スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mister Blues Is Back To Stay/ロバート・Jr.ロックウッド&ジョニー・シャインズ

ロバート・Jr.ロックウッドジョニー・シャインズと紹介が続きまして、この順番でアナログレコードを手にした訳ではないのですが、話の流れで次はこのアルバムです。

ロバート・Jr.ロックウッド&ジョニー・シャインズの、

Mister Blues Is Back To Stay

Mister Blues Is Back To Stayこの2人の名前と一緒の写真がジャケットにあると、アルバムの内容は知らなくても手が出てしまいましたね。

1981年にRounderから発表されたもので、中古の輸入盤を手にしました。
ロバート・ジョンソンと関わりの深い2人ですが、この頃(1980年代に入って)は、実際に2人は活動を共にしていたようですね。

どちらもシカゴ・スタイルなんでしょうが、非常に先進的に展開したロバート・Jr.ロックウッドに対して、ミシシッピ・デルタの香りを強く残すジョニー・シャインズといった構図でしょうかね。

アルバムの内容としては、ヴォーカルはロックウッドが4曲、ジョニー・シャインズが5曲とっていて、ロックウッドのインストが2曲収録されています。

クレジットを見ると、ギターを弾いているのはロックウッドだけのようですね。
ソロといいカッティングといい、いかにもの独創的で職人的な演奏を聴かせてくれています。
ただ、ちょっとギターにエフェクト(フェイザー系?トレモロ系?)かけ過ぎですかね(笑)、特にA面。

バンドは他にサックス2本、ピアノ、ベース、パーカッション、ドラムス、そして曲によってハープといったところで、全体的にはロックウッドのギターとあわせて、洗練されたよりジャズっぽい演奏です。

各曲詳細については省きますが、前述したように、ロックウッドの曲は、リズムとか進行を凝った曲が多く、対してジョニー・シャインズの歌と曲は、やはりデルタ発のモダンなシカゴ・スタイルといった趣ですね。

どうなんでしょうかね、このアルバム。
ほとんど評判も聴きませんし、ジャケットを目にすることもありません。
2人の当時としての現在進行形の演奏を充分楽しめますが、ちょっとインパクトに欠けるんですかね。

※ロバート・ロックウッド・ジュニアは言い慣れないので、今まで通りにしてます。
※この記事のカテゴリーはRobert Jr. Lockwoodにしています。ジョニー・シャインズのアナログレコードは1枚しか所有してないので、その記事はこちらをそうぞ。
→「Johnny Shines and Company/ジョニー・シャインズ


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆Amazonでロバート・JR.ロックウッドをチェックする。

◆iTunes StoreでRobert Jr. Lockwoodをチェックする。
◆iTunes StoreでRobert Lockwood, Jr.をチェックする。
◆iTunes StoreでJohnny Shinesをチェックする。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : ロバート・Jr.ロックウッド ジョニー・シャインズ Mister Blues Is Back To Stay

ステディ・ローリン・マン/ロバート・Jr.ロックウッド

何だかブルースのアルバムについては久しぶりですね。

どうしても“ロバート・ジョンソンの義理の息子”(母親が離婚後に一緒になった相手がロバート・ジョンソ)としての話題が先行してしまいますが、ロバート・Jr.ロックウッドです。
手にしたアルバムは、

ステディ・ローリン・マン」(Steady Rollin' Man

ステディ・ローリン・マン1972年発表ですが、遅過ぎるデビュー作なんですよね。
実際に手にしたのは、1985年に国内再発盤としてPヴァインから出されたものです。

歴史的にも実力的にも注目される存在でありながら、裏方が長かったようですね。
早くから、サニー・ボーイ・ウィリアムソンIIらのバックで演奏していたようですし、1950年代に入るとシカゴにおいて、リトル・ウォルターらと共演しています。

実際に、ロバート・ジョンソンからもギターを教わり、それを完璧に弾いていたそうですから凄いです。
そして、そのスタイルをエレキ・ギターに持ち替えて、モダンなブルースへと昇華していったという、偉大なブルース・マンなんですよね。

針を落として聴こえてくるそのギター、歌、サウンドは、シカゴ・ブルースであってもいわゆる泥臭い世界ではなく、味わい深く躍動的であるけどクールとも言えるサウンドですね。時にジャジーでもあり印象的です。
ただ、ヴォーカルは味わい深くて渋いです。

加えてバックのジ・エイシズの演奏が申し分なくて、とにかくタイトなリズムが素晴らしいですね。メンバーは、
ルイス・マイヤーズ(ギター)
デイヴ・マイヤーズ(ベース)
フレッド・ビロウ(ドラムス)

ルイス・マイヤーズのギターも凄くて、ロックウッドとよく似ているんですが、多くのソロ・パートを担ってます。
またその時のロックウッドのサイド・ギターのカッティングがまた素晴らしいんですよね。
この2人のギターのやり取りはスリリングで聴きごたえあります。

収録曲では、ロバート・ジョンソンの曲や自作の曲等、どれもロックウッドのブルースをたっぷり堪能できますね。
「Rambling On My Mind」や「Kind-Hearted Woman」とかたまらんですよ。
インストの「Steady Groove」や「Lockwood's Boogie」とかも見事にスウィングしていて、鳥肌ものです。

今は、ロバート・ロックウッド・ジュニアって呼ぶのですかね?
この神様は、1915年3月27日生まれ、2006年11月21日に他界してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSteady Rollin' Man - Robert Jr. Lockwoodをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : ロバート・Jr.ロックウッド ステディ・ローリン・マン Steady Rollin' Man ロバート・ロックウッド・ジュニア

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。