スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライヴ・アライヴ/スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル

この人のギターを聴いたら、熱くならずにはいられませんね。
今回は、テキサス・ブルースマン、スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブルの、

ライヴ・アライヴ」(Live Alive

ライヴ・アライヴ1986年発表の2枚組のライブ・アルバムです。

時期的には、3作目「Soul to Soul」(1985年)の後になり、選曲は過去の3作からと、プラスして「迷信」等のアルバム未収録の3曲が入っています、

ライブはやっぱり迫力ありますね、豪快に弾きまくってますし、歌いまくってます。ここまで、やってくれると壮快ですね。
バンド自体のテンションも非常に高くて、聴いていて気持ちいいです。
前作からキーボードが参加してるんですね。それにより音に厚みというか、変化をもたらしてます。

人気のある曲、「プライド・アンド・ジョイ」や「ヴードゥー・チャイル」等は、当然盛り上がっていて、演奏も素晴らしいのですが、その他も、例えば「メアリー・ハッド・ア・リトル・ラム」なんて、カッティングだけでも凄くて、こちらまで力が入ってきますからね。

“マイ・ビッグ・ブラザー”と紹介される、兄のジミー・ヴォーンが4曲で参加しているのも嬉しいですね。
何だか演奏が楽しそにも聴こえます(でも弟は弾きまくってます)。

1985年に来日していますが、観る事ができなかったので、当時、初めて聴くスティーヴィー・レイ・ヴォーンのライブでした。
なので、もの凄く楽しみにして聴いたのですが、まったく裏切らない、想像していた以上の迫力、臨場感、ギターの弾きっぷりに、完全に引き込まれてしまいましたね。
(実際は薬物等で体調は良くなかったとも聞きますが、それでもです)

元々、奔放でワイルドなギターが魅力なので、ライブは本領発揮で最高ですね。

残念ながら、アルバム3作目「Soul to Soul」のレコードは持ってないんですよね(CDがあったと思うのだが…、見当たらない…)。
スティーヴィー・レイ・ヴォーンがこの世に残したアルバムをきちんと聴かないとダメですね。

ライブを観たかったな~。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

CDでは最後の曲「Life without You」がカットされているのでしょうか?


◆iTunes StoreでStevie Ray Vaughan & Double Troubleをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル ライヴ・アライヴ Stevie Ray Vaughan

Couldn't Stand the Weather(テキサス・ハリケーン)/スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル

前回に続いて、スティーヴィー・レイ・ヴォーンです。
本当に、ギター、特にブルース・ギター好きにはたまらないですよね、この人は。

で、次に登場するアルバムが、スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブルの、

Couldn't Stand the Weather」(テキサス・ハリケーン

テキサス・ハリケーン1984年発表の2作目ですね。
デビュー・アルバムの勢いそのままに、ご機嫌に弾きまくってます。

ただ、デビュー・アルバムは荒々しく奔放なギターがとにかく魅力で、アルバム通して一気に突き進んでいる感があるのに対し、こちらは、そのご機嫌なギターに加えて、曲としてのアレンジも効いていて、バラエティにも富んでいる感じでしょうか。

ジミヘンの「ヴードゥー・チャイル」なんかもやってますが、かなりの迫力ですね。
そういえば、ギターを聴くと、ジミヘンぽいところもありますね。

それにしても、ストラトを自在に操るそのギターは本当に凄いですよね。
どうやらエレクトリック・ブルースの頂点とまで言われているようですからねぇ。
その影響力はもはやブルース・ギターという枠にさえ留まらないギタリストではないでしょうか。

ストラトがトレードマークですが、フライングVも使っているのはアルバート・キングからも影響を受けているからだという話は、何だかちょっとうれしい話でした。(何と言っても私もアルバート・キング好きですからね)

最も影響を受けたのは兄のジミー・ヴォーンにという事なので、是非、ジミー・ヴォーンのファビュラス・サンダーバーズも聴いてみたくなりました。

それにしても、凄いギタリストが出てきた~、と大喜びして聴いていた当時は、もちろんその後に悲劇が起こるなんて事は思ってもいなかったんですがねぇ…。
重ね重ね残念です。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでCouldn't Stand the Weather (Legacy Edition) - Stevie Ray Vaughan & Double Troubleをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : スティーヴィー・レイ・ヴォーン テキサス・ハリケーン

Texas Flood(テキサス・フラッド~ブルースの洪水)/スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル

印象としては、突如出現した、もの凄いギタリストです。
デヴィッド・ボウイのアルバム「レッツ・ダンス」に参加した話は有名ですが、私の範囲外だったので、そちらはちょっと耳にしただけでした。

で、どこでそのギターを耳にしたのかは…、覚えてません…。
が、当時、そのギターは衝撃をもって伝えられていたと思います。
そして手にしたのが、スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブルの、

Texas Flood」(テキサス・フラッド~ブルースの洪水

テキサス・フラッド1983年発表のデビュー・アルバムを輸入盤で手にしました。

どちらかというと、ブルース系のアルバムは、さかのぼって過去のアルバムを一生懸命追いかる事が多かったのですが、いきなり現在進行形で登場したもんで、ビックリと言うか、大喜びと言うかで、うわ~、本格的に凄い!というのが正直な感想で、すぐにハマりました。

とにかく、スピード感一杯に豪快に弾きまくっているので、無茶苦茶スカッとしますね。

何だか、手が大きそうで、力がありそうで、ギターの弦も太そう(.013からのセットらしい)で、ストラトキャスターから繰り出されるその音は何とも力強く、自由自在ですね。

それに、トリオというのが、何だか妙にロック好きの心をくすぐりますよね。
加えて言うなら、テキサス出身というのもブルース好きの心を…、ですね(笑)。
最高です。

それにしても、なんでこういうこれから先が楽しみだ~、という人が(に限って)、悲劇にあうんでしょうか。
1990年8月27日のヘリコプターの墜落事故で満35歳で亡くなっています。残念です…。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでTexas Flood (Legacy Edition) - Stevie Ray Vaughan & Double Troubleをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : スティーヴィー・レイ・ヴォーン テキサス・フラッド Texas Flood ストラトキャスター Stevie Ray Vaughan

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。