スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブルースの歴史」(書籍)

さて、随分と脱線し続けていましたが、またブルースの世界に戻ります。

何だか、学生の頃あたりから、ブルースに本格的にのめり込んでしまいまして、そもそも、どのようにブルースという音楽が誕生してきたのか、というところまで興味がいってしまいました。
奥が深すぎるので大変な事に興味を持ってしまったものです。
かなり無謀ともいえます…。

で、そのきっかけというか、決定打になった本が、確か高校生の時に買った本、

ブルースの歴史「ブルースの歴史」
(THE STORY OF THE BLUES)

ポール・オリヴァー(Paul Oliver)著
/米口 胡訳 晶文社

ブルースの事を色々知りたくなった頃、本屋さんで目にしたそのタイトルに惹かれて買ってしまったんですよね。
オリジナルは1969年で翻訳は1978年に初版が出されたようです。

ポール・オリヴァーはブルース研究の権威で、この本も歴史書として有名な本ですね。
二段組で文字が小さく三百数十頁にのぼる、読み応えあり過ぎの密度の濃いブルースの歴史書です。
特に黒人史を絡めて戦前のブルースの解説が詳しく、当時は熱心に読んでいて、まさにバイブルのようにしていましたね。

本も随分と汚れてしまっていて、今、改めて中を見てみると、ラインなんかが引いてあるくらいですから、頑張ってました(笑)
内容はほとんど忘れてしまい、読み返すパワーも今はちょっとないのですが、ブルースの世界を広げてくれたのは間違いありません。
(せっかくだから、読み返してみようかなぁ)

中で紹介されているブルースマン、当然ブルースの歴史に重要な役割を担った戦前ブルースマンが多いのですが、その人達の音を聴きたくて、随分とレコードを探しまわったものです。

もちろん、当時、地方でははほとんど手にする事はできなかったのですが、それでも、レコード店を巡る中でちょっとでも覚えている名前が出てきたら、真っ先に手にしたものです。

ということで、次回からは、その頃何とか手にした戦前ブルースのレコードについて、何枚か続けてつぶやきたいと思います。
(CDの時代になると、そういう古い音源も随分と発売されて、簡単に手に入るようになったんですよね)

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : ブルースの歴史 THE STORY OF BLUES ポール・オリヴァー

米国史の第一人者の訃報

昨日の新聞の朝刊に載っていました。

猿谷 要(さるや かなめ)氏の訃報。

アメリカ黒人解放史2011年1月3日死去、87歳。
東京女子大名誉教授で、黒人史を軸にした米国史研究の第一人者として活躍された方ですね。
特に詳しい訳ではないのですが、一冊だけ著書を読んだ事がありました。

アメリカ黒人解放史
(サイマル出版会 1968年初版)

学生の頃、かなりブルースにのめり込んでいて、その社会的背景まで知りたくなって手を出した本です。

恥ずかしながら、今はその頃の熱意はどこへやら、と言った感じで、本の内容も忘れてしまっているのですが、今回の訃報を知って、ふと当時の事を思い出したという次第です。

このブログの記事を書くにあたって、かなり久しぶりに聴くブルースのレコードもあるのですが、せっかくですから、当時の熱意を思い出しつつ、このような書籍関係も一緒に読み返してみようかなと思ったりしています。

猿谷 要氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : 猿谷 アメリカ黒人解放史

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。