スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバート・リーの「Albert Lee」

前回に続いて、カントリー・ギターの名手、アルバート・リーのソロ・アルバムです。

カントリーと限定してしまうのには抵抗がありますが、そのギターがカントリー・タッチの早弾きをする時の印象がどうしても強く残ってますのでね。
前回の1stソロ・アルバムに続いては、

Albert Lee

Albert Lee1982年発表のソロとしては2枚目のアルバムですが、アルバム・タイトルが本人名ですね。
輸入盤の中古を手にしたので、詳細についてはちょっと分からないです。

どうしても、そのギターの凄腕からギター・アルバムを想像してしまうのですが、このアルバムはそういった方向性のものではないですね。

カントリー・ロックといったものをベースにはしていますが、ロックンロール、時にはホーンを従えたロカビリー風の曲調も聴かれ、軽快でポップな曲が占めていて、聴いていて楽しいアルバムに仕上がってます。

ヴォーカルも1st同様、もしくはそれ以上にしっくりきていて、いい味出してます。

そして、要所要所で、あの巧みで切れの良いギターを絡めてくる感じですね。
1曲目の「Sweet Little Lisa」や最後の曲「One Way Rider」では、らしいギターが楽しめますが、あくまで突出せずに楽曲の一部として組み込まれてます。

スローな曲のB面4曲目「So Sad(To Watch Good Love Go Bad)」は、ピアノを自ら弾いているようで、メロディアスでしっとりと聴かせてくれています。

時期的には、クラプトンのバンドに参加している最中と思うのですが、充実した活動の中で、無理にギターがバリバリのアルバムではなくて、自分のやりたい音楽をリラックスしてやっている感じでしょうかね。(勝手な憶測ですが)

アルバート・リーのアルバムは前回の1stと今回の2ndしか聴いたことはなく、残念ながら、その後のアルバムや活動については知らないのですが、当時、クラプトンのバンドのギタリストとして気になっていたアルバート・リーのその時期のソロ・アルバムを聴く事ができて、結構満足していました。

そういえば、その昔私がギター少年だった頃、こんなギターを弾いてみたいと思ったものでしたが、この人のギターはコピーしたくても全く出来ませんでしたね(笑)

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
というか、右のCDは前回紹介した1st「ハイディング」と今回の2ndのカップリングですね。
今回の単独のCDは見つけられませんでした。


◆iTunes StoreでAlbert Leeをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : アルバート・リー Albert Lee

ハイディング/アルバート・リー

この人のギターを初めて聴いたのは、クラプトンのアルバムでした。アルバート・リー

カントリー・タッチのギターがやけにカッコいいなと思ったものです。
その後ソロ・アルバムを手にすることが出来ました。

ハイディング」(Hiding)

ハイディング1979年発表の初のソロです。

カントリー・スタイルのギターが特徴ですが、出身はイギリスなんですね。

経歴をちょっと調べてみると、1970年にヘッズ・ハンズ&フィートというカントリー・ロック・バンドで活動し、その後セッション・ギタリストとしてジョー・コッカーやエミルー・ハリス等とも共演しているようで、イギリス時代からも含めて随分と色々なミュージシャンと関わりがあるようですね。

何と言っても、その名前が知られることとなったのが、1979年にエリック・クラプトンのバック・バンドに加入したことですかね。

クラプトンのアルバムとしては「ジャスト・ワン・ナイト(エリック・クラプトン・ライヴ・アット武道館)」から参加してます。
って、私はこのアルバムは持ってなくて、実際にアルバート・リーという名前とそのギターが一致したのは、クラプトンの「マネー・アンド・シガレッツ」(1983年)でしたが…。

そして、クラプトンのバック・バンドに加入した1979年に発表されたのが、今回の自身初のソロ・アルバムですね。

いやいや、このカントリー・タッチのギターは凄いですよ。
とにかく1曲目の「カントリー・ボーイ」から、早くて正確でその上エモーショナルなギターに目が点です。
驚異的なテクニックというのは、こういうのかという感じで、笑ってしまうくらいです。

B面1曲目のダイアー・ストレイツのカバー「セッティング・ミー・アップ」もなかなかギターとヴォーカルがハマってますね。

アルバム通してですが、ちょっとハスキーで高めのヴォーカルに味がありますね。

B面3曲目のアルバム・タイトル曲「ハイディング」も、意外でしたが歌中心のバラードで、しっとりと聴かせてくれて、いい曲です。

アルバム最後の「カム・アップ・アンド・シー・ミー・エニィタイム」は、ライナー・ノーツにも書いてあるのですが、ギターといい、歌い方といい、サウンドがJ.J.ケイルそのものなのにちょっと驚きました。
J.J.ケイルが好きなのかな?

アルバムを聴き終えると、最初のギターの衝撃はあるものの、必ずしも、カントリー早弾きギター一辺倒ではなく、時に土臭く、時に渋くとなかなか聴かせてくれるアルバムですね。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでAlbert Leeをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : アルバート・リー ハイディング

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。