スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローニング・ザ・ブルース/オーティス・ラッシュ

1956年にコブラ・レーベルより「I Can't Quit You Baby」で登場して以来、シカゴ・ブルース・シーンで活躍し、モダン・ブルースの巨人とも言える、オーティス・ラッシュ

初期のコブラ・レーベルの録音が特に有名ですが、所有しているアナログレコードがこちらです。

グローニング・ザ・ブルースGroanin' The Blues)」

Groanin' The BluesこれはP-VINEから1980年に発売されたもので、購入はもうちょっと後でしたが、この頃は本当にP-VINEのアナログ盤にはお世話になりました。

オーティス・ラッシュの1956年から1958年のコブラ・レーベルでのセッションを収録したもので、このアルバムの解説文を流用させていただくと、

“当時、SP・シングルで発表された通りのオリジナル・テイクを吹き込み順に並べた”

というアルバムで、オーティス・ラッシュの代表曲で、ブルースの名曲として知られている「I Can't Quit You Baby」「Groaning The Blues」「Double Trouble」「All Your Love」なんかが収録されてます。

アルバム1曲目がデビュー曲の「I Can't Quit You Baby」ですから、いきなり強烈です。

録音時期から演奏の荒さが目立つのはやむを得ないとして、何よりその歌とギターの鬼気迫るような凄みは、スロー・ブルースの醍醐味です。
「Groaning The Blues」(A面5曲目)なんかも凄まじいですね。

サウンド自体は奇をてらわない正統派モダン・ブルースといった感じで、ヴォーカルは絞り出すようにシャウトしつつねっとりとからんできて、それに魂のギターが応える、といった演奏は、この初期の段階で既に貫禄の演奏です。

ホーンが入っているので、曲によっては洗練されたモダン・ブルースといったいい味も出してますが、やっぱり、甘さと激しさを兼ね備えたどろどろのスロー・ブルースが、この人の本領発揮なんでしょうね。

下手すると、暗い!という印象で敬遠される可能性もある音なのは否めないですが、その先にある生々しさが、とても響いてくるのも実際なんですよね。

やはり、コブラ時代の曲は有名なだけあって実に聴き応えがあり、この時期のオーティス・ラッシュが凄すぎるというのも頷けます。
そのせいで、以後の評価が相対的にどうしても低くなっているのを目にするのは、しょうがないのかな。


このアナログ盤のジャケットは今は目にすることがないのですが、CDですと別テイクを含めた(圧倒的にお得な(笑))ものも出ていますね。
右の「アイ・キャント・クィット・ユー・ベイビー~コンプリート・コブラ・セッションズ1956/58」なんかがそうなのかな?

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでOtis Rushをチェックする。


◆Amazonでオーティス・ラッシュをチェックする。
◆iTunes StoreでOtis Rushをチェックする。Otis Rush

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : オーティス・ラッシュ Otis Rush グローニング・ザ・ブルース コブラ・セッションズ

Tops/オーティス・ラッシュ

マディらが築いたシカゴ・ブルース・シーンに、新しい世代として1950年代後半から、マジック・サム、バディ・ガイらとともに登場した、オーティス・ラッシュ
初期のコブラ・レーベルの録音が有名ですが、手にしたのはライブ・アルバムの、

Tops

Tops1988年リリースですが、録音は1985年9月15日のサンフランシスコ・ブルース・フェスティバルのステージでのものです。
1980年前後に活動が停滞していたようですが、このライブあたりから、また活動を活発化したようですね。

このアルバムでは、ホーンを含むバンドをバックに、熱いモダン・ブルースをライブで聴かせてくれています。
時に甘く、時に激しく、深みがあって感情豊かなヴォーカルと、それに呼応する渾身のギターが響いてきますね。

ギターは、左利きながらアルバート・キングと同様に右利き用に弦を張ったギターをそのまま左で弾いているので、何だかチョーキングやビブラートが独特の音に聴こえるんですよね。
って、そもそもこの人の、抑えていた感情が爆発するようなギターが特別なんでしょうけど…

ねっとりとしたスロー・ブルースが有名ですが、このアルバムでも1曲目の「Right Place, Wrong Time」から、歌とギターがしっとりじっとりと迫ってきて、曲のドラマチックな展開もあいまって、聴き応えあります。

ただ、アップテンポのノリのいい曲も、かなりいい感じに仕上げていて、2曲目の「Crosscut Saw」は、やはりアルバート・キングと比べてしまいますが、こちらもかなりファンキーでソウルフルな仕上がりで、のびやかに弾き放つギターがかっこいいですね。

アルバム・タイトル曲のA面3曲目の「Tops」は テンポのよいモダン・シカゴ・ブルースといった曲調で、インストなので、好調なギターを十分楽しむことができます。

B面1曲目の「Gambler's Blues」もいいですね〜
ねっとりの見本のような曲で、放たれるギターも抜群のスロー・ブルースです。

アルバム最後の「I Wonder Why」は8分近いインストのミディアム・スローのブルース・ナンバーなんですが、時に豪快に、時に繊細に、実に気持ち良さそうにギターを弾いてるんですよね。

アルバム通して、迫力の歌声といい、重く鋭いギターといい、貫禄の演奏です。

コブラ・レーベルに残した初期の録音「I Can't Quit You Baby」「All Your Love」「Double Trouble」などが特に有名で、時期によっては出来不出来の差が大きいと言われてますが、このライブ・アルバム「Tops」のパワフルな臨場感は、モダン・ブルースとして、かなり聴き応えがあるのではないでしょうか。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでオーティス・ラッシュをチェックする。

◆iTunes StoreでTops - オーティス・ラッシュをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : オーティス・ラッシュ Tops トップス ライブ

コールド・デイ・イン・ヘル/オーティス・ラッシュ

これまで何度か触れてきましたが、1950年代後半からバディ・ガイ、マジック・サムらとともに、シカゴ・ブルースの新世代として登場した、オーティス・ラッシュ

色々なところで名前だけは良く聞いていたのですが、やっと手にしたのが、

コールド・デイ・イン・ヘル」(Cold Day In Hell

コールド・デイ・イン・ヘル1975年にデルマークからリリースされたアルバムですが、オーティス・ラッシュと言えば、初期のコブラ時代の録音が傑作と言われてますよね。

例えば、クラプトンがカバーした、ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ時代の「All Your Love」やソロでの「Double Trouble」なんかもそうで、私も耳にしていました。

ただ、オーティス・ラッシュは浮き沈みが激しいようで、というか長い低迷期もあったようで、いつも何かとアルバムの参考にしているライナーノーツには散々な内容が書かれてましたね。

という訳で、この時期のオーティス・ラッシュは決していい状態ではなかったんですかね…。

しか~し! 実際にアルバムを聴いてみると、よく言われる、感情をタメてタメて一気に吐き出すといった感じのそのギターとヴォーカルは、当時の私には充分迫力があって、惹き付けられましたね。

確かに、バックも含めて演奏全体がちょっと雑なのが気になりますが、「You're Breaking My Heart」やタイトル曲の「Cold Day In Hell」等のミディアム~スローの曲は聴きごたえがあります。

ちなみに「All Your Love (I Miss Loving)」も取り上げてますが、それはちょっと…。

こうなると、是非、好調な時のアルバムを聴いてみたいですよね。

いつも言ってますが、昔は選ぶ余地がほとんどないんですよね。
情報もあまりないですし、とりあえず気になったアルバムを見つけたら、手にしないと次がないですからね。
なので次の出会いに期待しようと思ったものです。

そう言えば、オーティス・ラッシュは奥さんが日本人の親日家でしたっけね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでオーティス・ラッシュをチェックする。

◆iTunes StoreでCold Day In Hell - オーティス・ラッシュをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : オーティス・ラッシュ コールド・デイ・イン・ヘル

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。