スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ウィンド・ウィスパーズ/松岡直也&ウィシング(追悼 松岡直也さん)

訃報です。
ピアニストで、作・編曲家の松岡直也さんが平成26年4月29日に亡くなったとのことです。76歳でした。

57周年記念 松岡直也 ザ・スペシャル “Hot & Unique” ライブ [DVD]

ジャズ・ピアニストでフュージョン・ミュージシャンとしても知られてますよね。
次にようなニュースになってました。
松岡直也さん(まつおか・なおや=ピアニスト、作曲家、編曲家)が4月29日、前立腺がんで死去、76歳。葬儀は関係者で行う。喪主は妻照子さん。

 日本を代表するラテン・フュージョン音楽家。バンド「松岡直也&ウィシング」によるライブや、アルバム制作など、60年以上にわたって活動した。中森明菜さんの歌う「ミ・アモーレ」の作・編曲を手がけ、同曲は1985年の日本レコード大賞に選ばれた。
ピアニスト松岡直也さん死去 「ミ・アモーレ」など作曲:朝日新聞デジタル


個人的には、随分と昔、それこそフュージョンというジャンルが大人気だった頃に、少しだけ聴いていました。

唯一持っているアナログ・レコードが、松岡直也&ウィシングのこれです。

ザ・ウィンド・ウィスパーズThe Wind Whispers)」

The Wind Whispers1979年の発売です。

松岡直也さんの他のキャリアは分からないのですが、このアルバムに関しては、ブラジルのサンバなどのラテン・ミュージックをベースに、様々なエッセンスを取り入れたクロスオーバーサウンドで、当時人気のあったまさにフュージョンですね。

私は今でこそ、ブルースだ古いロックだと言ってますが、当時はギターサウンドを追いかけて音楽を聴いていて、フュージョンなんかもよく聴いていたんですよね。
このアルバムも申し訳ないのすが、当初はメンバーでギターの大村憲司とゲスト参加の高中正義が聴きたくて手にした感じです。

1曲目の「A SEASON OF LOVE」から、その2人のギターの掛け合いが、軽快なサルサのリズムに乗って聴けるんですよね。
なかなか聴き応えあります。

2曲目の「MY WONDER LAND」なんかも高中正義のために書かれた曲とのことですから(ライナーノーツより)、ふんだんにギターがフィーチャーされてますし、以降も2人のギターはたっぷり聴くことができます。

ちなみに、この時のウィシングのメンバーがなかなかすごくて、ギターは先ほどの大村憲司、サックスには土岐英史、ドラムには村上秀一、当時はまだザ・スクェアの伊東毅(伊東たけし)と中村裕二(当時のベース)といった面々が名前を連ねています。

レコードに針を落とした当時に感じた、独特のピアノに導かれる心躍るような情熱あふれる演奏で、その中にもちょっと甘く哀愁を帯びたような表情豊かなフュージョンサウンドは、今も色あせないですね。

松岡直也さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


※オフィシャル・サイトにても、訃報が掲載されています。
サイトはこちら:「松岡直也オフィシャル・サイト | Naoya Matsuoka -The official

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでTHE WIND WHISPERS - 松岡直也&ウィシングをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : 松岡直也 訃報 松岡直也&ウィシング ウィンド・ウィスパーズ Wind Whispers

脱線~フュージョン高中正義5

いい加減にという感じですが、尚も脱線中です。
実は中学~高校生の頃、これまで出てきたような、ブルースやロックと並行して主に日本人のフュージョンもよく聴いていたんです。
※このブログの方向性とちょっと違うので、言い訳のため(笑)、この文章を最初に入れさせてもらってます。

引き続き高中正義さんの5回目です。長いですね(笑)

とまぁ、そのくらい高中正義さんにハマっていたわけですが、前回の「SAUDADE」に続いて出たのが、

CAN I SING?CAN I SING?

1983年発表。
このアルバムから打ち込みの音が曲によって聴かれるみたいですね。
「ジャンピング・テイク・オフ」や「キャン・アイ・シング……フォー・ユー」が人気の曲ですね。
ギターに鳥山雄二が参加していて、というか、この時初めて名前を聞いたのですが、気になるギタリストでアルバムを聴いたりもしました。

で、続いて出たのが、

夏・全・開夏・全・開

1984年発表。
まったくもって夏全開ですね(笑)
完全打ち込みサウンドで、何だか歌もの、特に女性ヴォーカル/コーラスが多いですが、なんたって、レコードの帯には「高中正義 and 楽園ガールズ」って書いてますからね(笑)。

ということで、ここまで5回にわたって長々と続けてきましたが、今回の簡単なつぶやきでも分かると思いますが、高中熱はこの辺りまで、というかここまででした。
実はこれ以降はまったく聴いてなくて知らないんです。
(高中ファンの方が楽しみに訪れていたら、すいませんです)

それに、個人的にはここまで聴いてきたものの、正直「JOLLY JIVE」以前のクリアなサウンドがやはり好きなんですよね。今さらって感じですが。

というか、結局フュージョンというジャンル自体、このあたりからまったく聴かなくなって、ロック、というかブルース方面まっしぐらになったんですよね。

ちなみに、言っておきますが、高中正義さんからブルースに向かったわけではないですよ。
最初にも書きましたが、並行してブルースなんかも一生懸命追いかけていたところで、フージョン系の方がこの段階でストップしたわけです。

といっても実はまだ、当時手に入れたフュージョン系のアルバムはあるのですが、このジャンルをあまり続けると、このブログのタイトル説明とあまりにかけ離れてきて、それらを期待して訪れてくれる方々をがっかりさせてしまいそうなので、今回はここまで。
ほとぼりが冷めた頃に(笑)、また脱線という形でつぶやきたいと思います。



※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Can I Sing? - 高中正義

夏・全・開 - 高中正義


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ

tag : 高中正義 CAN I SING? 夏・全・開

脱線~フュージョン高中正義4

現在、尚も脱線中です。
実は中学~高校生の頃、これまで出てきたような、ブルースやロックと並行して主に日本人のフュージョンもよく聴いていたんです。
※このブログの方向性とちょっと違うので、言い訳のため(笑)、この文章を最初に入れさせてもらってます。

引き続き高中正義さんの4回目です。

ALONE前回の超話題作「虹伝説」に続いて出たのが、

ALONE

これも1981年発表。それにしても多作ですね。
「SPEED OF LOVE」や「ALONE」といった曲が人気があったでしょうか。
前作の勢いそのままに高中ワールドが展開されていますが、歌にボコーダーを使ったりして、遊び心が結構感じられます。

ALONEビニール盤ちなみに、このアルバムの初回盤は45転のフィルム・レコード付ということで、またしても釣られてしまいました(笑)。

「WHITE LAGOON」という曲でBLUE LAGOONとクリスマス・ソングのメロディがスロウに奏でられています。

その後、ライブ盤「OCEAN BREEZE」(1982年。これは持っていません)をはさんで発表されたのが、大ヒットした、

SAUDADE(サダージ)

SAUDADE1982年発表。
このアルバムはかなり人気があるようで、傑作と押す人も多いようですね。
タイトル曲「サダージ」がやはり代表曲ですよね。
B面1曲目の「チル・ミー・アワー」とかも面白いですし、良い曲が揃ってますね、このアルバムは。

全体的にのびのびと楽しそうに演奏しているのが音から伝わってきますよね。その点がそれまでのアルバムとはちょっと違う感じもします。
レコーディングはサンフランシスコで、プロデューサー・ドラムにナラダ・マイケル・ウォルデン、バックにはT.M.スティーブンスやパーカッションにシーラ・Eなどが参加していて、そういった環境にもよるんでしょうね。

いや~、それにしても、こうやって順を追って聴いていくと、本当に凄い勢いですね、高中さんは。

このブログのタイトル説明をみて訪れた方には、内容違いになってしまい本当に申し訳ありません。
が、高中正義さんはまだ続くんです。

毎回この言葉を書いていますが、「それにしても、おじさんはこういうのも聴いていたんですよねぇ」



※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Alone - 高中正義

Saudade - 高中正義


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ

tag : 高中正義 ALONE SAUDADE サダージ

脱線~フュージョン高中正義3

現在、ちょっと脱線中です。
実は中学~高校生の頃、これまで出てきたような、ブルースやロックと並行して主に日本人のフュージョンもよく聴いていたんです。
※このブログの方向性とちょっと違うので、言い訳のため(笑)、この文章を最初に入れさせてもらってます。

引き続き高中正義さんの3回目です。

前回の「T-WAVE」からしばらくすると、30cm45回転盤という、まあ、4曲入りのミニアルバムというのでしょうか、そんなのまで登場しました。

FINGER DANCIN'

FINGER DANCIN'これも、「T-WAVE」と同じ1980年の発表ですからね、凄い勢いです。
コンプレッサーが効いたペキペキのファンキーなカッティングと、同じくコンプレッサーが効いて太く歪んだメロディーを奏でるギターとのサウンドがどの曲も人気があって、ギター小僧はこぞってコピーにいそしんだものです。
懐かしい…。

そういえば、高中正義さんがよくヤマハSGに差し込んでいたコンプレッサー、Dan ArmstrongのORANGE SQUEEZER。
ちなみに私も買いました…。
それで、その気になったりして(笑)。

さて、その「FINGER DANCIN'」に続いて出たのが、

虹伝説/THE RAINBOW GOBLINS

虹伝説1981年発表の話題作ですね。
このアルバムはギター小僧には極めつけでしたね。
絵本をもとにしたという2枚組のアルバムですが、高中正義さんの魅力満載のギター・アルバムですよね。

ファンタジー映画音楽のようなオープニングから始まり、物語を語るナレーションが入ってから曲が始まるという、何とも「虹伝説」の世界観を表現した見事なコンセプト・アルバムとなっていますよね。

「ザ・サンセット・バレー」や「サンダー・ストーム」など、人気のある曲ばかり詰まってます。
“ゴブリン、ゴブリン…”から始まる「セヴン・ゴブリンズ」や、「ユー・キャン・ネヴァー・カム・トゥ・ディス・プレイス」が弾く事ができるギター少年は尊敬の眼差しで見られたものです。
私は弾けませんでしたが…。

ギターも歪んだ音からクリアなものまで使い分け、相変わらずの小気味良いカッティングも気持ちよく、高中ギター・ワールド全開です。

このアルバムにあわせての全国ツアーも話題になっていて、私も見に行ってしまいました。
アルバムを忠実に再現したステージだったと記憶しています。
見ごたえ、聴きごたえがあり、随分と楽しんだのを思い出します。

個人的には、この時が、高中熱が最高潮だったような気がします。
かなり熱中していたんですよねぇ(笑)。

このブログのタイトル説明をみて訪れた方には、内容違いになってしまい本当に申し訳ありません。
が、高中正義さんはまだ続きます。

それにしても、おじさんはこういうのも聴いていたんですよねぇ。今回、久しぶりに聴いているんですが、本当に懐かしいです。



※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Finger Dancin' - EP - 高中正義

虹伝説 -The Rainbow Goblins- - 高中正義


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ

tag : 高中正義 FINGER DANCIN' 虹伝説 THE RAINBOW GOBLINS

脱線~フュージョン高中正義2

現在、ちょっと脱線中です。
実は中学~高校生の頃、これまで出てきたような、ブルースやロックと並行して主に日本人のフュージョンもよく聴いていたんです。
※このブログの方向性とちょっと違うので、言い訳のため(笑)、この文章を最初に入れさせてもらってます。

前回に続いて高中正義さんの2回目です。

前回書いたような感じで、気にってしまった高中正義さんですが(あれ?急に「さん」付けになっている)、前回のベスト盤「All Of Me」と持っていない「JOLLY JIVE」(ともに1979年)が出た頃、もう1枚、Baccoというバンド名義で出しているアルバムがありました。

CHA CHA ME」/Bacco

CHA CHA ME発表は同じく1979年となるわけですが、ギター・ソロの音はサスティーンが効いて歪んでいて、どちらかというとロック色の強い、ちょっとオシャレでポップなバンド・サウンドになってます。
このバンドを結成した経緯まではちょっと分からないです。どうしたんだろう、急に…。

A面最後の「セヴンティーン・アンド・ブルー」でサディスティック・ミカ・バンドの「黒船」のギター・ソロが丸々入っていて、なかなかいい感じです。

そして、ライブ盤を1枚はさんで(そのライブ盤「SUPER TAKANAKA LIVE」は持ってません)、1980年に発表されたのが、

T-WAVET-WAVE

このアルバムもヒットしましたね。
目覚まし時計のオープニングが印象的で、軽快なギターが楽しい「EARLY BIRD」はよく聴きました。

そして、裏ジャケットにも写っていますが、ギターが青いヤマハSGに(ラグーンブルーというのかな)。
ギターの音も太く、歪んだハードなものに完全に変わっています。
A面最後の「クリスタル・メモリーズ」なんかを聴くと、なんだか、サンタナの音に近くなってきたような…。

T-WAVE青レコード盤ちなみに、初回盤はブルーのレコード盤となっていました。
こういう小ネタに当時は食いついてしまっていたんですよね。お恥ずかしい…。

この頃は怒濤の勢いですね。人気もありました。
こういうギターのインスト・アルバムに、当時はやっぱり惹かれたんですよねぇ。

このブログのタイトル説明をみて訪れた方には、内容違いになってしまい申し訳ないのですが、高中正義さんをもうちょっと続けます。

それにしても、おじさんはこういうのも聴いていたんですよねぇ。やはり懐かしいです。



※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Cha Cha Me - BACCO(高中正義) & 高中正義

T-Wave - 高中正義


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ

tag : 高中正義 Bacco CHA ME T-WAVE

脱線~フュージョン高中正義1

ここらでちょっと脱線させてもらいます。
実は中学~高校生の頃、これまで出てきたような、ブルースやロックと並行して主に日本人のフュージョンもよく聴いていたんです。
※このブログの方向性とちょっと違うので、言い訳のため(笑)、当分この文章を最初に入れさせてもらいます。

当時は一応ギター小僧だったので、とにかくギターを中心としたものを何でも追いかけていたのですが、フュージョンというジャンルが流行ってたんですよね。で、色々手を出したんですが、まずはきっかけになったのがこの人、

高中正義

そもそもそのきっかけというのは、パイオニアのスピーカーのCMで耳にした曲「RAEDY TO FLY」と「BLUE LAGOON」。
何だか気持ちいいギターだなぁ、と耳に残りました。

で、それが日本人の「高中正義」というギタリストだと知り飛びついた訳です。
フュージョンの先駆けかもしれませんね、この人のギターによるインストは。
早速購入したのは、1979年発表の2枚組のベスト盤。

高中正義ベスト・セレクション
All Of Me

All Of Meそれ以前には、
「SEYCHELLES」(1976年)
「TAKANAKA」(1977年)
「An Insatiable High」(1977年)
「BRASILIAN SKIES」(1978年)
といった、ソロ・アルバムが既にリリースされていて、それらからのベストですが、メロディーを奏でるギターがなんとも心地よくて、気に入ってしまったんですよね。
「RAEDY TO FLY」もアルバム最後に入っていました。

ちなみに、この後に定番になるヤマハSGを使っての歪んだハードな音より、この頃のクリアなサウンドの方が好きですね。

このアルバムを購入した時点では、確か既にCM曲の「BLUE LAGOON」が収録されているアルバム「JOLLY JIVE」(1979年)が発表されていたのですが、この人を聴くきっかけにもなった肝心のそっちのアルバムは持ってないんですよね。
それ以前のアルバムも含めて、いつものようにカセットテープで一生懸命聴いていたという訳です。

それにしても、夏で、トロピカルで、爽やかですよね。
当時は、これと並行してブルースなんかも一生懸命追いかけていたとは、ちょっと極端ですかね。
ちなみにサディスティック・ミカ・バンドにいたというのは、後になってから知りました。

おじさんはこういうのも聴いていたんですよねぇ。懐かしいです。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする
All of Me - 高中正義

Jolly Jive - 高中正義


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ

tag : 高中正義 All Of Me ベスト・アルバム

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。