スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ice Pickin'/アルバート・コリンズ

何と言っても、アルバート・コリンズは、高校生の時にブルースのライブとして初めて観たブルース・マンですから(詳しくはこちら)、個人的な思い入れもかなりのものなんですよね。

テキサス・凶暴・テレキャス・切り裂き・変則チューニング・超長シールド・ブルースマン(笑)。
ただ歌はちょっと(追笑)。

スタジオ・アルバムをまだ手にしていなかったので、何とか手に入れたいと思っていて、輸入盤で見つけたのが、

Ice Pickin'

Ice Pickin'1978年発表で、アリゲーター・レーベルと契約して、久しぶりに出したアルバムですね。
ここからの活躍で初来日公演につながっていくんですね。

「ギュ、ギュイーーーーン」と、テレキャスから繰り出される、そのギター。

フィンガー・ピッキングによる独特のアタックも相まって、切れ味鋭く、超攻撃的で、何かに取り憑かれたように弾きまくるギターが最高ですね。

ワンパターンという声も聴こえてきそうですが、それも含めてアルバート・コリンズの魅力ですよね。

バックの演奏もタイトでしっかりしているので、変な言い方かもしれませんが、安心して聴いてられます。
アルバート・コリンズも好き放題って感じでしょうか。
(って、どんな時にもこの人のギターは変わらないのでしょうが…)

この人のジャケットには、ギターを持っている姿がよく出てきますが、ストラップをクロスさせず、右肩に掛けてるんですよね。
それとギターのカポタストがいいですねぇ。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでIce Pickin' - アルバート・コリンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : アルバート・コリンズ Ice Pickin'

アルバート・コリンズ・フローズン・アライブ!

前回の続きで、アルバート・コリンズです。
(前回のアルバート・コリンズのライブの話はこちら

1982年の初来日公演の衝撃的なライブを見終わった後、興奮覚めやらないそのライブ会場でレコードの販売をしていました。

そもそも地方ではなかなかアルバート・コリンズのレコードを目にする事はなかったので、当時高校生の私は迷う事なく小遣いはたいて購入しました。

フローズン・アライブ!やっぱり今観たばかりのライブがもの凄かったので、手が出たのが、

アルバート・コリンズ・フローズン・アライブ!

これです。

1981年に出たライブアルバムで、一曲目のインスト「FROSTY」からアルバート・コリンズ節炸裂でライブの興奮がよみがえりますね。

ACリードのサックスをはじめ、アイスブレーカーズの演奏もレコードで改めて聴くと、そのしっかりとした演奏はなるほど納得です。

ギター・スリムの名曲「THINGS I USED TO DO」なんかは、ソロの出だしは有名なフレーズをコピーして弾いているものの、途中からいきなりアルバート・コリンズの世界にぶっ飛んでいってしまうあたりが、なんとも面白く「らしい」です。

解説を吾妻光良さんが書いていて、その内容に100mコードの話とか、最後に弦が2本しか残っていない話とかが載っていて、これまたライブを思い出させます。初来日する前年のアルバムの解説なので、来日を待ちわびる内容が非常に伝わってきました。

強烈な印象を受けたアルバート・コリンズのレコードは、その後も何枚か購入したので、そのうちにまた引っ張りだしてつぶやきたいと思います。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでFrozen Alive! (Live) - アルバート・コリンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : アルバート・コリンズ 来日 フローズン・アライブ レコード

アルバート・コリンズのライブ〜1982年の初来日公演の記憶

初めて観に行った黒人ブルースマンのライブ。それがアルバート・コリンズの1982年の初来日公演でした。

観に行ったのは高校生の時で、札幌の小さな会館、確か大谷会館というところだったと思います。しかも、前から数列目の真ん中通路の近くに陣取ってです。

当時、滅多に観られないブルースのライブとあって、かなりワクワクして出向いた記憶がありますが、なにせアルバート・コリンズの情報が少ない。
切り裂くような凶暴なギターに100mコード等と、わずかばかりの知識を持って観に行ったライブはというと、

圧巻でした。初にしては、ちょっと強烈すぎたかも。

これまで色々観に行ったライブの中でも、受けたインパクトは相当なものです。
(その後の、ジャパン・ブルース・カーニバルやマウント・フジ・ジャズ・フェスティバルの時も観に行っちゃいました。)

カポタストを付けたテレキャスから繰り出される、突き刺すようなギターには痺れましたね。
ライブ後半には本当にステージから降りてきて、目の前の真ん中の通路を通り過ぎる時には、思わず手を伸ばして触ってしまいました。
さらに、ギターソロを弾きながら会場をぐるぐると練り歩いて、確か一旦会場の扉から出ちゃったんではないだろうか(曖昧ですいません)。とにかく私の視界から消えてしまい、本人のいないステージ上のアンプからガンガンとギターソロが流れている状態。

これは本当に100mコードだ~!と感激。
で、ようやくステージ上に戻ってきたアルバート・コリンズのギターを見ると、弦がピョンピョンと跳ね回っている。そう、何本かの弦が切れていました。3本は切れていたのではないでしょうか(これも有名な話ですよね)。

あまり評価されてないダミ声の歌もなかなかハマってたし、強烈なギター演奏はやり過ぎの感もありますが、バックのアイスブレーカーズの演奏がしっかりしているから、暴れるギターがかえって格好良く聴こえ、とにかく最高のライブだったと記憶しています。

この来日公演のときの様子は、ライブ・アルバム『Live In Japan』になっているのですが、残念ながらアナログレコードは持ってません…(恥ずかしながら、今もカセットテープを大事に持っています)。
実はこのライブ会場でレコードを一枚購入したのでが、長くなったのでその話はまた次回にします。
アルバート・コリンズは残念ながら1993年に亡くなっています。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しています。

◆iTunes StoreでLive In Japan - Albert Collins & The Icebreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ

tag : アルバート・コリンズ ライブ 来日公演

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。