スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォー・エヴリマン/ジャクソン・ブラウン

アメリカを代表するシンガーソングライターとして、大きな影響力を持つ、ジャクソン・ブラウン
ウェストコースト・ロックとして語られる事も多いですね。で、今回のアルバムは、

フォー・エヴリマン」(For Everyman

フォー・エヴリマン1973年発表のセカンド・アルバムですね。

中古の輸入盤を手にしました。う~ん、輸入盤なので、この人の場合、歌詞が分からないのは残念ですね。

ファースト・アルバムに比べると、シンガーソングライターとはいえ、サウンド的にはバンドとしてのアプローチが目立ちますね。

収録曲では、グレン・フライとの共作で、イーグルスのデビュー・アルバム1曲目に収められた、お馴染みの「テイク・イット・イージー(Take It Easy)」がセルフカヴァーという形で、こちらもアルバム1曲目に収められてますね。

A面5曲目の「青春の日々(These Days)」は味わい深いですね~
この曲もセルフカヴァーで、グレッグ・オールマンによるアレンジにインスパイアされているとの事ですが、すいません、そちらのバージョンは分かりません。

B面1曲目の「レッド・ネック・フレンド(Red Neck Friend)」は、アルバム中唯一とも言えるロックンロール調のノリのいい曲ですね。
この曲で聴かれる軽快なピアノは、ロッカデイ・ジョニーという偽名で参加している、エルトン・ジョンだそうですよ。

デヴィッド・リンドレーが参加しているのですが、これがジャクソン・ブラウンと共演した初のアルバムで、この後盟友となるんですね。
スライドを含めて、全編に渡って聴く事ができるデヴィッド・リンドレーのギターはいいですね。

デヴィッド・クロスビーがコーラスで参加している、アルバム最後のタイトルにもなっている「フォー・エヴリマン(For Everyman)」も、らしいと言いますか、ミディアムテンポの染みてくる素晴らしい曲です。

正直に言いますと、アコースティック感と、フォーク・ロック的な要素が強い初期のサウンドは、聴いた当時は、退屈な音楽と感じていたかもしれません。
あと、イメージ的にちょっと難しそうな印象もありましたしね。

ただ、今は、派手さはなくても、切々と歌い上げるスタイルと、その素朴なアコースティックなサウンドの一曲一曲が、実に染みてくるんですよね~
年のせいなのか、よく聴きます(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでFor Everyman - ジャクソン・ブラウンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : ジャクソン・ブラウン フォー・エヴリマン テイク・イット・イージー

ジャクソン・ブラウン・ファースト

ジャクソン・ブラウンを初めて聴いたのは、このブログで前回出てきた、8作目の「ライヴズ・イン・ザ・バランス」(1986年)と、随分と後になってからです。

イーグルスへの楽曲提供等でそれ以前から名前だけは耳にしていたのですが、改めて初期のアルバムを手にしました。

ジャクソン・ブラウン・ファースト
Jackson Browne

ジャクソン・ブラウン・ファースト1972年発表のイーグルスと同じくアサイラム・レコードからのデビュー・アルバムです。
輸入盤を手にしました。

シンガーソングライターとして、大きな影響力を持ち、本来は歌詞の素晴らしさが特に評価されているのですが、輸入盤ですし、英語もちょっとですし…。何とも残念です…。

サウンドは、ウェストコースト・ロックの香りのする曲もありますが、基本的にはアコースティックな肌触りの音作りで、デビュー・アルバムということもあってか、瑞々しくて素朴な感じが強いですね。

シンプルなサウンドの分、かえって歌声が心に染みてきます(歌詞は分かりませんが…)。
ロングトーンの時の声がいいですよね。哀愁を帯びていて。

個人的に、どうしても目が行ってしまうのが、参加ミュージシャン。
ギターではアルバート・リー、クラレンス・ホワイト、そしてこのアルバムからのヒット曲である「ドクター・マイ・アイズ」では、ジェシ・デイヴィスが弾いてますね。
コーラスではデヴィッド・クロスビーの名前も見られますね。

正直に言いますと、最初はシンガーソングライターという呼び方、それに誠実な感じが今ひとつ“聴かず嫌い”なところがあったのですが、聴いてみると、かなり心に響いてきて、やっぱりじっくり聴きたい音楽ですね、この人は。

となると、もちろんこの後のアルバムも聴きたくなる訳ですが、それはまたそのうちに。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJackson Browne - ジャクソン・ブラウンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ジャクソン・ブラウン・ファースト Jackson Browne

ライヴズ・イン・ザ・バランス/ジャクソン・ブラウン

このブログでは初登場です。
アメリカを代表するシンガーソングライター、ジャクソン・ブラウン
購入したのは、

ライヴズ・イン・ザ・バランス
Lives In The Balance

ライヴズ・イン・ザ・バランス1986年発表の国内盤を新譜で購入。

実はこれは弟所有のアルバムです(弟所有はこれまでも何枚か出てきちゃってますね)。
ジャクソン・ブラウンの8作目ですが、聴くのは初めてでした。

イーグルスなどに楽曲を提供していたのは知っていたのですが、何か取っ付きにくい印象がありました。
何だか固いイメージがあったんですよね(実際にそういう部分はありますが)。

特にこの作品あたりから、政治的・社会的な内容の曲が多くなってきたそうで、アルバムの売り上げも落ちてきたとか。
確かに、何とはなしに重い空気が流れているような…。

「シェイプ・オブ・ア・ハート 」(In The Shape Of A Heart)や、やはりアルバム・タイトル曲の「ライヴズ・イン・ザ・バランス」(Lives In The Balance)が印象的ですね。
歌詞の内容はメッセージ性が強烈です。

サウンド的にはストレートで、バックの演奏も、リバーブやエコーが強めでシンセが後ろで鳴っているという、この時代っぽいですね。
ギターには、デヴィッド・リンドレー、ダニー・コーチマー、それにスティーヴ・ルカサーらが参加しています。音はハードですね(個人的には歪みすぎかな)。

実はこの後、ジャクソン・ブラウンは一時聴かなくなるんですが、以前の作品を聴くようになってからですね、この人の魅力を再確認できたのは。

その後、さかのぼって過去の作品を随分と聴く事になります。
そのうちにまたこのブログに登場します。

ジャクソン・ブラウンの音楽は、じっくり向き合って聴きたい音楽ですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでLives In the Balance - ジャクソン・ブラウンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ジャクソン・ブラウン ライヴズ・イン・ザ・バランス シンガーソングライター

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。