スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Searchin' For A Rainbow/マーシャル・タッカー・バンド

このバンドのサウンドは、カントリー・フレーバーを漂わせながらも、何だかアメリカの広大な風景を思い起こさせます。
マーシャル・タッカー・バンドで、今回のアルバムは、

Searchin' For A Rainbow

Searchin' For A Rainbow1975年発表の4thアルバムで、キャプリコーンから出されています。
中古の輸入盤を手にしました。

元々このバンドは、サザン・ロックではあるのですが、カントリー・ロックと言った趣も強いですよね。

1曲目の「Fire On The Mountain」から、いかにもというサウンドを聴かせてくれます。
トイ・コールドウェルのスティール・ギターと、やはりジェリー・ユーバンクスのフルートが印象的ですね。

アルバム2曲目は、カントリー・テイスト溢れるアルバム・タイトル曲の「Searchin' For A Rainbow」。
この曲のギター・ソロはディッキー・ベッツで、ちょっとですが、らしいギターを聴かせてくれてますよ。
フィドルには、このバンドと関わりの深いチャーリー・ダニエルズが参加しています。

A面4曲目の「Virginia」も、ちょっと黄昏れてしまうような、壮大な曲ですね。
B面1曲目の「Bob Away My Blues」のちょっとムーディなブルース風サウンドなんかも面白いですね。

アルバム最後の「Can't You See」は、デビュー・アルバムに収録されていたヒット曲で、この曲のみ1974年のライブからです。
さすがにサザン・ロック・バンド。ライブは迫力の演奏で、聴きごたえがありますね。

全体的に、メロディーはよりキャッチーな感じもしますが、スケールの大きいサウンドは健在です。

このバンドのこのアルバムに限ったわけではないのですが、サザン・ロック・バンドの多くが、非常に美しいメロディやコーラスを聴かせてくれますよね。
それが、演奏の雄大さ、広大さ、時に激しさと合わさって、独特の美しさを聴かせてくれます。
な~んて、ふとそんなことを考えてしまいました(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSearchin' For A Rainbow - The Marshall Tucker Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : マーシャル・タッカー・バンド Searchin' For A Rainbow トイ・コールドウェル

Where We All Belong/マーシャル・タッカー・バンド

良く言われますが、この、マーシャル・タッカー・バンドはサザン・ロックとして語られるのはもちろんですが、そのサウンドはワイルドさとか激しさ、泥臭さとは、ちょっと遠い感じですよね。

ただ、雄大さやスケールの大きさは、これはこれで、やはり、紛れもないサザン・ロックなのでしょうね。

Where We All Belong
(邦題:「アメリカン・ロックの鼓動」)

アメリカン・ロックの鼓動1974年発表の2枚組の3rdアルバムで、1枚目がスタジオ・レコーディングで、2枚目がライブですね。
バンドとしては、3枚目にしてもちろんライブ盤は初ですが、それにしてもサザン・ロックのバンドは2枚組が好きですよね(笑)

もちろん、サザン・ロックで重要な役割を果たしたキャプリコーンからです。

ゲスト・ミュージシャンには前作「A New Life」にも参加していたチャーリー・ダニエルズがフィドルで、それに私の大好きなエルヴィン・ビショップの名前もあります。

アルバム通して、ほぼ全面にホーンとフィドルがフューチャーされていて、それに、このバンドの特徴であるジェリー・ユーバンクスによるフルートが加わると、更にサウンドに厚みと、独特のエッセンスが加わる感じですね。
のんびり、ほのぼのといった雰囲気も時には感じさせる、田舎臭いとも雄大とも言える、何とも特徴的なサウンドです。

アルバムの内容としては、

スタジオ録音サイドは、「This O'l Cowboy」の軽やかで、フュージョンの香りもする爽やかな曲で始まります。

A面3曲目の「In My Own Way」はウェスト・コーストを思わせるくらいの綺麗なコーラスが印象的な良い曲ですね。

B面2曲目「Where A Country Boy Belongs」でエルヴィン・ビショップのスライドが聴けますが、控えめでした(笑)

スタジオ録音サイド最後の「Try One More Time」は、ミディアム・スローの4分の3拍子の郷愁を誘う曲で、こういう地味な曲は結構好きなんですよね。

2枚目のライブ・サイドは強力で、南部のバンドの本領発揮です。
ただし、収録はAB面各2曲で計4曲のみ。さすが南部のバンドのライブですね(笑)

A面1曲目の「Ramblin'」(1st収録)は、いきなりハイテンポでトイ・コールドウェルがギターを弾きまくってます。

2曲目の「24 Hours At A Time」(2nd「A New Life」収録)はチャーリー・ダニエルズを迎えての14分近くに及ぶ熱演で、壮快でスケールが大きく、いかにもという演奏で聴きものですね。

アルバム最後は、デビュー・アルバムのトップを飾っていた「Take The Highway」。
この曲は、ライブでパワーアップした感もありやはり素晴らしいです。

やはり、バンドの要と言える、トイ・コールドウェルのギターが印象的でサウンドを支えてますよね。
親指で弾いているそうですが、相当テクニカルで、カッコいいです。

カラッとした爽やかな空気感に、軽やかで壮快で雄大なスケール感。加えて、やっぱり、南部のバンドのライブの迫力は素晴らしいですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWhere We All Belong - The Marshall Tucker Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : マーシャル・タッカー・バンド アメリカン・ロックの鼓動 Where We All Belong

ニュー・ライフ/マーシャル・タッカー・バンド

キャプリコーンからオールマンに続いて1973年にデビューした、サザン・ロックの大物バンド、マーシャル・タッカー・バンド

かなり人気のバンドだと思うのですが、思いのほか日本では名前を聞くことが少なく、情報もあまりないですね。
そういう私もそれほど詳しくなく、まぁ情報がありすぎても、自分の感想がどこかに行ってしまうのでいいんですけどね。
で、今回のアルバムは、

ニュー・ライフ」(A New Life

ニュー・ライフ1974年発表の2ndです。
国内盤の中古を手にしました。

サザン・ロックといっても、オールマンのブルース・フィーリング溢れる泥臭いスワンプ系やレーナード・スキナードのエネルギッシュで男臭い(汗臭い?)サウンド等とはちょっと違いますね。

どちらかというとカントリー色が強いそのサウンドは、既にデビュー・アルバムで確立されていて、壮大で清々しく、時に軽快に、時に牧歌的な雰囲気も漂う感じです。

やっぱりバンドの中心的人物であるギターのトイ・コールドウェルの存在が大きいですよね。
このアルバムの曲も全てトイ・コールドウェルによるものですし、スティール・ギターなんかも弾いてますし、時にヴォーカルもとってますからね。

A面1曲目のアルバム・タイトル曲「A New Life」から、このバンドの特徴でもあるフルートが効果的で、トイ・コールドウェルのギターも心地よいです。

そのフルートとサックスを吹くジェリー・ユーバンクスの担うところも大きいですね。
それによって他の南部のバンドとは違った雰囲気を醸し出してますからね。
A面2曲目「Southern Woman」ではサックスを大きくフューチャーして、ジャズっぽいアプローチも見せています。

その他、B面2曲目の「You Ain't Foolin' Me」の、静かにゆったりとした流れからリズムが入ってきて盛り上げていくという展開は、このバンドの得意な感じですね

B面3曲目の「24 Hours At A Time」はカントリー・フレイバー溢れる曲で、これまた壮快です。

このアルバムでは、オールマンのジェイモーがコンガで、チャーリー・ダニエルズがフィドルで参加しています。
チャーリー・ダニエルズのリーダー・バンドも南部で人気がありますよね。(それは、また別の機会に)

マーシャル・タッカー・バンドはその後も中古のアナログ盤をよく手にすることが出来たので、続きはそのうちに。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでA New Life - The Marshall Tucker Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : マーシャル・タッカー・バンド ニュー・ライフ A New Life

マーシャル・タッカー・バンドのファースト

学生の時にサザン・ロックやウェスト・コースト系を中心としたアメリカン・ロックにとてつもなく詳しい後輩がいて、その彼から教えてもらったバンドのひとつです。

南部のサウスカロライナ出身のサザン・ロック・バンド、マーシャル・タッカー・バンド
所有しているアルバムの購入時期は忘れましたので、まずはこのアルバムから、

「The Marshall Tucker Band
(邦題:キャロライナの朝焼け

キャロライナの朝焼け1973年発表のデビュー作です。
国内盤の中古を入手しました。

既に人気グループとなっていたオールマン・ブラザーズ・バンドと同じキャプリコーン・レーベルから、オールマンの弟分として、第2のオールマンと期待されて、1973年にこのアルバムでデビューしています。
実際、このファースト・アルバムをはじめ、かなりの人気を博することになりますね。

ちなみにバンド名はマーシャル・タッカーという人がいるわけではなく、故郷の練習場の古いビルにちなんでいるそうです。(ライナーノーツより)

サザン・ロックではあるのですが、カントリー・ロックと言った趣も強く、時に素朴で牧歌的なおおらかさがありますね。
バンドの中心人物である、トイ・コールドウェルのギターが何といっても気持ちよく、この人のギターがサウンドを引っ張っています。

そして、このバンドの特徴でもあるのが、ロックでは珍しいフルート。
結構、スケール感の大きい曲にはアクセントを与えているのではないでしょうか。

収録曲では、A面1曲目2曲目と続く「Take The Highway」と「Can't You See」がやはり素晴らしい出来で人気もありますね。
「Hillbilly Band」から始まるB面はよりカントリー・フレイバー漂う楽しい曲が揃ってます。

オールマンのような南部色の強い迫力あるサウンドではないですが、気負いのない爽快感がかなり魅力的です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Marshall Tucker Band - The Marshall Tucker Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : マーシャル・タッカー・バンド キャロライナの朝焼け サザン・ロック

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。