンの死後、1972年にはキーボードにチャック・リーヴェルが加入したものの、1972年11月11日にはベリー・オークリーまでもオートバイ事故により亡くなってしまうという悲劇。
ベースのベリー・オークリーの後任にはラマー・ウィリアムズが加入。
そして発表されたのがこのアルバムですね。

前作「Eat A Peach」はレコーディング途中にデュアンが他界しているので、デュアンが参加している曲と不在のものとがありましたが、ベリー・オークリーの事故もこのアルバムの収録中に起こり、アルバムのクレジットには、2曲のみにベリー・オークリーの名前があります。

このような辛い状況を経ても、見事に作り上げたのが、この素晴らしいアルバムなんですよね。

サウンド的には、デュアンの頃のブルース・フィーリング溢れる、泥臭いスワンプ系の音とは変化していて、カントリーとポップ色が強い、どちらかというと軽快なサザン・ロックですね。
基本的にはディッキー・ベッツ色が強いのでしょうね。

対して、グレッグはヴォーカルで相変わらず渋い歌声を聴かせてくれてますが、全体的にはちょっと影響力は小さくなっているでしょうか。

デュアンの死後、ギタリストではなくキーボードのチャック・リーヴェルが加入した経緯はよく知らないですが、この人のピアノがかなりサウンドに効いています。

収録曲は名曲ばかりです。

ヒットしたA面2曲目の「ランブリン・マン」(Ramblin' Man)はカントリー色が強い曲で、ディッキー・ベッツとゲスト参加しているレス・デューディックのギターがいいですね。
レス・デューディックのギターは本当にカッコいいので、もっと注目されても良いですよね。

B面1曲目の「サウスバウンド」(Southbound)はノリの良い曲で、チャック・リーヴェルの軽快なピアノとディッキー・ベッツのギターが印象的です。

B面2曲目の「ジェシカ」(Jessica)も突き抜けたギターと転がるピアノが何とも心地よいインストで壮快ですね。大好きです。
曲の終盤で3連にリズムがおちて、またリズム・インしてくる辺りは本当にたまりません。

ディッキー・ベッツがドブロを弾くカントリー・ブルース的な曲「ポニー・ボーイ」(Pony Boy)でアルバムは締めくくられています(グレックは参加してないですね)。

確かに、デュアンの頃のようなブルース色は薄くなっていますが、このアルバムをそれと比較する事なく、以前の思い入れを外して聴けば、無茶苦茶ご機嫌なアルバムで、名盤ではないでしょうか。
(って、今さら私に言われなくても名盤ですかね)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBrothers and Sisters (Super Deluxe Edition) - オールマン・ブラザーズ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : オールマン・ブラザース・バンド ブラザース&シスターズ ランブリン・マン ジェシカ Brothers And Sisters

イート・ア・ピーチ/オールマン・ブラザーズ・バンド 

出ました、このブログ初登場。
サザン・ロックの雄、オールマン・ブラザーズ・バンドです。

サザン・ロックといえば、このブログでは先にレーナード・スキナードが登場していて、実際そちらの方を最初は熱心に聴いていたのですが、当然、こちらもはずせません。

本当は、まずは「フィルモア・イースト・ライブ」を聴け~!
という所なのでしょうが、そちらは随分カセット・テープで聴いていたので、違うアルバムに手を出しました。

イート・ア・ピーチ」(Eat A Peach

イート・ア・ピーチ1972年発表の2枚組ですね。
購入したのは輸入盤です。

メンバーのこととか細かいことは、ここで説明するまでもないでしょうが、4枚目となるこのアルバムのレコーディング途中にデュアン・オールマンがオートバイでの事故で他界という悲劇の中で完成させたアルバムですよね。
それだけでも、かなり気になります。

そういう状況のため、ライヴとスタジオ録音によるアルバム構成となっていますが、「メリサ」「ワン・ウェイ・アウト」「ブルー・スカイ」「リトル・マーサ」等、デュアンのスライドが聴くことが出来る曲、デュアン不在の曲、どの曲も皆いい曲ですよね。

そして名演として名高い「マウンテン・ジャム」はアナログではSIDE TWOとSIDE FOURに分かれていますが、とにかく豪快、壮快。
デュアンの最後となってしまったスライドが、とにかくカッコいいです。
それにディッキー・ベッツのギターもかなり好きです。

デュアンの追悼盤という形で、何とも意味深く悲しいアルバムですが、デュアンの最後の名演とデュアン亡き後のオールマンを伺うことの出来る素晴らしいアルバムではないでしょうか。

やっぱりオールマンは良いですよね。
やっぱり聴きだしました、この後。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

何だか、色々追加されているCDが出ているんですね…。
勉強不足も甚だしいです。
アナログおじさんもちょっとはその後を聴かないと…。

◆iTunes StoreでEat a Peach (Deluxe Edition) - オールマン・ブラザーズ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : オールマン・ブラザーズ・バンド イート・ア・ピーチ マウンテン・ジャム Eat A Peach

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。