スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sir Doug's Recording Trip/サー・ダグラス・クインテット

ダグ・サーム。1941年テキサス州サンアントニオ生まれ。1999年11月18日没。
少年時代から音楽の天才だったようで、10代の頃から地元で活躍していたようです。

“キング・オブ・テックス・メックス”などとも呼ばれ、アメリカン・ルーツ・ミュージックを背景にしたその音楽は、何とも懐が深くて豊潤なんですが、日本での知名度は今ひとつなんすよね。

なので、アルバムを手にするのは結構大変でした。
そんな中、手にしたアルバムは、サー・ダグラス・クインテット時代の2枚組のベスト盤、

Sir Doug's Recording Trip

Sir Doug's Recording Trip発売自体は1989年で、中古の輸入盤を手にしました。

ダグ・サーム率いる、サー・ダグラス・クインテットの結成は1964年頃でしょうか(資料が少なくよく分からないんですよんね…)。

今回のアルバムは、サー・ダグラス・クインテット第1期とも言える頃の初期のアルバムからの選曲ですが、デビュー・アルバムとなる「The Best Of Sir Douglas Quintet」(1966年)からの曲は含まれてません。

収録曲は、2nd以降の以下のアルバムからです。

Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)」(1968年)
Mendocino」(1969年)
Together After Five」(1970年)
1+1+1=4」(1970年)
The Return Of Doug Saldaña」(1971年)
Rough Edges」(1973年)

テキサスを後にしてカリフォルニアへと移り、サンフランシスコでリリースした、サイケ色も感じられる、2枚目「Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)」(1968年)からは5曲。

テックス・メックス色が強くなり、カントリーっぽさも感じられる、キャッチーなタイトル曲を含む3枚目の「Mendocino」(1969年)からは6曲。

4枚目の「Together After Five」(1970年)は、基本テックスメックスの流れからフォーク・ロックといったサウンドを展開してますが、このアルバムからは2曲のみですね。

個人的には、手にできたオリジナル・アルバムが、ここまでの3枚だけなので、このベスト・アルバムを手にして、以降のアルバムの内容に触れることができたのは嬉しかったですね。

5作目の「1+1+1=4」(1970年)からは、Wayne Douglas(ウェイン・ダグラス)名義でシングル発売された「Be Real」など4曲が収録。

続く「The Return Of Doug Saldaña」(1971年)はサンアントニオに戻って作られたものですが、この頃バンドは解散状態だったとのことで、ルーツに還った実質ソロ・アルバムに近い作品のようです。このアルバムからは6曲収録。

そして「Rough Edges」(1973年)は、シングル「Dynamite Woman」と過去の未発表曲を合わせたアルバムで、その「Dynamite Woman」を含む5曲が収録されてます。

以上にシングルとしてリリースされたと思われる、「Michoacan」と「Westside Blues Again」の2曲を加えた、全30曲が収録されていて、聴き応え十分。

ルーツ・ミュージックがごった煮的で、曲によってはバタ臭く、一見、演奏は粗く聴こえるものの、実に気の利いたアレンジ。
迫力があり、時に唸るような、時に包み込むような、ダグ・サームの独特で魅力的な歌声。

サー・ダグラス・クインテットの、そして、ダグ・サームの初期の音楽をたっぷりと楽しむことができました。










※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。ちなみに当アルバムと「Rough Edges」は見つけられませんでした。
※このベスト・アルバムのジャケットは「The Return Of Doug Saldana」の写真と同じものですね。


◆iTunes StoreでSir Douglas Quintetをチェックする。


◆iTunes StoreでDoug Sahmをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : ダグ・サーム サー・ダグラス・クインテット Sir Doug's Recording Trip

Together After Five/サー・ダグラス・クインテット

テキサス出身で“キング・オブ・テックス・メックス”とか“テキサス音楽伝道者”なんて呼ばれたりする、ダグ・サーム率いるサー・ダグラス・クインテット。今回のアルバムは、

Together After Five

Together After Five1970発表で、中古の輸入盤を手にしました。
前作「Mendocino」に続いて出された、バンドとしての4作目ですね。

そのダグ・サームは、日本の表記では、ダグ・サムとかダグ・ザームなどとも呼ばれるようです。

バンドは当時はサンフランシスコで活動していて、その頃の時代背景もあり、サウンドにはサイケの香りも漂わせていましたが、このアルバムでは、基本はフォーク・ロックといったサウンドを展開しています。

ただし、当然ですが、そこに、テックスメックスの流れがあって、時にソウルフルに、時にブルージーに、そして何より豊潤なサウンドが聴くことができます。

収録曲では、アルバム1曲目の陽気な「Nuevo Laredo」、しみじみとゆったりとした2曲目の「Dallas Alice」、そして軽快なB面1曲目の「Seguin」なんかは、曲のタイトルがどうやらテキサスやメキシコの地名がついていて、もろにテックス・メックスの香りを漂わせていますね。

A面3曲目のご機嫌な「T-Bone Shuffle」を聴けは、やはり根底にはブルースというのも流れてるんだろうな〜、と思わせます。

A面4曲目の「I Don't Want To Go Home」ですが、こういうミディアムテンポの時のダグ・サームの歌声は何ともしみてきて、結構好きなんですよね。

ちなみに、B面4曲目では、ディラン「One Too Many Mornings」をカバーしてます。

それにしても、オルガンが効いてます。オージー・メイヤーズですね。
時々絡んでくる、チープにも聴こえるこのオルガンの音が、サウンドにアクセントをつけてるんですよね。

時代的な背景もあるのでしょうが、取り込まれている様々なアメリカン・ルーツ・ミュージックは混沌としていて、どこかごった煮的で、演奏は粗いですが、生み出される音楽は、本当に何とも言えず魅力的で、気に入ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSir Douglas Quintetをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : サー・ダグラス・クインテット ダグ・サーム Sir Douglas Quintet Together After Five

Mendocino/サー・ダグラス・クインテット

引き続き、ダグ・サームです。

今回登場するのは、サイケ色の濃い前作アルバム「Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)」に続き、同じくサンフランシスコでリリースされたアルバムです。
ただ、これもすぐには手に入らなかったんですよね。

Mendocino

Mendocino1969年発表で、サー・ダグラス・クインテット(Sir Douglas Quintet)名義での3枚目ですね。
輸入盤の中古を手にしました。日本語では「メンドシーノ」でしょうか。
そのタイトル曲の「Mendocino」がヒットしたようですね。

アルバムを聴いてみると、当時のサイケの香りも残しながらも、カントリーっぽさ、ポップな曲調、もちろんテックス・メックス色と、何ともこの雑多な感じがダグ流なんでしょうね。

ラフでワイルドで、この独特のグルーヴ感はたまりませんよ。

1曲目のヒットしたタイトル曲「Mendocino」が何と言っても、キャッチーで印象的ですね。
オルガンがいいですね~

そういえば、テキサスに残り前作では参加していなかった、盟友オージー・メイヤーズがサンフランシスコに来て再びメンバーに加わっています。

ダグのヴォーカルがグッとくる、A面4曲目の「At The Crossroads」とか、フィドルも入るB面4曲目「Texas Me」のような曲がやっぱり聴き所ではないでしょうかね。

B面3曲目の「She's About A Mover」は初の全米ヒットとなった曲で、1作目のアルバムに収録されていた曲ですが、何故かこのアルバムにも収録されてます。
イギリスのビート・バンド的な、なかなかカッコいい曲ですね。

ちなみにテキサス出身で“テキサス音楽伝道者”とか“キング・オブ・テックス・メックス”なんて呼ばれたりするわりに、ダグ・サームについての情報はほとんど目にすることがなかったんですよね。

その中でのレコード探しはなかなか大変で、見つからなくて、とりあえずその名前を目にしたら、内容が分からずも速攻手にしていました。

テックス・メックス界の超大物、フラコ・ヒメネス、フレディ・フェンダー、ダグ・サーム、オージー・メイヤーズという四天王によるバンド、テキサス・トーネイドス。こちらもとても気になりますが、こちらはCDで所有してるので、もし機会があればそのうちに紹介したいと思ってます。

とりあえず、何回かで続けてきたダグ・サーム関連はここで一旦終了しますね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSir Douglas Quintetをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ダグ・サーム サー・ダグラス・クインテット Mendocino メンドシーノ

Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)/サー・ダグラス・クインテット

前回の流れで、ダグ・サームです。

その前回出てきたCD「Texas Tornado」で初めてダグ・サームを聴いて、無茶苦茶気に入ってしまった訳ですが、それ以来、名前を目にしたら手にしていましたね。

バンド「Texas Tornados」のCDはすぐに手にできたのですが、初期のアルバムはCDもLPも結構探しました。

そんな中、CDの他、何とかアナログレコードも数枚入手することができました。

う~ん、その中のどのアルバムから紹介しようかと思ったのですが、購入時期ももう忘れてしまったので、分かる範囲でですが、持っている中で古いリリース順で紹介しますかね。

といっても、ダグ・サームのディスコグラフィが良く分かってないんですけど、まぁいいか、まずはこれです。

Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)

Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)1968年発表の2作目。輸入盤の中古を手にしました。

ダグ・サームがサー・ダグラス・クインテットを組んで、アルバムとしては「The Best Of Sir Douglas Quintet」(1966年)が最初のアルバムのようですが、それは持ってないんです。
このアルバムはイギリスのビート・バンド的だというのだから、聴いてみたいですね。

で、デビュー作発表後、ダグ・サームはテキサスを後にしてカリフォルニアへと移り、ヒッピー・ムーブメントの中、サンフランシスコでリリースしたのが、今回のアルバムですね。

その時代性なのか、サイケデリック・ロック色の強い内容で、事情を良く知らないリスナー(当時の私)にとっては、ダグ・サームをさかのぼって聴いて、「エッ?」という感じは否定できません。

しかし、「Glad For Your Sake」のような、ムードたっぷりのいかにもの曲もあったりしますし、アルバム最後の長いタイトルの「You Never Get Too Big And You Sure Don't Get Too Heavy, That You Don't Have To Stop And Pay Some Dues Sometime」もカッコいいですね。

ダグ・サームの迫力満点のあのヴォーカルもこの頃からですし、アルバムとしては、かなり楽しめます。
それにしても、この頃からどの曲もホーンが効果的に使われてますね。

ちなみに、デビュー作には参加ていた、盟友オージー・メイヤーズ(オーギー・メイヤーズ等とも表記されます)はこのアルバムには参加してないようです。

前回に書きませんでしたが、残念ながらダグ・サームは1999年、58歳で亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSir Douglas Quintetをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ダグ・サーム サー・ダグラス・クインテット Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)

ダグ・サームとの出会い~Texas Tornado/ザ・サー・ダグラス・バンド

前回のCDの話に出てきましたが、この人はCDで初めて耳にしてハマってしまったミュージシャンの一人です。ダグ・サーム

詳しい時期は忘れてしまいましたが、テックス・メックスというジャンルが気になって手を出したのが今回のCDです(確か1990年あたりかな?)。

ということで、ブログのタイトルとは違ってCDについてなのですが、ダグ・サームを初めて聴いた思い出のCDなので、まずはこれを紹介しないと始まらないんですよね。

テキサス・トルネエイド」(←アルバム表記の通りです)
Texas Tornado

Texas Tornadoオリジナルは1973年発表。ザ・サー・ダグラス・バンド(The Sir Douglas Band)名義ですね。

ダグ・サームはキング・オブ・テックス・メックスなんて呼ばれたりもしますよね。
ただ、このCDを聴くまでは名前を全く知りませんでした。縁がなかったんでしょうね。

ダグ・サームはテキサス州サンアントニオ生まれ。本名がダグラス・ウェイン・サーム(Douglas Wayne Sahm)で、日本の表記では、ダグ・サムとかダグ・ザームなどとも呼ばれるようですね。

子供の頃から多才で音楽の天才だったようです。
その話は、長くなるのでまた別の機会にしますね。

テックスメックス自体はそれほど詳しくはないのですが、テキサス流のメキシコ音楽というか、メキシコとテキサスの音楽の融合というか…。
カントリー、ブルース、R&B、更にドイツ系のポルカのリズムも聴かれたりして、加えてメキシコの音楽となると複雑で良く分からないのが正直な所ですね。

で、今回のアルバムについてですが、

曲調が1曲目~5曲目と6曲目~11曲目で結構違うのですが、これはアナログ盤のA面とB面とで構成を変えているんですね。

A面にあたる1曲目~5曲目はジャズやブルースのテイストを取り込んで、ダグ・サーム風に料理している感じでしょうか。豊潤な音楽を聴かせてくれます。
1曲目の「San Francisco FM Blues」からホーンもグイグイと効果的で、これはいきなりきます。
2曲目の「Someday」のような、ノスタルジック漂う、いかにもというようなムードたっぷりの曲であっても、この人がやると、さりげなくてカッコいいんですよね。

対して、B面にあたる6曲目~11曲目は、テックス・メックスの本領発揮と言った感じで、アコーディオン、フィドル、オルガンにホーンと賑やかな感じが良いですね。
6曲目の「Texas Tornado」の陽気さがとにかく印象的で、この時期にハマってしまいました。
8曲目「Chicano」でのアコーディオンはこれぞ、と言う感じで雰囲気満点ですね。

このアルバムで、テックス・メックス・アコーディオンの巨匠、フラコ・ヒメネスの名前も知ることができました。
その他、ドクター・ジョンやデヴィッド・ブロムバーグが参加してます。

ダグ・サームのちょっとルーズだけど、迫力満点のヴォーカルに、何とも気の利いたご機嫌なギター。
ラフでワイルド、時にチープだったりする(笑)そのサウンド。

このCDを聴いて以降、ダグ・サームのこのサウンドに惹かれてしまい、Sir Douglas Quintet等の関連のアルバムを探すことになるんですが、CDもLPもなかなか見つからなくて、探しましたね~(笑)

話の流れですから、そういうことで次回にちょっとダグ・サームのアナログレコードを。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでTexas Tornado - The Sir Douglas Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ダグ・サーム Texas Tornado ザ・サー・ダグラス・バンド テックス・メックス

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。