スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1981.12.19 ライブ・アット・武道館/柳ジョージ&レイニーウッド

訃報です。
柳ジョージさんが、2011年10月10日に腎不全のため死去とのニュースが流れました。
享年63歳とのこと。早いですよね。

柳ジョージ&レイニーウッドの「雨に泣いてる」を聴いたのは、もう中学生になっていた頃でしょうか。
初めて聴いた時にかなり耳に残って、いったいどんなミュージシャンなんだろうと思いましたね。

和製クラプトンなんて呼ばれてますが、その頃私は洋楽を中心に聴きだした頃で、まさにクラプトンなんかを追いかけていた頃だったので、初めてテレビで見た時は、ホントにクラプトンとそっくりだ~と思ったものです。

ただ、当時、黒いストラト持って、渋いギータと歌を聴かせてくれるミュージシャンがテレビに出るなんてことがあまりなかったんで、結構釘付けでしたね。
実際、ギターも歌も、そして曲もかっこ良かったですよね。

随分と聴いてなかったのですが、訃報を耳にして、久しぶりに引っ張りだしてきたアルバムは、

1981.12.19 ライブ・アット・武道館

1981年12月19日の武道館での、柳ジョージ&レイニーウッドの解散公演の模様を収めたライブ・アルバムです。
(これは弟所有のアルバムです)

1981.12.19 ライブ・アット・武道館収録曲は、A面が
「テネシー・ワルツ」
「ツゥイストで踊り明かそう」
「本牧綺談」
「ブライト・ライト・イン・ザ・シティ」
「青い瞳のステラ、1962年 夏…」

B面は、
「雨に泣いてる」
「酔って候」
「さらばミシシッピー」
「プリズナー」

このアルバム、針を落とすと「アンコール行きま~す!」という掛け声から始まるんですよね。
アルバム1曲目にアンコール曲を持ってくるという構成にしていて、その曲「テネシー・ワルツ」はアップ・テンポにソウルフルにスカッと歌い上げてます。

「青い瞳のステラ 1962年夏‥」なんか、今改めて聴くと、グッときますね~

B面はヒット曲メドレー。
「雨に泣いてる」はもちろん、どの曲も久しぶりに聴いたのですが、懐かしくも良い曲で、色褪せないですね。

これは、ジャパニーズ・ブルーズン・ソウルです。

柳ジョージさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで1981・12・19-LIVE AT BUDOKAN- - 柳ジョージ&レイニーウッドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : 柳ジョージ&レイニーウッド 1981.12.19 ライブ・アット・武道館 訃報

黒船/サディスティック・ミカ・バンド

前回まで脱線ながらも高中正義特集だったので、その関連という事で。

高中正義さんを追いかけていた高校生の頃、元々参加していたバンドだということで気にはなっていたのですが、もちろんどんなサウンドかは知りませんでした。サディスティック・ミカ・バンドです。
で、レコード店で見つけて買いました。

黒船

黒船1974年発表でしょうか。買ったのは中古の国内盤です。
サディスティック・ミカ・バンドとしてはセカンドアルバムですね。

メンバーが、加藤和彦・ミカ・高橋幸宏・小原礼・今井裕・高中正義。う~んすごいです。
プロデューサーのクリス・トーマスも有名なんですよね(よく知りませんが…)。

このアルバム、完成度が高くてセンスが良くて、本当に素晴らしいですよね。

黒船(裏)当時、日本のロックというのはあまり聴いてなかったんですが、この時代に日本にもこんな凄いバンドがいたんだと、嬉しくなったのを思い出します。
(これをきっかけに、日本のロックも少しは聴くようになりましたからね)

ファースト・アルバムがロンドンで評判となり逆輸入という形で日本でも評価されたというのは有名な話ですが、まだまだ当時の日本にこの音を受け入れる下地がなかったんでしょうかね。
やはり加藤和彦氏がすごいんでしょうね。

曲はどれも良いですが、「黒船」のメドレーはかなり好きです。
「タイムマシンにおねがい」は当時から好きでしたが、2006年に木村カエラをボーカルに迎えてCMに出てきたときは、食いついてしまいましたねぇ。実はCDも買っちゃいました。
(そういえば、桐島かれんをヴォーカルに迎えてアルバムを出した事もありましたね)

サディスティック・ミカ・バンド関連のアルバムで持っているのは残念ながらこの1枚のみですが、2009年に加藤和彦氏の訃報を聞いた時には、改めてこのアルバムを聴いたものです。

最後の曲の「さようなら」が何だか心にしみます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで黒船 - サディスティック・ミカ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : サディスティック・ミカ・バンド 黒船 加藤和彦 高中正義

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。