スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ベスト・オブ・リトル・ウォルター

シカゴ・ブルース、アンプリファイド・ハープ、マディ・ウォーターズ。
どれにも欠かすことの出来ない名前、リトル・ウォルターです。

私は若い時はギター中心でアナログレコードを探していたものでしたが、さすがにこの人のこのアルバムは、見つけた時はすぐに手にしました。

The Best of Little Walter

ザ・ベスト・オブ・リトル・ウォルター元の発売は1958年で、手にしたのは1986年再発の輸入盤ですね。
チェス時代の代表曲を収録した名盤で、録音は1952年から55年にされたものです。

いくつかのセッションごとにメンバーが変わっているのですが、とにかくどれも素晴らしいメンバーなんですよね。
曲は年代順には並んでないのですが、全12曲。

以下は裏ジャケットの情報によります。

1952年のインストの大ヒット曲「Juke」(B面1曲目)はマディとジミー・ロジャースらと、スウィング感たっぷりのブルースを聴かせてくれます。
(基本的にマディのバンドということですね)

1954年のこれもヒット曲の「My Babe」(A面1曲目)はロバート・Jr.ロックウッドやウィリー・ディクソンらとです。
先日、このブログでも登場したロバート・Jr.ロックウッドのバッキングは何曲かで聴くことが出来ますが、やっぱり職人ですね。

上記それぞれのメンバーでの数曲の他、ジ・エイシズのメンバー、ルイス・マイヤーズ、デイヴ・マイヤーズ、フレッド・ビロウを従えての「You're So Fine」「Blues With a Feeling」「Off the Wall」等は安定感の上にもご機嫌な演奏を聴く事ができます。完璧!

先程の有名な「Juke」等のインストが4曲ありますが、ヴォーカルも、ちょっとそっけなくも色気があっていいですね。

1950年代、黄金のシカゴ・ブルースを支えた、いや中心的役割を担ったと言っても良い、リトル・ウォルターのアンプリファイド・ハープ。
そのブロウするハープは、圧巻の迫力、繊細なテクニック、抜群のスウィング感。最高です。
そして、もちろん、マディのブルースにも欠かせない存在ですね。

う~ん、まるで何かの受け売りのような文章ですね。実際あちこち参考にしましたが(笑)

とにかくこのアルバム、このハープは凄いです。
ブルース・ハープだけではなく、ブルース・バンドの手本のようなアルバムですね。

1930年5月1日生まれ、1968年2月15日に37歳の若さで他界してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Best Of Little Walter - Little Walterをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : リトル・ウォルター ザ・ベスト・オブ・リトル・ウォルター Little Walter

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。