スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

On the Border/イーグルス

何となく、西海岸系列のミュージシャンが続いているので、その流れで、今回はこちらの大御所バンド、イーグルスです。

ここまで、偉大なバンドになると、正直私がどうのこうの言うことはないんですけどね(笑)

オン・ザ・ボーダー」(On The Border

オン・ザ・ボーダー1974年発表の3枚目ですね。中古の国内盤を手にしました。
レーベルはロサンゼルス拠点のアサイラムから。

以前、このブログでは「イーグルス・ファースト」(1972年)が登場してますが、残念ながら、2枚目の「ならず者(Desperado)」(1973年 )は持ってません。

この時期は、それまでのカントリー・ロック中心から、よりハードな、そしてポップなロックへと、サウンドが移行しつつありますね。
アルバムも、その両面が聴くことの出来る作りとなっています。

まあ、そのせいかイーグルスのアルバムの中では、どちらかというと影の薄いアルバム、との評も時折目にしますが、なんのなんの。

A面1曲目の軽快な「Already Gone(過ぎた事)」から、アルバム最後の全米No1ヒットを獲得した名曲「The Best Of My Love(我が愛の至上)」まで、実にいい曲が並んでいます。

A面4曲目のバーニー・レドンが歌う、カントリー・タッチのしみじみしと染みてくる「My Man(マイ・マン)」、
アルバム・タイトルにもなっているA面5曲目の、ハードでファンキーな「On the Borde(オン・ザ・ボーダー)」、
B面2曲目のちょっと黄昏れてしまう「Ol' 55(懐かしき'55年)」等々、
美しいハーモニーは相変わらずで、どの曲も印象的ですね。

リンダ・ロンシュタットのバックバンドに参加した、グレン・フライ、ドン・ヘンリー、ランディ・マイズナー、バーニー・レドン(バーニー・リードンとも表記されるようです)によって1971年に結成されたイーグルスですが、このアルバムで、ギターにドン・フェルダーが参加してますね。
その後、メンバーに正式に加わってます。

B面4曲目の「Good Day In Hell(地獄の良き日)」では、そのドン・フェルダーのスライド・ギターをたっぷり聴くことが出来ますし、このハードさは、その後のイーグルスのサウンドを表すような演奏ですね。

やはり、イーグルスは良いですね〜


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでOn the Border - イーグルスをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : イーグルス オン・ザ・ボーダー On the Border The Best Of My Love

イーグルス・ファースト

言わずと知れたアメリカを代表するロック・バンド、イーグルスの記念すべきデビュー・アルバムですね

イーグルス・ファースト」(Eagles

イーグルス・ファースト1972年発表。国内盤の中古を手にしました。

このブログでは、先にベスト・アルバムが登場してますが、実際最初に聴いたのもそのベスト・アルバムでした。
でも、やはりオリジナルのしかもデビューアルバムとなると、どうしても聴きたくなって、このアルバムを追っかけ手にしたわけです。

そもそも、リンダ・ロンシュタットのバックバンドに参加した4人、グレン・フライ、ドン・ヘンリー、ランディ・マイズナー、そしてフライング・ブリトー・ブラザーズにもいたバーニー・レドン(バーニー・リードンとも表記されるようです)によって1971年に結成された、というのは有名な話ですよね。

レーベルはリンダ・ロンシュタットが所属していた、ロサンゼルスを拠点としていたアサイラム・レコードからです。

既に、このデビュー・アルバムから、素晴らしい楽曲が並び、4人全員がリードボーカルをとり、抜群のコーラスワークを聴かせてくれています。ホントに素晴らしい。

カントリー・フレーバー溢れる、爽やかで、時にリラックスした乾いたサウンドは、ウエスト・コースト・ロックのイメージそのものとも言えます。

収録曲ではやはり、グレン・フライがジャクソン・ブラウンと共作した、アルバム1曲目の「テイク・イット・イージー(Take It Easy)」が代表曲となるのでしょうね。

他にも、A面2曲目の「魔女のささやき(Witchy Woman)」やB面4曲目の「ピースフル・イージー・フィーリング(Peaceful Easy Feeling)」といった人気の曲も、既にこのデビュー・アルバムに収められてるんですよね。

ただ、バーニー・レドンのバンジョーがフューチャーされた、B面3曲目「早起き鳥(Earlybird)」なんかが、初期のイーグルスのサウンドとして特徴的と言えるのかもしれません。

この後、ご存知のように、徐々にハードな音も加わってロック色を強くしていくわけですが、初期の頃のカントリー・ロック色の強いサウンドもかなり魅力的です。

というか、イーグルスの初期の音は、個人的にはかなり好きですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEagles - イーグルスをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : イーグルス Eagles イーグルス・ファースト テイク・イット・イージー

グレイテスト・ヒッツ 1971-1975/イーグルス

説明不要のイーグルスですが、初期のものはまず最初にこのベスト・アルバムを聴きました。
但し、誰からだったか忘れましたが、レコードを借りていつものカセット・テープで聴いてたんですよね。
なので、実際にレコードを手にしたのは、後になってからなんです。

グレイテスト・ヒッツ 1971-1975
Their Greatest Hits 1971-1975

グレイテスト・ヒッツ 1971-19751976年発表の大ヒットしたベスト・アルバムですね。
もちろんロサンゼルスを拠点としていたアサイラム・レコードからです。

収録曲は、
1972年「イーグルス・ファースト」(Eagles)
1973年 「ならず者」(Desperado)
1974年 「オン・ザ・ボーダー」(On The Border)
1975年 「呪われた夜」(One Of These Nights)
以上からの選曲です。

ギターのバーニー・レドン(バーニー・リードンとも表記されるようです)が在籍時までのものとなりますね。

このベスト・アルバムは本当によく聴きました。
ヒット曲満載で、初期(前期と言った方がいいかな?)のイーグルスの魅力が凝縮されていて、個人的には入門として最適でしたね。
実際にセールス的にも爆発的に売れたようです。

収録曲等の内容詳細については省略しますが、まだまだカントリー色の強いものから、ロック色が強くなってくる曲までと変化も見られますが、とにかく、キャッチーなメロディ・ラインに美しいコーラス、完成度の高い演奏は初期の頃から抜群ですね。

ウェストコースト・ロックといえば、まず名前が上がるイーグルスですが、それ以上に、ロックの歴史の中で見ても偉大なバンドです。

この後に、ジョー・ウォルシュが加入して、世界的大ヒット・アルバム「ホテル・カリフォルニア」が発表される訳ですね(なのに持っていない…)。
それを考えると、区切りのベスト・アルバムになってるんですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
今は「The Complete Greatest Hits」なるものもちゃんとあるようですね。


◆iTunes StoreでTheir Greatest Hits 1971-1975 - イーグルスをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : イーグルス グレイテスト・ヒッツ 1971-1975

イーグルス・ライヴ

何とも抜けていると言うか、何と言うか。
肝心要のアルバム「ホテル・カリフォルニア」は気がつけば所有してないと言う、残念な状態なんです…。

イーグルスは随分と聴いていたつもりではいたんですが、以前のアルバムも含めてカセットテープでという、いつものパターンなんですよね。
けど懐かしいです。中学生の時に知り合いから「ホテル・カリフォルニア」を借りて、カセットテープで一生懸命聴いたのを。

で、イーグルスのアルバムとして手にしたのが、

イーグルス・ライヴ」(Eagles Live

イーグルス・ライヴ1980年発表のイーグルスとしては初のライブ・アルバムで2枚組ですね。
発表としてはアルバム「ロング・ラン」(1979年)の後になりますが、収録は1976年と1980年のライブからです。

1曲目の「ホテル・カリフォルニア」から最後の「テイク・イット・イージー」までベスト・アルバムとなる選曲で、イーグルスのサウンドをライブで堪能できます。

ジョー・ウォルシュのソロからの「この人生に賭けて」が、アルバムの中ではライブとしてちょっとハードで、いいアクセントになっているのではないでしょうか。

演奏は見事に完コピです。
それはそれで本当に凄いですよね。演奏はさることながら、コーラスなんかも完璧ですからね。

けど、それってスタジオ・ヴァージョンがいかに完成度が高いかという事ですよね。
それとそれをステージで再現できる素晴らしさ。
アルバムでは、その完成度をライブの熱気と演奏の臨場感を感じながら聴く事ができるんですから、これはたまりません。完璧最高です。

ここで、いちいち説明するのもヤボですし、どうのこうの言える程、詳しくありませんが、イーグルスは1971年に結成し、このブログでも時々出てくるロサンゼルスを拠点としていたアサイラム・レコードからデビューしていて、ウェストコースト・ロックといえば真っ先に名前が挙がる、歴史的にも本当に偉大なバンドですよね。

それに、こうやって年代を見ると随分と昔から活躍してるんですよね。

とにかくイーグルスは楽曲が本当に素晴らしいです。
ベスト・アルバムとなる選曲と言いましたが、これを聴くと、やはり初期のカントリー色の強い頃のサウンドもちゃんと聴きたくなりますよね。

結局、この後さかのぼることになるんです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEagles Live - イーグルスをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : イーグルス ライブ Eagles Live

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。