スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Archives to Eighties/ジョン・メイオール

“ブリティッシュ・ブルースの父”とも称される、ジョン・メイオールですね。
手にしたアルバムは、

Archives to Eighties」(featuring Eric Clapton & Mick Taylor

Archives to Eighties1988年発表。輸入盤を手にしました。
アルバムを見ると、クラプトン、ミック・テイラーの名前があったので、すぐに手が出ましたね。

内容については、このアルバムは1971年発表のアルバム「バック・トゥ・ザ・ルーツ」のマスターをリミックスしたもののようなんですが…、詳しくは分かりません。
とりあえず、1971年のこのアルバム作成時の音源が元ということは間違いないですね(録音は1970年のようです)。

その「バック・トゥ・ザ・ルーツ」は、クラプトン、ミック・テイラーら、ブルースブレイカーズゆかりのミュージシャンが参加したOB会的アルバムだそうですが、肝心のそちらのアルバムを聴いたことがないんですよね~。残念。

ちなみに、ジョン・メイオールがブルースブレイカーズを結成したのは、1962年で、1965年にヤードバーズを脱退したエリック・クラプトンが加入してます。
その頃のアルバムには、有名な「ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン」がありますね。
ミック・テイラーはその後のピーター・グリーンの後に参加してます。

アルバムの方ですが、1970-1971年というと、クラプトンは「レイラ 」の頃ですよね。
ギターも弾きまくる感じではなく、リラックスめの心地よいブルース・ギターを中心に聴かせてくれてます。

ミック・テイラーは、1971年というと、ストーンズにいますね。
このアルバムでの演奏は2曲だけですが、カッコいいスライドに加えて、ギターソロをたっぷりと聴くことができ、ちょっと嬉しいですね。

他の参加メンバーには、つい先日、ブログに載せたばかりの、キャンド・ヒートのメンバーのハーヴェイ・マンデル(ギター)が2曲に、ラリー・テイラー(ベース)が全編に渡って参加しています。

全体的に、食いつくような凄さや魅力みたいなものは特に無く、手を加えているとかもあるかもしれませんが、単純にクラプトンやミック・テイラーのギターを楽しみつつ、ジョン・メイオールのブルースに耳を傾けるのがいいですね。

ジョン・メイオールのアルバムは、このブログでは「~ウィズ・エリック・クラプトン」が先に登場してますが、アナログレコードとはあまり縁がなかったようで、結局、手にしたのは、残念ながらこれらの2枚だけです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJohn Mayallチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

tag : ジョン・メイオール Archives to Eighties

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン(JOHN MAYALL AND ERIC CLAPTON)

ギター少年がクラプトンに興味を持つと、次はブルースと言うのがどんな音楽なのかと気になりだす。
おそらくこのパターンは結構多いと思います。私もその一人。

そして、そのパターンでおそらく手にする人が多いだろうアルバムが、

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトンオリジナルは1966年発売ですが、私が購入したのは「ブリティッシュ・ロック名盤1600シリーズ」というシリーズで(当然価格は1,600円で、高校生でも何とか買えました)、LONDONレコードから1978年に再発されたもので、ラーナーノートは何とクラプトンの奏法解説が中心という、まさに「ギター少年達よこのアルバムを聴け~!」という感じです。

曲はオーティス・ラッシュの「オール・ユア・ラブ」にフレディ・キングの「ハイダウェイ」にと名曲揃いの上、クラプトンのブルースギター満載で、まさに教則本といったところです。

ジャケットの背には「JOHN MAYALL AND ERIC CLAPTON」と書いてあるだけなんですが、色々種類があるのかな?(ここら辺が勉強不足で曖昧です)
ちなみに、帯は「エリック・クラプトンとジョン・メイオール」と順番が逆になっていて、確かにジョン・メイオールは知名度でいうとクラプトンより落ちるのかもしれないが、今見るとちょっと納得いかないですね。

ジョン・メイオールのところには、ピーター・グリーンやミック・テイラーまでもが在籍していたんですから、本当にブリティッシュ・ブルースの父ですよね。

そういえば表ジャケットのタイトルが「~WITH~」ではなく「~AND~」というのがあったような…。う~ん、曖昧ですいません。どこかに詳しい方がいるだろうから調べてみよう。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

※画像等を追加しました(2011.1.12)

◆iTunes StoreでBluesbreakers With Eric Clapton (Deluxe Edition) - ジョン・メイオール & The Bluesbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ジョン・メイオール エリック・クラプトン JOHN MAYALL AND ERIC CLAPTON

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。