スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースより/トム・ペティの歴代アルバムを、米国の音楽サイトがランク付けしてたので参考までに

Damn the Torpedoes

個人的に所有しているレコードについてつぶやいている当ブログですが、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズで所有しているアナログ・レコードについては、実はもう全部掲載しちゃってます。

その中で、年代的には1987年のレット・ミー・アップが最後になるんですが、もちろん、その後もアルバムはCDで発表されてます。

さて、そんなトム・ペティの歴代アルバムを、米国の音楽サイトStereogumがランク付けしたというニュースがありました。
トム・ペティの歴代アルバムを米サイトStereogumがランク付け - amass

そのニュースによると、順位は次のようになってました。
15. The Last DJ (2002)
14. Mojo (2010)
13. Let Me Up (I've Had Enough) (1987)
12. Highway Companion (2006)
11. Hypnotic Eye (2014)
10. Into The Great Wide Open (1991)
09. Southern Accents (1985)
08. Echo (1999)
07. Hard Promises (1981)
06. Long After Dark (1982)
05. You're Gonna Get It (1978)
04. Full Moon Fever (1989)
03. Tom Petty And The Heartbreakers (1976)
02. Wildflowers (1994)
01. Damn The Torpedoes (1979)
トム・ペティの歴代アルバムを米サイトStereogumがランク付け - amass


あくまで、そのサイトでのランキングですが、1位の「Damn The Torpedoes」は、確かに私もかなり好きなアルバムです。
全体的には初期のアルバムが上位に入ってますね。

個人的には、スタジオ盤ではなくて、ライブ・アルバムの「Pack Up The Plantation - Live!」が好きだったりするんですがね(汗)

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズといえば、アメリカを代表する大御所のロックバンドなのに、日本では何故か爆発的な人気はあまり感じられませんが、個人的には、シンプルでストレートで、時にルーツ・ミュージックを取り入れた懐の深いサウンドは、かなり好きなんですよね。


スポンサーサイト

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ トム・ペティ 歴代アルバム Tom Petty

レット・ミー・アップ/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

アメリカを代表するロックバンドのトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズで、トム・ペティも大御所といった感じですが、何だか日本ではそれほどの人気を感じられないんですよね。

トム・ペティの独特のつまったような声質にもよるのかな〜、なんてことも思いますが、個人的にはそのシンプルなバンドサウンドをベースにした、時にストレートで、時に味わい深いサウンドはかなり好きで、初期のアナログ盤もそこそこ揃えて聴き込みました。で、今回のアルバムは、

レット・ミー・アップ
Let Me Up (I've Had Enough)

レット・ミー・アップ1987年発表のアルバムです。輸入盤を手にしました。
「サザン・アクセンツ」(1985年)の後にライブアルバム「パック・アップ・ザ・プランテーション-ライヴ」(1986年)が出て、その後のアルバムになりますね。
スタジオ盤としては7作目になります。

プロデュースはトム・ペティとマイク・キャンベル。
ちょうどこの頃の1986年に、バンドはボブ・ディランのバック・バンドとして活動している時期です。

アルバムは「ジャミン・ミー(Jammin' Me)」の軽快なナンバーから始まりますが、全体的にキャッチャーで粒ぞろいうの印象的な曲が多いですね。

B面2曲目のミディアムナンバー「オール・ミックスト・アップ(All Mixed Up)」はちょっとチープなキーボードも聴いていると染みてきて、何だか黄昏れちゃいます(笑)
こういう曲も、このバンドの持ち味ですよね。

最後のアルバムタイトル曲「レット・ミー・アップ-Let Me Up (I've Had Enough)」もシンプルで、渋いスライドギター等を織り交ぜて実にロックしてます。

商業的にはどうだったのか分からないですが、ストレートながらもでバラエティに富んだサウンドは聴き飽きず、結構気に入っているアルバムです。

ちなみにこの後、トム・ペティはボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共にトラヴェリング・ウィルベリーズを結成したり、1989年には初のソロ・アルバム「フル・ムーン・フィーヴァー」を発表したりと、しばしソロの活動が続きますね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズをチェックする。

◆iTunes StoreでTom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ レット・ミー・アップ Tom Petty & The Heartbreakers Let Me

ロング・アフター・ダーク/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

アルバム「破壊」(1979年)でその人気を確固たるものとし、アメリカを代表するロック・バンドとなった、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ。次の「ハード・プロミス」(1981年)に続いて出されたアルバムが、

ロング・アフター・ダーク(Long After Dark)

Long After Dark1982年発表の5作目。中古の国内盤を手にしました。

まず、アルバムを聴いてみると、よりストイックな感じで、クールとも言える印象を受けます。
前作で時折見せていた、落ち着いた感じの音はほとんど聴かれません。

とはいえ、本作でもトム・ペティとハートブレイカーズの一体感は見事で、バンドとしての完成度はさすがに高いです。
ただし、このアルバムから、ロン・ブレアに代わってホウイー・エプスタインがベースに加わってます。

収録曲では、アルバム最初から「A One Story Town」「You Got Lucky」と、続けて印象的な曲が並んでいて、続くA面3曲目の「Deliver Me」は結構好きな曲ですね。

更に、A面4曲目の「Change Of Heart」も、って感じで、続くどの曲でもストレートでしなやかなロックを聴かせてくれています。

これまでより一層シンプルでスリリングなアメリカン・ロックとも言えそうですが、ちょっと緊張感ありすぎかも(汗)
アルバム最後の「A Wasted Life」だけは、ちょっとエキゾチックな、しんみりした曲ですね。

人気を決定づけた前々作「破壊」から、前作「ハード・プロミス」、そして本作と、ジミー・ アイオヴィンとトム・ペティとの共同プロデュースになっていますが、確かにサウンド的には一貫した、ストレートなロックですよね。

ただ、実際のところは分かりませんが、個人的には、ちょっと手詰まり感が漂っている気がして、それがこのアルバム全体の、ストイックでややクール(悪く言えば地味)な印象に結びついている感じもしています。

この後、期間が空いて1985年に、サウンドをやや変化させて、バラエティに富みつつも南部の香りも漂う「Southern Accents」が発表されるのを考えると、本作が一区切りのアルバムと言えるのかもしれませんね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでLong After Dark - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ ロング・アフター・ダーク

ハード・プロミス/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

聴きだした頃は、勢いのある、シャープでストレートなアメリカのロッカー、ってイメージでしたが、今やすっかりアメリカを代表する大御所ミュージシャンですね、トム・ペティ。
今回のアルバムは、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの、

Hard Promises

Hard Promises1981年発表の4作目で、中古の輸入盤を手にしました。
前作「破壊(Damn The Torpedoes)」の大ヒットでその人気を確かなものにし、それを受けての本作ですね。

アルバムを通して聴くと、まず感じるのが、どちらかというと、それまでのノリのよい疾走感のあるサウンドというよりは、繊細で落ち着いた感じの(悪く言えば暗い)音作りに聴こえます。
曲によっては、そこから味わい深さも伝わってきますね。

ただ、バンドが生み出す、ロックン・ロールやフォーク・ロックをベースにした、シンプルでストレートなアメリカン・ロックというサウンドは変わりなく、力強く、且つ、しなやかなサウンドも相変わらずです。

収録曲では、アルバム1曲目の「The Waiting」がまずはいい曲で、ギターのリフを含めて、じわじわ効いてくる感じで、ライブでも演奏される本作の代表曲ですね。

ノリのよいロックンロール・ナンバーでは、A面5曲目の「Kings Road」やB面2曲目の「A Thing About You」といったところでしょうか。

B面1曲目の「Letting You Go」なんかの、ちょっと切なさも感じさせる、素朴な曲調は個人的に好きですね。

アルバムの中で特に印象的なのが、B面3曲目のスティーヴィー・ニックスとのデュエット曲「Insider」。

スティーヴィー・ニックスは言わずと知れた、フリートウッド・マックのメンバーですが(ソロ活動を開始した頃ですね)、そもそも2人の声質がかなり特徴的なので、このミディアム・ナンバーもかなり印象的です。

アルバムは、これまたなかなか染みてくるナンバー「You Can Still Change Your Mind」で締めくくってます。

で、毎回言ってますが、トム・ペティの鼻にかかった粘っこく、時にダミ声のヴォーカルには好き嫌いがあるようですが、ハートブレイカーズと共に生み出す、そのアメリカン・ロックは、結構懐が深く、かなり気に入ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでHard Promises (Reissue Remastered) - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ ハード・プロミス

破壊/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

今やアメリカを代表する大御所のロック・ミュージシャンですね。トム・ペティ
その人気を決定づけた、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのアルバム、

破壊Damn The Torpedoes)」

破壊1979年発表の、実質、出世作となった3作目のアルバムですね。
全米2位になり、初のプラチナ・レコードとなってます。

収録曲では「逃亡者(Refugee)」と「ヒア・カムズ・マイ・ガール(Here Comes My Girl)」がマイク・キャンベルとの共作で、後は自身によるもので、相変わらずソングライターとしても素晴らしいですね。

純粋なロックン・ロールやフォーク・ロックにルーツ・ミュージックのエッセンスを加えて、勢いのあるサウンドを作り上げています。

その2曲と「危険な噂(Don't Do Me Like That)」は、シングルとしてもヒットしてますね。
って、残念ながら、私はリアルタイムでは記憶にはないんですよね~

バンドとしてのハートブレイカーズの演奏も安定感抜群で、シンプルでストレートなアメリカン・ロックに、深み、厚みが加わってきてます。
マイク・キャンベルのギターは、スライドも含めていいですね。

毎回言ってますが、トム・ペティの鼻にかかった粘っこいヴォーカルは好みが分かれるんでしょうね(笑)
ただ、しなやかなポップ感覚に、力強いロック・スピリットも兼ね備えたそのサウンドは、今も尚、色褪せないですね。

それと、この頃から、何とも心に染みてくる、素朴なサウンドを時折聴くことができます。
このアルバムでは、最後の「ルイジアナ・レイン(Louisiana Rain)」なんかは良い曲ですよね。

当時、確かにこのアルバムは良く売れていて、このジャケットもよく目にしました。
といっても、私がこのアルバムを手にしたのは、もうちょっと後になってからで、持っているのは国内再発盤ですがね。

ライナー・ノーツによると、このアルバムは年間通して、ピンク・フロイドの『ザ・ウォール』、イーグルスの『ロング・ラン』、マイケル・ジャクソンの『オフ・ザ・ウォール』、ビリー・ジョエルの『グラス・ハウス』に続くアルバムだったそうですよ。

ちなみに、このアルバムからレーベルが変わってるんですが、その前まで、契約に関するゴタゴタというか、問題が色々とあったようで、それを受けてのこのアルバムのヒットだったようですね。
アルバムのヒットには、ジミー・アイオヴァインのプロデュースというのも大きいようです。

その後もヒット・アルバムが続きますが、それらはまた今度ということで。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでDamn the Torpedoes / Hard Promises / Southern Accents - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ 破壊 Damn The Torpedoes 逃亡者

ユア・ゴナ・ゲット・イット/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

最終的には随分と聴き込んだんですが、初期の頃のアルバムは、やっぱりメディアやジャケットからのイメージですかね、何となしに手が出ませんでした。トム・ペティです。

このブログでも以前書きましたが、「Southern Accents」(1985年)あたりで、この人の(このバンドの)、実は懐の深いサウンドに気づきまして、改めて初期のアルバムをさかのぼって聴いたという訳です。
で、今回のアルバムは、

ユア・ゴナ・ゲット・イット
You're Gonna Get It

ユア・ゴナ・ゲット・イット!1978年にシェルター・レーベルから発表されたトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの2ndアルバムです。
国内盤の中古を手に入れました。

デビュ-・アルバムに続いて、このジャケットもやっぱり厳しいですよね。
ニュー・ウェイブ系か怪しい流行もののバンドに見えてしまいます(笑)

ただ、聴いてみると、やっぱり初期の頃から、アメリカン・ロックを純粋に表現してるんですよね。
どの曲も短くコンパクトで、音がシャープで若々しいです。

バンドとしてもストレートでシンプルな演奏で一体感がありますが、誠実すぎて余裕(遊び?)がない感じもしますかね。
まあ、若いんですから、余裕は必要ないですが、サウンド的には、まだまだ模索中といった印象も受けました。

相変わらず、甲高く鼻が詰まったような、粘っこいヴォーカルで、好き嫌いが分かれそうですが、1曲目の「ホエン・ザ・タイム・カムズ」やA面4曲目の「マグノリア」、B面1曲目「アイ・ニード・トゥ・ノウ」やB面2曲目「リスン・トゥ・ハー・ハート」等、印象的な曲が揃ってますね。
やっぱりトム・ペティはいい曲書きますね。

実際は、次のアルバム「破壊」(Damn The Torpedoes)でその人気を決定づけることになるのですが、それについてはまた今度。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでYou're Gonna Get It - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ ユア・ゴナ・ゲット・イット You're Gonna Get It

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのファースト

ちょっと鼻にかかった甘ったるい声が好みの分かれる所ですが、ポップなセンスも持ち合わせたストレートなロックが魅力のトム・ペティです。
今回はこのブログ3枚目ですが、このアルバムを、

Tom Petty & The Heartbreakers

Tom Petty & The Heartbreakers1976年発表のシェルター・レーベルからリリースされたトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのデビュー作ですね。
中古の輸入盤を手にしました。

トム・ペティの顔が映るジャケットを見たら、少なくともこのアルバムからアメリカン・ルーツ・ミュージックが香るとは思わないですよね。
その通りに、最初はニュー・ウェイブ系(もしくはパンク系)の扱いで、随分苦戦したようです。

ジャケットのトム・ペティを見ると、サラサラの金髪にちょっと引きつらした唇にこちらを見据える目…、不適にも、もの寂しくも見えるその表情ですが、いったい何を思うか…。1950年生まれなんで、この時まだ20代半ばですからね。

実際、このアルバムではまだまだシンプルなバンド・サウンド主体で、味わい深いとか、渋いとかとは距離のある音です。
ただ、そのサウンドはその後のトム・ペティが繰り出していくアメリカン・ロックの音を既に成していて、シンプルな分、単純でカッコいいです。

アルバムはA面1曲目の「Rockin' Around With You」からシャープな演奏が流れてきますね。
その後のライブで、観客が大合唱する「Breakdown」やお馴染みの「American Girl」を既にこのデビュー・アルバムで聴く事ができるんですよね。

デビュー・アルバムにして、トム・ペティのソングライターとしての力量を改めて感じます。いい曲です。

加えて、ハートブレイカーズの演奏が本当にハマってます。
フロントにトム・ペティがいるものの、演奏に一体感があり勢いがあるのもこのバンドの魅力ですね。
個人的にはマイク・キャンベルのギターが特に効いてるように思っています。

トム・ペティはフロリダ州ゲインズビルという南部出身とのことですが、やはりその後に、音楽性豊かに南部色を強めていく、そのサウンドのベースとなっているんですかね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでTom Petty & The Heartbreakers - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ ファースト Tom Petty & The Heartbreakers

Southern Accents/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

前も書きましたが、ニュー・ウェイブ系のように扱われた初期の頃のイメージが良くないんですよね。
けど、実際はそんな事は無く、今やアメリカを代表するロック・ミュージシャンで、その音楽性は懐が深いですよね。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズです。手にしたアルバムは、

Southern Accents

Southern Accents1985年発表のアルバムです。輸入盤を購入しました。

トム・ペティで最初に手にしたのは、1986年発表の「Pack Up The Plantation - Live!」ですが(記事はこちら)、そもそもトム・ペティの音楽が最初に気になり出したのは、このアルバムからの曲でした。

「Rebels」とか「Don't Come Around Here No More」、「Make It Better (Forget About Me)」等、どの曲もよく耳にしていましたし、ライブ・アルバムを聴いて更に気に入ってしまって、追っかけでこのアルバムを手にした訳です。

基本的にはストレートなロック・ナンバー主体ではあるのですが、いいんですよね、この人。
このアルバムに関してはバラエティに富んでいるとも言えますが、南部の音はもちろん、それらをベースにした様々なロックの創世記の音をリスペクトした音作りのように聴こえてくるんですよね。

相変わらず、鼻が詰まったような甲高い、ちょっと甘ったるい声でシャウトしてるんですが、やっぱりそれも含めていいですね。
この声質ゆえ、敬遠されるところもあるのでしょうが…。

アルバムの中では特に「Southern Accents」が大のお気に入りです。渋いです。
しみじみ聴いてしまうんですよね。

なんか、音楽に対する誠実さが感じられるとでも言うんでしょうか、それがバンドの音として出てきていて、こちらも惹き付けられるんですよね。
(それがかえってかっちりした印象にとられるところもあるようですが)
おっと、マイク・キャンベルをはじめとするハートブレイカーズの演奏も忘れてはいけませんね。

それにしても、トム・ペティはリッケンバッカーが似合ってるんですよね~。
結構、憧れてしまいました(笑)

実は、トム・ペティはこの後もかなりハマりました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSouthern Accents - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ Southern Accents トム・ペティ

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのライブ・アルバム「Pack Up The Plantation - Live!」

これまで出てきたミュージシャンと若干イメージが違うようにも感じられますが、おじさんの中では一緒なんです。

元々、トム・ペティはニュー・ウェイブ系のような扱いで登場してきたようですが、そもそも最初に耳にしたアルバムが1985年発表の「Southern Accents」からの曲で、渋い曲からポップな曲まであり、純粋にアメリカン・ロックをストレートに聴かせてくれるミュージシャンという印象でした。

で、最初に手にしたアルバムなんですが、その「Southern Accents」ではなくて、次に出たアルバムです。
トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの、

Pack Up The Plantation - Live!

Pack Up The Plantation: Live!1986年発売の2枚組のライブ・アルバムですね。

1曲目の、バーズの「ロックン・ロール・スター」からしてそうですが、そのバーズのカバーや南部の香りのする曲等もあったりして、この人の基本はやはりそこら辺、愛すべきアメリカン・ロックにあるのかなぁ、と再確認したものです。

何と言っても、ストレートなバンド・サウンドが魅力ですが、ちょっと鼻がつまったような甲高い声に、好みが分かれる所かもしれません。
しかし、それも含めて気に入ってしまいました。

レコードの中で観客が大合唱している「ブレイクダウン」なんかはライブの魅力いっぱいで、是非、スタジオ・ヴァージョンも聴いてみたくなりましたね。
それに、何と言ってもマイク・キャンベルをはじめとしたハートブレイカーズの演奏が臨場感たっぷりで良いですね。

このアルバムでもう一人、参加している人で気になる人物がいて、それが、スティービー・ニックス。

言わずと知れた、フリートウッド・マックのヴォーカリストですが、この頃は、ソロ活動を活発に行っていた時期のようですね。

フリートウッド・マック自体は、この時点では、アルバムは持っていなかったのですが、お決まりのカセット・テープでよく聴いていて、この人の歌声が好きだったんですよね。
トム・ペティとの掛け合いが、何ともハマっています。

トム・ペティは何だか気に入ってしまって、この後も結構聴く事になりました。
ただ、このライブ・アルバムは特別で、個人的に何故かしら聴くと元気の出るレコードで、勢いつける時によく聴いていました(笑)。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでTom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ Pack Up The Plantation トム・ペティ

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。