スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Champagne Jam/アトランタ・リズム・セクション

サザン・ロックと呼ばれるバンドの中でも、とりわけ演奏力の高さに定評があり、洗練された印象さえも受けるこのバンド、アトランタ・リズム・セクション (ARSと表記されたりしますね)。今回のアルバムは、

Champagne Jam」(シャンペン・ジャム

Champagne Jam1978年発表の7枚目。国内盤の中古を手にしました。

このブログで既に登場している「A Rock And Roll Alternative」の次に出されたアルバムですね。
その前作、そして、このアルバムで人気を確かなものにしたようです。

アルバム1曲目の「Large Time」から、疾走感のある歯切れの良いギターのリフが印象的です。
A面2曲目の「I'm Not Gonna Let It Bother Me Tonight」もいい曲ですね。

相変わらずテクニカルで、あか抜けた感はあるものの、力強さも加わってます。

とは言っても、A面3曲目の「Normal Love」はハーモニーも美しくメロディアスな曲ですし、A面4曲目のアルバム・タイトル曲「Champagne Jam」は演奏のクオリティがやはり高いですよね。

B面1曲目のポップな「Imaginary Lover」はヒットとなった曲ですね。
B面2曲目のミディアム・ナンバー「The Ballad of Lois Malone」は、ゆったりしたノリがいい雰囲気です。

といったところですが、聴き終わってみると、やはり全体的にオシャレな感じですね。
ポップ性を兼ね備えた、サザン・ロック・バンドといったところでしょうか。

土臭さや泥臭さとはちょっと距離を置くものの、元々スタジオ・ワーク中心に活躍しいていた実力を背景に、演奏が巧みな、アトランタ・リズム・セクションですが、このバンド、ライブにも定評があるんですよね。

そこらへんが、さすが、南部のバンドといったところなのでしょうかね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでChampagne Jam Live - Atlanta Rhythm Sectionをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : アトランタ・リズム・セクション Champagne Jam シャンペン・ジャム

アトランタ・リズム・セクションの1stと2ndのカップリングLP

スタジオ・ミュージシャンとしてのキャリアが豊富で、実力派と言われるアトランタ・リズム・セクションです。
サザン・ロックの流れで聴き始めて、前回の登場は、ヒット曲の「ソー・イントゥ・ユー」収録の6作目「A Rock And Roll Alternative」でしたが、今回はこれ、

Atlanta Rhythm Section

Atlanta Rhythm Sectionって、アルバム・タイトルはそのまんまなんですが、これはデビュー・アルバムではありません。
そもそも、ジャケットは2ndのものですよね。

もともと、アトランタ・リズム・セクションについては、そんなに詳しい訳ではなかったので、購入時は内容については知りませんでした。

実はこれ、1stと2ndのカップリングLPだったんですね。
う~ん、どういう状況でリリースされたかは良く分からないですけど、とりあえず国内盤の中古を手にしました。

ちなみに、1stと2ndのアルバム・タイトルは、

1st「Atlanta Rhythm Section」(1972年)
2nd「Back Up Against the Wall」(邦題:「非情の壁」)(1973年)

ですね。そういえば、この2枚のカップリングということで、またしてもサザン・ロック・バンドの2枚組だ(笑)

アルバム2枚を通して聴くと、初期のアトランタ・リズム・セクションをたっぷり楽しむことが出来ます。
やっぱり、バンド名が長いので(笑)、ARSと表記しますね。

デビュー・アルバムの方は、確かにまだ荒削りな所はあるものの、既にオシャレ感のあるサウンドが聴かれます。
時に泥臭いサウンドも聴かれるのが面白いですね。

2ndになると、ガツンと来る曲からキャッチーなものまで、より音楽性の広さを確かな演奏で聴かせているという感じでしょうか。

前回も書きましたが、やっぱりARSはサザン・ロックと言うには洗練されていてポップ感覚溢れるサウンドですね。
アレンジやリズムにちょっとした工夫があり単純ではなく、既に初期からあか抜けた感じがします。

サザン・ロック・バンドというと、ギターがガンガン引っ張って行く感じが強いですが、ARSのこのアルバムでは軽快なピアノや、アコースティック・ギターを非常に効果的に使っている印象がありますね。

時々、いかにもサザン・ロックというギターもガツンと聴けますがね。バリー・ベイリーかな。

ちなみに、1stと2ndはヴォーカルが違います。

1stのボーカルは、ロドニー・ジャストなんですが、この1stの後バンドを離れてます。
後にまた加入しているようですが、すいません、メンバーの出入りの詳細についてはちょっと分かりません。

2ndアルバムのボーカルは、ロニー・ハモンドです。彼も脱退、最加入などあったようですね。
ARSも色々とメンバーの出入りがあったのですね。
そのロニー・ハモンドは2011年3月に、心臓発作のためジョージア州の病院で享年60歳で他界してます。

このアルバムは久々に聴いたのですが、高い演奏力、幅広い音楽性の中にも、初期は初期なりに荒さや勢いがあって、カッコいいですね。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

下で紹介しているCDは左から、1st、2nd。そして知りませんでしたが、CDにもカップリングがあるのですね。




◆iTunes StoreでAtlanta Rhythm Sectionをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : アトランタ・リズム・セクション 1stと2ndのカップリング Atlanta Rhythm Section Back Up Against the Wall

A Rock And Roll Alternative/アトランタ・リズム・セクション

オールマンやレーナード・スキナードなどのサザン・ロックの流れで、バンド名は良く耳にしていたのですが、実際にアルバムを手にしたのは随分と後になってからです。
実力派のアトランタ・リズム・セクション

正直、バンドとしてはあまり聴き込んではいないのですが、まず手にしたのは、

A Rock And Roll Alternative
(邦題が「ロックン・ロール魂」というのはちょっと…)

A Rock And Roll Alternative1976年12月リリースの6作目。
よく、ARSと表記されるので、ここでもそうしますね。
(サザン・ロックのバンド名はどれも長いし…)

サザン・ロックというと、どうしてもオールマンやレーナード・スキナードを基本にして聴いてしまうのですが、前回のマーシャル・タッカー・バンドの記事でもサウンドがちょっと違う感じ~云々と書いていたりして、このARSは更にサザン・ロックと言うには洗練されていてポップ感覚溢れるサウンドで…。

こうなると、あまりサザン・ロックという括りも意味がないように感じますね。
サウンドというより、南部の気骨、南部魂なんでしょうね。   
(どんなのか、良く分かりませんが…)

話がそれましたが、ARSはスタジオ・ミュージシャンとしてのキャリアが豊富で、テクニックが素晴らしく演奏力の高さは定評があります。
今でこそ、ライブも含めてその人気は確固たるものですが、デビュー当初はスタジオ活動中心だった為に、やはり地味だったようですね(笑)

アルバム・デビューは1972年で、この頃はまだ、南部のバンドと言えばオールマンくらいで(レーナード・スキナード、マーシャル・タッカー・バンドは1973年)、加えて今回のアルバムの発売時期はオールマンの解散直後なので、シーンを引っ張っていく存在でもあったんですね。

収録曲では、ヒット曲の「ソー・イントゥ・ユー」や、ガツンとハードな演奏が聴ける「アウトサイド・ウーマン・ブルース」などが印象的ですが、やはりどこかあか抜けてますね。

ネットを見ていたら、リード・ヴォーカルのロニー・ハモンドが2011年3月14日、心臓発作のためジョージア州の病院で死去したとのことです。享年60歳。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでAtlanta Rhythm Sectionをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : アトランタ・リズム・セクション A Rock And Roll Alternative ロックン・ロール魂

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。