スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑魚/マーク・ベノ

独特のノリと、何とも言えないゆったり感。極上のスワンプ・ロック。
といっても、この人は何だか我が道を進んでますよね。マーク・ベノ
今回のアルバムは、名盤と言われるこれ、

雑魚Minnows)」

雑魚1971年に発表した2ndアルバム。
中古の輸入盤を手にしました。

マーク・ベノの声は甘い感じですが、雰囲気抜群で、また、この人のギターも渋いんですよね。そして、どの曲も魅力的。

こういうノリって、マネしたくてもなかなか出来ないんですよね。
マーク・ベノのスワンプ・ロックですね。

このアルバムには、1stに続き、またまた凄いメンバーが参加してます。
ギターだけでも、クラレンス・ホワイト、ジェシ・デイヴィス、ボビー・ウーマック、ジェリー・マギーの名前があります。

雑魚(ジャケット見開き表)他にも、カール・レイドル(b)、ジム・ケルトナー(ds)らが、そしてコーラスにはリタ・クーリッジがやはり参加しています。
メンバーは豪華ですが、出過ぎる事なく、実に見事にマーク・ベノの音楽をサポートしてますね。

A面1曲目の「フラニー(Franny)」から、ゆったりした曲で、マーク・ベノの魅力全開な感じで、A面4曲目の「スピーク・ユア・マインド(Speak Your Mind)」なんか最高です。哀愁帯びていて、聴いていて黄昏れてしまいますね(笑)

雑魚(ジャケット見開き中)B面1曲目の「グッド・タイムス(Good Times)」等、良い曲が揃ってますが、収録曲は全てマーク・ベノによるもののようで、ソングライターとしての素晴らしさも感じさせられます。

1st同様どの曲も女性コーラスが非常に効果的に挿入されているのがやはり印象的です。
それと、この人の経歴にもよるのでしょうが、時折とてもブルージーな演奏を聴かせてくれて、それがまた渋いですね。

このアルバムは、聴けば聴く程味わい深い、間違いなく名盤です。
アルバム・タイトルとジャケットもいいですよね。


さて、このタイミングでマーク・ベノのアルバムについて書いたのは、何と来日してるんですよね、今。
(この記事を書いているのは、2011年10月23日です)

Dr. Kこと徳武弘文さんの還暦を記念したツアーにジェリー・マギーとマーク・ベノが特別ゲストで参加しているとのことです。
(すいません、徳武弘文さんについては、ほとんど知りませんでした)

Dr.K 還暦記念"LET'S SWAMP TOUR"
with Special Guests
Gerry McGee and Marc Benno

スワンプ・ミュージックをテーマとしたライブですよね、これは。いいな~

横浜2011年10月23日(日)を皮切りに、大阪27日(木)、名古屋28日(金)、そして東京が2011年10月30日(日)とのこと。
そうですよね~、北海道には来ませんよね~

あ~、2005年も逃して、今回もか~


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでMinnows - Marc Bennoをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : マーク・ベノ 雑魚 Minnows スワンプ・ロック

マーク・ベノのMarc Benno

前回紹介の「テイク・イット・バック・トゥ・テキサス」をCDで聴いてすっかり気に入ってしまったマーク・ベノです。
その後は、CD、LPどちらでも良いので、とにかくアルバムを探しましたね(笑)

手にしたアルバムの購入時期は忘れてしまっているので、まずはこのアナログレコードからです。マーク・ベノの、

Marc Benno

マーク・ベノ1970年発表のデビュー・アルバムですね。
中古の輸入盤を手にしました。

アルバムにはブッカー・T.ジョーンズ、ライ・クーダー、ジェリー・マギー、コーラスでクーリッジ姉妹が参加していて、このメンバーがまたいい味出してるんですよね。

針を落とすと、もう、1曲目の「グッド・イヤー(Good Year)」から良いですね~!
この曲やA面4曲目の「トゥ・デイ・ラヴ・アフェア(Two Day Love Affair)」の、ノリや曲後半の女性コーラスとの絡みなんかが最高ですね。

それにスローでブルージーな曲も味があって、雰囲気ありますよね。

個人的に一番好きなのがA面最後の「セカンド・ストーリー・ウィンドウ(Second Story Window)」。
このアコースティックなサウンドがたまりません。
聴きながら黄昏れてしまいます。

B面1曲目「ティーチ・イット・トゥ・ザ・チルドレン(Teach It To The Children)」、B面3曲目「ハード・ロード(Hard Road)」ではライ・クーダーの渋いスライドが聴くことができます。

B面2曲目「ファミリー・フル・オブ・ソウル(Family Full Of Soul)」なんか、ゴスペル風女性コーラスが最高で、横揺れスワンプは心地よいですし、アルバム最後の「ナイス・フィーリン(Nice Feelin)」もコーラスとオルガンの響きが何とも染みてくる良い曲ですね。

って、何だか結局、どの曲も好きなんですが、「ハード・ロード」(Hard Road)のみ共作で、その他は全てマーク・ベノのオリジナルというのですから、ソングライターとしても凄いですよね。いい曲書きます。

気の利いたギターも忘れてはいけませんし、ヴォーカルも優しく甘めですが、気だるい感じで、何とも惹かれますね。

いや~、これがマーク・ベノのスワンプ・ロックか~!って感じで、このアルバムはかなり好きです。

実はこのアルバムは、1995年にCDで再発されていたものも手にしてます。

考えてみれば、CDとアナログLPを両方持っているアルバムってあまりないのですが(色々聴きたかったもので)、マーク・ベノは前回の記事の通り、CDの時代になってから聴き始めたものの、何だかアナログ盤でも欲しかったんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでMarc Benno - Marc Bennoをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : マーク・ベノ Marc Benno デビュー・アルバム ファースト

テイク・イット・バック・トゥ・テキサス/マーク・ベノ

前回までのダグ・サームもそうだったのですが、今回のマーク・ベノも初めて耳にしたのはCDだったんです。

って、ちょっと最近ブログが滞ってるんで、何のことか分からないですよね。
まあ、CDで初めて聴いて気に入ってしまい、さかのぼって過去のアルバムを聴き出したミュージシャンのお話ですね(笑)

ダグ・サームの時と同じような感じですが、“テキサス”という単語が入っているタイトルに、ググッ~と惹き付けられて、手にしました。

ということで、これもCD盤のため、ブログのタイトルと違ってしまいますが、マーク・ベノを初めて聴いたのがこのCDなのでご勘弁を。

テイク・イット・バック・トゥ・テキサス
Take It Back to Texas

テイク・イット・バック・トゥ・テキサス1990年発表で、これはCDとして新譜で発売されたものを手にしました。
もちろん、この時はマーク・ベノのことは知りませんでした。

それと、手にしてから知ったのですが、これが11年ぶりのアルバムだったそうで、以前のアルバムは知る機会がなかったということですね。

で、初めて聴いた訳ですが、1曲目の「Black Cadillac」から何てカッコいいブギー!

タイトル曲の「Take It Back To Texas」はブルース・フィーリングたっぷりですし、「No Problem Child」とかは、ジョン・リーのようなブギーですね。

アルバム全体として、ストレートにブルース、ブギーを演奏していて、そのサウンドは、肩に力が入らずに、リラックスした感じが良く、そして時にディープです。

そして、表に出過ぎない、渋いギターがカッコいいですね。
ヴォーカルは軽め、甘めではありますが、気だるい感じで、なかなか味があります。

アルバム最後の「Greatest Find」は、カントリーっぽくて、シャッフルの軽めの曲なんですが、何だか染みてきて、こういう曲好きなんですよね。

マーク・ベノはもちろんテキサス生まれですが、サウンドが何だか時々、そうスティーヴィー・レイ・ヴォーンと似た香りがするなと思って、これがテキサスの香りなのかなぁ、なんて思ったりもします。
ヴォーカルやギターのスタイルは全然違いますけどね。

そのレイ・ヴォーンとは実際にナイトクロウラーズというバンドで一緒にやってたんですね。知りませんでした。

その他にもレオン・ラッセルと一緒に組んでいたり、ブルース・マンのマンス・リプスカムと一緒にやっていたり、ライトニン・ホプキンスのツアー・バンドにもいたらしい(ライナー・ノーツより)…

と、何でそれまで耳に入ってこなかったんだろうとも思ったものですが、とにかくこのCDを聴いて、すっかりマーク・ベノのファンになってしまいました。

もちろんこの後、さかのぼってアルバムを探すことになりまして、アナログレコードも手にしたので、次回はそのマーク・ベノのアナログレコードについてです。

ちなみに2005年に来日していますね。って観に行ってないんですよ~(泣)
私はその時、いったい何をしていたのだろう…、残念です…

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

このアルバム、あまり人気がないのかな?


◆iTunes StoreでMarc Bennoをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : マーク・ベノ Marc Benno テイク・イット・バック・トゥ・テキサス

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。