スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーズン・ソウル/リトル・ミルトン

人によってはモダン・ブルース界の頂点に立つとまで言わせた、リトル・ミルトン

ただ正直に言いますと、ヴォーカルを前面に出されると、どうしてもB.B.キングと比べてしまって、ちょっと後回し的な…。
多くの人がきっとそうであるように、ギターとの絡みでブルースのレコードを追いかけてしまうんですよね。

こうなると、なかなか手が出にくいのですが、このアルバムを見つけて手にしました。

ブルーズン・ソウル」(Blues 'n Soul

ブルーズン・ソウル1974年発表のスタックスからのアルバム。
リトル・ミルトンの代名詞ともなった“ブルーズン・ソウル”のタイトルを持つ、代表作ですね。
(手にしたのは1978年の国内盤の中古で、タイトルは「ブルースン・ソウル」となってますね)

今思うに、最初に聴いた時は、先程のような先入観もあって、その良さを充分理解は出来ていなかったのでしょうが、改めてこの年になってじっくり聴いてみると、力強く、重厚で濃厚。懐の深いソウルフルな歌が圧巻ですね。

何と言っても、収録曲がその魅力を余すところなく伝える良い曲ばかりです。
「Worried Dreamer」や「How Could You Do It To Me」といったスロー・ブルースはどっぷりハマりますし、名曲「'Tain't Nobody's Biziness」もドラマチックですね。

「Sweet Woman Of Mine」のようなミディアム・ナンバーも、この人ならではのソウルフルでファンキーな仕上がりのブルースとでも言いますか、聴きごたえがありますね。

加えてメンフィス・ホーンズらによる演奏が素晴らしいです。さすがスタックス。

黒人音楽文化の象徴であるブルースとソウルをダイナミックに表現する、なるほど頂点な訳です。
ただ、鈴木啓志氏によるライナーノーツに次のようなことが書いてありました。

『ブルースだソウルだという前にリトル・ミルトンというアーティストをまず聞いて欲しいと思う。』(ライナーノーツより引用)

なるほど、まったくですね。

2005年に他界しています。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBlues 'N Soul - リトル・ミルトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : リトル・ミルトン ブルーズン・ソウル Little Milton

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。