スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライヴ・ワイアー/ジェフ・ベック

前回に引き続きジェフ・ベックです。
前作「ワイアード」の発表後に行われたライブを収録したアルバムです。

ライヴ・ワイアー
Jeff Beck With the Jan Hammer Group Live

ライヴ・ワイアー1977年発表です。

ライブは1976年に行われたもので、アルバムの英語のタイトルを見て分かるように、ヤン・ハマー・グループとのジョイント・ツアーの模様を収めたものです。

ヤン・ハマーは「ワイアード」に参加してますね。
というか、基本的にはヤン・ハマー・グループのライブという感じなんですかね。

全7曲中、ベックのアルバム「ブロウ・バイ・ブロウ」と「ワイアード」からの曲が4曲。
残り3曲がヤン・ハマー・グループの曲で、ヴォーカル入りもあります。

ベックのアルバムからの4曲は「フリーウェイ・ジャム 」(Freeway Jam)、「シーズ・ア・ウーマン」(She's a Woman)、「スキャッターブレイン 」(Scatterbrain)、そして「蒼き風」(Blue Wind)ですね。
やはり、個人的にはこの辺りがシビレますね~。

最初は、あの曲をライブでできるのか?って感じでしたが、やってますよやってますよ。
ガンガン弾いてます。
それにヤン・ハマーとのやり取りが相変わらず凄いですね。

アルバム通して、ベック一人が際立つというより、ヤン・ハマー・グループと全体とで激しく演奏が展開しています。
ヤン・ハマー・グループの演奏がベースになっているせいか、サウンドは基本ファンキーですかね。

スタジオ・ヴァージョンのキッチリした感じはないですが、ライブならではの勢いと緊迫感が伝わってくる演奏は、なかなか聴きごたえあります。

まぁ、個人的には、スタジオ・ヴァージョンの完成された演奏の方が好きなんですが、ライブの臨場感はそれとは別物ですからね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJeff Beck With the Jan Hammer Group Live - Jeff Beck with The Jan Hammer Groupをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : ジェフ・ベック ライヴ・ワイアー ヤン・ハマー・グループ

ワイアード/ジェフ・ベック

ギター少年は必聴だった、ロック・ギター・インスト・アルバムの名盤ですね。
というか、もう古典ですね。ジェフ・ベックの、

ワイアード」(Wired

ワイアード1976年発表です。
アルバム自体を手にしたのは、もうちょっと後になってからですね。

このブログで先に出てきた、これまたギター少年必聴の名盤「ブロウ・バイ・ブロウ」(1975年)に続いて出されたアルバムです。

前作もインストのアルバムで、サウンド的には前作と同じ流れですが、よりハードで、よりギターの可能性を追求したような、当時としてはかなり衝撃を受けたのを思い出します。

文句無しの格好良さですが、残念ながら、ギター少年がコピーできるレベルの物ではなかったです(笑)

参加メンバーには、ヤン・ハマー(シンセサイザー)やナラダ・マイケル・ウォルデン(ドラムス)がいて、特にヤン・ハマーはギターとのやり取りで印象的な演奏を聴かせてくれています。
プロデューサーは前作に続いてジョージ・マーティンですね。

1曲目の「レッド・ブーツ」(Led Boots)から圧倒的な勢いでギターが迫ってきます。
人気のあるB面1曲目の「蒼き風」(Blue Wind)はヤン・ハマーと2人による怒濤の演奏が圧巻ですね。

最後の曲「ラヴ・イズ・グリーン」(Love Is Green)はアコースティックも使ったミディアム・テンポの曲ですが、ほとんどの曲が攻撃的で、ギターを中心にしながらも各楽器が激しくバトルしてますね。

サウンドとしては、フュージョンといった色合いが強いとも言われますが、とにかくベックのギターが凄いんで、やっぱりロックです。

まぁ、渋さが見当たらないという話もありますが、そいういうことは置いといて、このアルバムの場合は、単純にこのギターの勢いに身を任せるのが良いかと。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWired - ジェフ・ベックをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ジェフ・ベック ワイアード

ブロウ・バイ・ブロウ/ジェフ・ベック

前回書いたTV番組「ワールド・スーパー・ライブ 完全保存版!伝説のギタリスト」を結局観てしまっています。

一夜目の3大ギタリスト大特集で、クラプトンとJ・ベックは最近の映像で、J・ペイジはツェッペリンの映像でしたが、中でも久しぶりに観たジェフ・ベックがかっこ良かったですね。

番組中にゲストのCharさんと野村義男さんも言ってましたが、本当に若い。そして、相変わらずアームの使い方が独特で凄いですね。

ブロウ・バイ・ブロウ演奏の中で、特に「哀しみの恋人達」が懐かしくて、早速「ブロウ・バイ・ブロウ」を引っ張りだして聴きました。(邦題が「ギター殺人者の凱旋」って…)

このアルバムは1975年リリースですが、私が購入したのは中学か高校生の時なので、もうちょっと後ですが(年がばれますね)、この頃にインストのロックアルバムは新鮮だった記憶があります(インストと言えばベンチャーズでしたから)。

今聴いてもかなりかっこ良いですね。
「スキャッターブレイン」のリフとかはギター少年達憧れのリフでしたが、結局ほとんどまともに弾けなかったですね。

このアルバムには別の思い出があって、1曲目の「分かってくれるかい」のところにキズを付けてしまった事です。
今も、針飛びは免れているものの、1曲目にいきなり「プチッ、プチッ」っとノイズが入り、当時かなりショックを受けた事を思い出します。

それもアナログレコードならではですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

※画像等を追加しました(2011.1.12)

◆iTunes StoreでJeff Beckをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ジェフ・ベック ブロウ・バイ・ブロウ

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。