スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Midnight Wind/ザ・チャーリー・ダニエルズ・バンド

サザン・ロック、そしてカントリー界の大御所、チャーリー・ダニエルズ率いるチャーリー・ダニエルズ・バンドです。

Midnight Wind」(邦題:「真夜中の嵐」)

Midnight Wind1977年発表。国内盤の中古を手にしました。

チャーリー・ダニエルズ・バンドについては、どうも詳細が分からないのですが、本作はスタジオ盤として9作目(?)でしょうか。
このブログで前回登場した「High Lonesome」の後に出されたアルバムのようですね。

サザン・ロックと呼ばれているバンドの中でも、とりわけカントリー色が強いですが、それに加えて、演奏の力強さや激しさといったものも併せ持ってますよね。

このアルバムでは、A面が特にハードで、これぞサザン・ロックといった感じの曲が並んでます。
ツイン・ギターがかなりの迫力です。

ただ、南部の香りを漂わせ、カントリー・フレーバーをベースにしながらも、ウェスタン調、よりハードな曲調、テックス・メックス調など、幅広い音楽性も聴かせてくれています。

B面に入ると、1~3曲目はよりカントリー色が濃くなります。
B面2曲目の「Redneck Fiddlin' Man」は、チャーリー・ダニエルズのフィドルを全面フューチャーした、軽快でインプロビゼーションも聴き応えのあるナンバーです。

B面4曲目の「Good Ole Boy」は歯切れの良い力強いナンバーで、ここではスライドがいいですね。

アルバム・ジャケットの裏には、“デュア・オールマンとベリー・オークリーに捧ぐ”と書かれてますね。
1976年はオールマンが解散してますから、何かあるのでしょうか。

ちなみに、1977年にはレーナード・スキナードが解散してますから、この頃はサザン・ロックという括りの世界では、大きな転換期だったのかもしれませんね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。そもそも“Plus”となってますね。

◆iTunes StoreでThe Charlie Daniels Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : チャーリー・ダニエルズ・バンド Midnight Wind 真夜中の嵐

High Lonesome/ザ・チャーリー・ダニエルズ・バンド

本当はカントリー・ロックとかサザン・ロックとか、どちらでもいいんですけどね(といいつつ、本文中で使ってます…)。
このブログでは2枚目の登場となる、チャーリー・ダニエルズ率いるチャーリー・ダニエルズ・バンドです。

High Lonesome

High Lonesome1976年11月の発表で、前作「サドル・トランプ(Saddle Tramp)」と同年に発表されてるんですね。

要所要所でカントリー・フレーバーを強く匂わせながらも、南部の骨太なサウンドが基本にある、といった感じでしょうか。
バンド編成がツイン・ギターにツイン・ドラムスですからね。
本人はヴォーカルと、ギターはスライドも、そしてフィドル等も担当してます。

実は、チャーリー・ダニエルズについては、レコードはこの時期のものしか持ってなくて、あまり詳しくもありません。
なので、早速アルバムの内容について。

アルバム1曲目の「Billy The Kid」からハイテンポでかなりハードに迫るギターが印象的で、続く、2曲目「Carolina」はオールマンを彷彿とさせる(と言ったら失礼かもしれませんが)曲の勢いに加えて、ピアノであったりギターであったり、また気持ちいいツイン.ギターが聴きものですね。

3曲目のアルバム・タイトル曲の「High Lonesome」は哀愁を帯びたミディアム・テンポから始まり、洗練されたジャジーな演奏へと続くあたりちょっと異色です。

A面最後、4曲目の「Running With the Crowd」は、何とも南部らしいスケールの大きな曲調で、このギターはたまらんですよ。

B面1曲目の「Right Now Tennessee Blues」は早いテンポにブルージーなテイストが強く、ここでもピアノとギターが大活躍ですね。

B面2曲目の「Roll Mississippi」はミディアム・テンポで珍しく粘り気のある演奏ですね。ギター2人ともスライドを弾いていて、渋いですね。

ちょっとメローなB面3曲目の「Slow Song」と、フィドルを大きくフューチャーした4曲目の「Tennessee」では、マーシャル・タッカー・バンドのトイ・コールドウェルがスチール・ギターで参加してます。

アルバム最後(B面5曲目)の「Turned My Head Around」は、何とも力強い演奏に、スライドとこのバンドらしいフィドルが加わって、全体にご機嫌な熱い演奏を聴かせてくれています。

フィドルはもちろんですが、ヴォーカルやコーラスがカントリーっぽさを感じさせますよね、このバンドは。

と、ありきたりでしたが、全曲について感想を述べてしまいました。
というのも、全体を通して、どの曲も印象的で、非常に聴きごたえがあるんですよね。

それにしても、1976年はオールマンが解散した年ですが、こんな凄いバンドもいた訳ですよね。

いや~、久しぶりに聴いたのですが、いいですね、このアルバム。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Charlie Daniels Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : チャーリー・ダニエルズ・バンド High Lonesome

サドル・トランプ/ザ・チャーリー・ダニエルズ・バンド

ここ何回か、サザン・ロックと呼ばれるバンドのアルバムを続けてます。

今回のチャーリー・ダニエルズ率いるチャーリー・ダニエルズ・バンドは、サザン・ロックという括りで紹介されることが多いですが、カントリーがベースになっていて、カントリー・ロックと言っても良いくらいですね。
手にしたアルバムは、

サドル・トランプ」(Saddle Tramp

サドル・トランプ1976年3月リリースです。
バンドのメンバー構成は、ツイン・ギターにツイン・ドラムスとサザン・ロック・バンドらしいですね(笑)

ギターはスライドもかなりカッコ良く、アルバム通してギターは聴きごたえがあります。
他はベースにキーボードと、チャーリー・ダニエルズがギターの他フィドルも弾いていています。

アルバム全体カントリー色が強いのですが、印象的なのはA面2曲目の10分を超えるアルバム・タイトル曲「Saddle Tramp」。
この曲の中間部分以降の演奏に限っては、スケールが大きく、強烈に繰り広げられるギター・ソロ等、サザン・ロックの王道を行く迫力の演奏ですね。
オールマンのジェイモーがコンガで参加しています。

B面3曲目の「It's My Life」は中ではちょっと異色で、ジャジーというかブルージーというか、洗練された雰囲気で演奏されています。

アルバム最後の四分の三拍子の「Sweetwater Texas」は、何とも郷愁を誘う、染みてくる一曲です。
マーシャル・タッカー・バンドのトイ・コールドウェルがスティール・ギターで参加しています。
チャーリー・ダニエルズもマーシャル・タッカー・バンドのアルバムに参加しているので、交流が深かったようですね。

チャーリー・ダニエルズは当初はセッション・ミュージシャンとして活躍していたようで、長いキャリアでアルバムも多くあるのですが、私はこの時期の頃からの数枚しか聴いたことがありません。

1970年代に入り、サザン・ロックという名の下で、オールマンが大人気となり、次々と生きのいいバンドが出てきますよね。

更に今回のアルバムの1976年にはオールマンが解散していて、何かと話題が多かったこの時期のサザン・ロックの中で、このチャーリー・ダニエルズ・バンドも紹介されることが多いんですよね。

なので気がつくと、この時期のアルバムを手にしていることが多いんですよ。
(実際に私が聴いたのは随分と後になってからですが)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Charlie Daniels Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : チャーリー・ダニエルズ・バンド サドル・トランプ

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。