スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Howlin' Wolf/ハウリン・ウルフ

何はともあれ、一度聴いたら耳から離れない、その印象的なダミ声ですよね。
絞り出すように、歪んだ歌声、まさに吠えるような迫力のブルースがたまらない、ハウリン・ウルフ。今回のアルバムは、

Howlin' Wolf(ハウリン・ウルフ)

Howlin' Wolf1962年発表の、チェスからの2枚目のアルバムですね。
但し、手にしたのは、1984年再発の中古の輸入盤です。

収録されているのは、1957〜1961年にレコーディングされたもので、全12曲。

ジャケット写真にはロッキン・チェアとアコースティック・ギターが写っていて素朴な印象ですが、内容は、ゴリゴリのエレクトリック・ブルースですね。

収録曲では、ローリング・ストーンズがカバーする「The Red Rooster」やクリームで知られる「Spoonful」といったブルースの名曲が収録されてます。

その他にも「Who's Been Talkin'」(ロバート・クレイがカバー)や「Wang Dang Doodle」、「Back Door Man」等、印象的な曲が並び、聴き応え十分です。

バックではギターのヒューバート・サムリンが鋭い、切れのあるギターを聴かせてくれてます。
ヒューバート・サムリンとは1950年代中頃から、最期まで相棒だったようですね。

さらに、キーとなるのは、やっぱりウィリー・ディクスンでしょうか。
ベースはもちろんですが、ほとんどの曲を手がけてます。

それらの曲は、普通に演奏すると結構モダンでシャレた曲調なんでしょうが、ハウリン・ウルフの荒々しい歌声にかかると、唯一無二の実に迫力のブルースとなりますね。

ハウリン・ウルフは1910年ミシシッピ生まれで、メンフィスを拠点に音楽活動を初めて、1952年にシカゴへ移ってます。

デルタから始まるそのディープなブルースは、エレクトリックのバンド・サウンドをバックに激しく吠えていて、この時代にして、ロッキン・ブルースとも言える強烈さですね。

このアルバムもまた名盤で、かなりのお気に入りです。
ハウリン・ウルフは1976年に満65歳で他界しています。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
ちなみに右のCDは「モーニン・イン・ザ・ムーンライト」と今回の「ハウリン・ウルフ」のカップリングですね。


◆iTunes StoreでHowlin' Wolfをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : Howlin' Wolf ハウリン・ウルフ

モーニン・イン・ザ・ムーンライト/ハウリン・ウルフ

名前はよく耳にしていました。ハウリン・ウルフ
是非、アルバムを聴いてみたいと思っていて、見つけたときは速攻買いでした。

モーニン・イン・ザ・ムーンライト」(Moanin' In The Moonlight

モーニン・イン・ザ・ムーンライト元は1959年 にChessから発表された、ハウリン・ウルフ初のアルバムですね。
1951~59年の作品集とのことです。

購入したのは、P-VINEから出された国内盤です(恐らく1983年発売です)。
嬉しいですねぇ、国内盤。ライナーノーツもあるので、ハウリン・ウルフについて知る事ができましたからね。
P-VINEさんには、この後も随分と再発盤でお世話になりました。感謝感謝です。

1曲目の「モーニン・アット・ミッドナイト」(Moanin' At Midnight)から、「ウ~~~ン」と唸り、吠えるようなヴォーカルが炸裂しています。凄い迫力。
強烈なダミ声は1度聴いたら忘れられませんよね。名前通りです。
B面1曲目の「イーヴル」(Evil)もきてます。

基本的にシンガーですが渋いハープも演奏していますね(ギターも弾くようです)。
ギタリストとしてウィリー・ジョンソンやヒューバート・サムリンの名前がありますが、ハウリン・ウルフのバックのギタリストは常に素晴らしい人がついていたようです。

ハウリン・ウルフは1910年生まれですが、1951年にデビューのようなので、遅咲きですね
ミシシッピ生まれで、デルタ・ブルースの巨人チャーリー・パットン(といっても、当時はまだ聴いた事がなかったですが)の伝統を直接受け継いだ、というか生徒だったようなので、基本はそこにあるのでしょうか。

メンフィスを拠点に音楽活動を初めて1952年にシカゴへ移ったということで、南部の伝統的デルタ・ブルースをシカゴでエレクトリック・サウンドにのせて爆発させたそのサウンドは、本当に強烈です。

本名のチェスター(・アーサー)・バーネット(Chester Arthur Burnett)はクレジットでよく目にします。
この人、かなり大柄なのにステージングも大迫力だったらしくて、観てみたかったですねぇ。

ハウリン・ウルフはロック好きにも絶対オススメですよね。
(1976年に満65歳で他界しています)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
ちなみに右のCDは今回の「モーニン・イン・ザ・ムーンライト」と「ハウリン・ウルフ」のカップリングですね。


◆iTunes StoreでMoaning in the Moonlight - Howlin' Wolfをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ハウリン・ウルフ モーニン・イン・ザ・ムーンライト チェスター・バーネット

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。