スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激しい雨/ボブ・ディラン

ボブ・ディランについては毎回言ってるんですが、アルバム枚数が多くて、ちょっと聴いてみようという感じでは、追いかけきれないんですよね。
各時代での影響力も大きすぎて、コアなファンも多いでしょうから、あまりいい加減なことも言えませんしね(笑)

結局、気になる所をつまんで聴くことになってしまうんですよね。
で、今回は、ライブ・アルバムです。ディランの、

激しい雨」(Hard Rain

激しい雨1976年発表のライブです。中古の国内盤を手にしました。
時期としては、スタジオ盤「欲望」(1976年)の後になります。

ライブ自体も1976年5月に行われたもので、ディランを中心に行われたローリング・サンダー・レヴューの第2期の時のものですね。

1曲目の「マギーズ・ファーム」(Maggie's Farm)から、勢いのある歌とサウンドは素晴らしい演奏です。

で、ライナー・ノーツを読んでいくと、どの曲も原曲とのアレンジの対比で紹介してして、よりハードに生々しく演奏されているものが多いとのこと。

あれ? ということは、原曲を知らないと、その違いが分からないんですよね。
これはちょっと失敗でした。
収録曲を見てみると、残念ながらほとんどの原曲を知りませんでした。今でも原曲を知らない曲があります。
つまんで聴いていたので、やむを得ないですが、ちょっと残念ですね。

それでも、このライブ・アルバムを聴くと、原曲云々を置いておいても、ディランの歌とバックの演奏がパワーに満ち溢れていて、ライブの臨場感もビシバシ伝わってきて聴きごたえがあります。

それにしても、最後の10分を越える「愚かな風」(Idiot Wind)が特に壮大で圧巻ですね。

このライブでは、テレビ用の収録もされて、全米で放映されたようで、更にその後、日本でも放送されたようですが、残念ながらそれは知りませんでした。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBob Dylanをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : ボブ・ディラン 激しい雨 Hard Rain ライブ

プラネット・ウェイヴ/ボブ・ディラン

ディランのアルバムは多すぎて、聴きたいと思っても何に手を出すか、なかなか迷ってしまいます。
そんな中で、やはりこういうアルバムに、まずは手が伸びますよね。
ザ・バンドがバックを務める、

プラネット・ウェイヴ」(Planet Waves
※現在は「プラネット・ウェイヴズ」の表記ですね。

プラネット・ウェイヴアサイラム・レーベルに移籍し1974年に発表した、初のビルボードNo.1になったアルバムですね。
中古の国内盤を手に入れました。

このアルバムの前辺りの活動が、レーベルの移籍問題も絡んでか、今ひとつすっきりしていなかったようなので、再びザ・バンドと組むという事と、更にこのアルバム発売と同時にザ・バンドと全米ツアーを行うという事で、かなりの話題になったようです。
(このツアーの模様がライブ盤「偉大なる復活」ですね)

ザ・バンドをバックにするのは、スタジオ盤としては初ですが、もちろん旧知の仲ですから、息もぴったりではないでしょうか。。
何だか聴いていてにんまりしてしまいます。
好みはあるんでしょうが、個人的にはこういうラフな感じが好きなんですよね~。

ちなみにザ・バンドは「ムーンドッグ・マチネー」(1973年)の後になりますね。
バンドとしては既に後期で、結果的には解散も近くなっている時期ですが、演奏自体は充実していてやはり素晴らしいですね。この後には私も大好きな「南十字星」(1975年)を発表してますからね。

代表曲でもある「いつまでも若く」(Forever Young)がA面最後とB面最初に2ヴァージョン入っていて、A面が耳慣れたゆったりしたテンポの方で、B面がアップテンポですね。名曲です。

バックの演奏が気になる所ではありますが、アルバム最後を飾るアコースティック・ギターのみの曲「ウェディング・ソング」(Wedding Song)は、演奏と歌に臨場感があって、とても感銘を受ける印象深い曲です。

ザ・バンドの演奏でディランを聴く事ができて、ちょっと得した気分、というのが正直なところで、聴き方が浅すぎかな。
こうなると当然、「地下室(ザ・ベースメント・テープス)」も聴きたくなりますよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでPlanet Waves - ボブ・ディランをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ボブ・ディラン プラネット・ウェイヴズ Forever Young ザ・バンド

欲望/ボブ・ディラン

このブログで3枚目となるボブ・ディランのアルバムです。
前回、ベスト・アルバムを手にして、やはりオリジナル・アルバムをきちんと聴きたいと思ったのですが…。

これだけの人だと、アルバムは持っていなくても、ラジオやら何やらで、様々な曲が色々と耳に入ってくるもので、特にディランがロックに傾倒してからは、バターフィールド・ブルース・バンドやザ・バンドと一緒にやっているので、そういう方向からいつのまにか結構聴いていたものでした。

それでも、なかなかアルバムには手が出ないんですよね。
で、登場するのが、

欲望」(Desire

欲望1976年発表。
何故、この偉大なミュージシャンの数多くのアルバムから、このアルバムを選んだかと言うと…。
実はこれ、学生のときの先輩の持っていたレコードなんですが、そんなに好きならと譲ってもらったものなんです。

ちなみに時期的に、1974年にはザ・バンドとツアーを行っていて(そのライブ盤が「偉大なる復活」)、その後の「血の轍」「地下室(ザ・ベースメント・テープス)」に続いて出されたアルバムですね。

で、このアルバムですが、
あまりイメージがなかったのですが、ディランのスタジオ・アルバムの中でもベスト・セラーとなったアルバムなんですね。

「ハリケーン」「モザンビーク」「サラ」等、力強くも哀愁漂う曲調が多く、バイオリンが印象的に使われています。

ボブ・ディランは聴き込んでいる訳ではないのですが、このアルバムで聴かれるサウンドは他のディランのものと比べて、異色に聴こえます。
実際、初めて聴いたときはちょっと戸惑いました。

エミルー・ハリスがこのアルバムに参加していて、これをきっかけに売れ出したようですね。
コーラスがいい感じです。

ディランも色々ありますね~。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでDesire - ボブ・ディランをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ボブ・ディラン 欲望 Desire ハリケーン

ボブ・ディランのベスト・アルバム

前回に続いて、ボブ・ディランです。
ボブ・ディランのアルバムは高校生の頃でも、既にかなりの枚数が発表されていたので、いざ買おうとする時に、いったいどのアルバムを選ぶか迷ってしまいます。

前回の「追憶のハイウェイ61」なんかは、歴史的名盤として名高く、マイク・ブルームフィールドが参加していたりするので、手が出しやすかったのですが…。

そういう時は、やはりベスト・アルバムでしょうか。
で、手に入れたのが、タイトルそのままのベスト・アルバム、

ボブ・ディラン」(Bob Dylan

ボブ・ディラン GRAND PRIX 20これは、日本編集のベスト盤で、1976年にCBSソニーから出された、「GRAND PRIX 20」というシリーズのものです。

発売が1976年なので、収録曲はこの時までに発売されているアルバム「欲望」までからの選曲ですが、A面B面各10曲、計20曲という、アナログレコードとしてはかなり多い収録曲数です。

おかげで、フォーク時代のアコースティック・ギター1本で歌われる曲から、エレクトリック・ギターに持ち替えてロックよりになった曲まで、一般によく知られているメジャーな曲の多くを聴く事が出来て、ボブ・ディラン入門としては良かったかもしれません。
収録曲はここでは省きますね。

ただ、曲順が年代順になっておらず、時代と共に移り変わっていった、ディランの音楽を感じる事は残念ながらできません。
そもそも、このベスト・アルバムはスタジオ・アルバムだと17枚からのベストということですから、ちょっと時代の範囲が広すぎて無理がありますかね。

これだけ影響力の強い偉大なミュージシャンとなると、アルバムごとの作品としての時代性や特長を知るためにも、やはりオリジナル・アルバムをきちんと聴きたくなりますね。

といっても、いっぱいあるからなぁ~、ディランのアルバムは…。


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆iTunes StoreでBob Dylanをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ボブ・ディラン ベスト Bob Dylan

追憶のハイウェイ61/ボブ・ディラン

何だか、年が明けてしまっていますが…。
このブログに来ていただいている皆様、
昨年中はありがとうございました。今年もよろしくお願い致します。

という訳で、本年度1枚目のつぶやきは、このブログ初登場、大御所ボブ・ディランです。

といっても、ここまでキャリアが長くて偉大なミュージシャンとなると、つまむ程度にしか聴いていない者が、そのキャリアやアルバム詳細についてどうのこうの言うのはおこがましく思ってしまいますね。

が、個人的には、やはりまずこのアルバムでした。

追憶のハイウェイ61」(Highway 61 Revisited

追憶のハイウェイ611965年発表の歴史的名盤ですね。

ディランがギターをエレクトリック・ギターに持ち替えて、賛否両論を巻き起こし、ロックとの融合とか、フォーク・ロックの先鞭をつけたとか、歴史的にも大きな分岐点になったアルバムなんでしょうね。

「ライク・ア・ローリング・ストーン」はほんとに名曲ですよね。

個人的には何と言っても、メンバーにアル・クーパーとマイク・ブルームフィールドの名前がありますからねぇ。
正直にいうと、フォーク関連は高校生の頃はほとんど聴いていなかったので、どちらかというと当時良く聴いていた、ブルース・ロック系から非常に興味があったといっても良いかもしれません。

「トゥームストーン・ブルース」等で、マイク・ブルームフィールドのギターとか結構効いてますよね。

ただ、アルバム中唯一のアコースティックによる、最後の曲「廃墟の街」も何だか気になりました(長い曲ですが)。
アコースティックのボブ・ディランもちゃんと聴きたくなりました。

この時代に、実際にディランを聴いていて、このような状況に出会っていたら、いったいどのように感じたんだろうかと想像してしまいます。
もの凄い衝撃だったのでしょうね。

あまり突っ込むと、ボロがでるのでこの辺にしておきます(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでHighway 61 Revisited - ボブ・ディランをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ボブ・ディラン 追憶のハイウェイ61 ライク・ア・ローリング・ストーン

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。