スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェスト・サイド・ソウル/マジック・サム

1950年代後半から60年代にかけてオーティス・ラッシュ、バディ・ガイらとともにシカゴ・ブルース・シーンの新世代として登場して活躍したものの、32歳の若さでこの世を去ってしまった、マジック・サム

手にしたアルバムは、これも名盤といわれます。

ウェスト・サイド・ソウル(West Side Soul)

ウェスト・サイド・ソウル1967年、デルマーク・レコード(Delmark)(トリオ)からリリースされた、アルバムとしてはデビュー作になります。
中古の国内盤を手にしました。

ジャケットには、マジック・サムズ・ブルース・バンド(Magic Sam's Blues Band 又は Magic Sam Blues Band)と表記されていて、メンバーにはマイティ・ジョー・ヤング(ギター)らの名前があります。

しなやかで力強いヴォーカルに、スリリングでエモーショナルなギターと、マジック・サムのブルースは、ディープではあるものの、とにかくカッコいいんですよね。
モダン・シカゴ・ブルースなんて呼ばれますね。

1曲目の「That's All I Need」から、明るいソウル調の曲で、あれ?っと思ったものの、続く2曲目のミディアム・テンポの「I Need You So Bad」では一転、雰囲気たっぷりに濃厚なブルースを聴かせてくれ、1曲目との落差もあって、一気に引き込まれます。

A面3曲目の「I Feel So Good (I Wanna Boogie)」やB面4曲目の「Lookin' Good」(インスト)ではジョン・リー・フッカのような、迫りくるブキを聴かせてくれます。

A面4曲目「All Of Your Love」や、B面2曲目「I Found Me a New Love」等のミディアム・ブルースは、ギターもさることながら、細かくビブラートして高音で伸びるボーカルが真骨頂で、なかなか聴き応えがあるんですよね。

B面1曲目はお馴染み「Sweet Home Chicago」で、色々なブルースマンの演奏を聴きますが、この人の演奏は抜群で個人的にもお気に入りです。

マジック・サムのギターはソロはもちろんですが、ソロからバッキングに移ってからの、そのバッキングが独創的でカッコ良かったりします。

B面5曲目のマイナー・ブルース「My Love Will Never Die」(何だかコードが怪しい演奏部分もあったりするのは、まあ愛嬌ですね)に続き、次の軽快な「Mama, Mama-Talk To Your Daughter」でアルバムを締めくくってます。

アルバム通して聴くと、曲調はバラエティに富んでいて、個人的には何度聴いても飽きがこず、マジック・サムのギターと歌をたっぷり楽しめるアルバムですね。
って、久しぶりに聴いたんですけどね(^^;;

生前にリリースしたアルバムはこのアルバムとセカンドの僅か2枚のみなんですが、セカンド・アルバム「Black Magic」(1969年)は残念ながら所有してません。

※所有しているマジック・サムのライブ盤の記事はこちら→「マジック・サム・ライブ

1937年2月14日生まれ、 1969年12月1日に心臓発作により32歳という若さで亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでマジック・サムをチェックする。

◆iTunes StoreでWest Side Soul (Original Analog Mix Version) - Magic Samをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : マジック・サム Magic Sam ウェスト・サイド・ソウル West Side Soul

マジック・サム・ライブ

この人を同時代に聴いていたブルース好きは、相当熱列なファンが多いようです。
なので、1969年にこの人の突然の訃報を聞いた時の空虚感もかなりのものだったようです。

1950年代から60年代にかけてオーティス・ラッシュ、バディ・ガイらとともにシカゴ・ブルースの新世代として活躍した、マジック・サムです。
私は、当然後になってから聴きました。まず手にしたのは、

マジック・サム・ライブ
Magic Sam Live

マジック・サム・ライブ1981年にリリースされたライブ盤ですね。名盤といわれています。
1963年と64年のシカゴの小さな黒人クラブ「アレックス」での演奏と1969年のアン・アーバー・ブルース・フェスティバルを収録した2枚組です。

1枚目がシカゴのクラブでのライブで、ファッツ・ドミノで知られる「Every Night About This Time」やフレディ・キングの「Tore Down」等、ギラギラした演奏を聴く事ができます。
サックスには、あのA.C.リードの名前もありますね。

録音状態が~云々、等と言っている場合ではなく、こんなもの凄い熱気の中での生々しい音を聴く事ができる事が素晴らしいのです。
当時のクラブにおける、ノンフィクションのブルース実況録音盤という趣で、臨場感にワクワクします。

2枚目の1969年のアン・アーバー・ブルース・フェスティバルのライブは更に圧巻です。
一万人もの観衆の前で繰り広げられたという、エネルギーほとばしる、堂々たる演奏は最高です。

しかも、これがトリオの演奏とは…。
ちなみに、ドラムのサム・レイは会場で助っ人として頼んだらしい。で、この演奏ですからね。

疾走感抜群、そして感情溢れ出るギター。細かくヴィブラートしてシャウトする、しなやかで力強いヴォーカル。聴きごたえ充分です。

「I Feel So Good(I Wanna Boogie)」は演奏の勢いが伝わってきて、レコードを通して聴いているこちらも熱くなってきます。
有名な「Sweet Home Chicago」もこの人の演奏は断然カッコいい~!
アルバム最後の方は「I Got Papers On You,Baby」に「Looking Good」と、怒濤のパフォーマンスが続きます。
これぞ、シカゴ・モダン・ブルー・ギター。

実際のライブから12年経って実現したこのPヴァインによるレコード化は、生前の活躍を知るファンにとっては本当に待望のものだったようですね。
それにしても、生前にリリースしたアルバムはたった2枚ですからね。

これだけ素晴らしいミュージシャンなのに、1969年12月1日に心臓発作により32歳という若さで死亡とは、何とも残念です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでマジック・サムをチェックする。

◆iTunes StoreでLive! - Magic Samをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : マジック・サム ライブ Magic Sam

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。