スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Strong Persuader/ロバート・クレイ

1980年頃から新世代を担うブルースマンとして登場したロバート・クレイ
新しく若手の黒人ブルースマンが現れるということは珍しかったので、当然気にはなっていました。
で、手にしたアルバムは、

Strong Persuader

Strong Persuader1986年発表。購入したのは中古の輸入盤です。
このアルバムがロバート・クレイの人気を確固たるものにしたんですよね。

特にアルバム1曲目の「Smoking Gun」はブルースとしては異例の大ヒットを記録し、一気に第一線のブルースマンとして名が知れた感じでしょうか。

コンテンポラリー・ブルースともいわれるそのブルースは、シンプルながらもインパクトがあり、洗練されたそのサウンドはそれまでのブルースとは違い、何とも新鮮でした。

アタックが効いたクリアなストラトのギターはとにかくカッチョいいです。
ヴォーカルもしなやかで力強く、いいですよね。

アルバム自体、ブルースというジャンルにこだわらなくても、素晴らしい内容なのではないでしょうか。
大ヒットしたのも納得です。
(どっぷりとブルースに浸かりたい人にはちょっと、という感じですがね)

黒人ブルースマンですが、ビートルズ、ジミ・ヘンドリクスといったロックで育ちで、ブルースはその後という、アメリカにおいてもそういう世代になっているんですよね。ちょっと興味深い話ですね。
ブルースマンではアルバート・コリンズの影響を受けているとの事です。

そういえば、スタイルは全然違いますが、スティーヴィー・レイ・ヴォーンと同じ頃に出てきたんですね。
当時は純粋にブルースという音楽の魅力を伝える、新しい世代だったんですよね、この人たちは。

若手で、現在進行形で大活躍するロバート・クレイは、当然、この後も気になるブルースマンになりました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでStrong Persuader - Robert Crayをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : ロバート・クレイ Strong Persuader Smoking Gun Robert Cray

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。