スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Band Kept Playing/エレクトリック・フラッグ

元々は、マイク・ブルームフィールドが参加しているということで気になっていた、エレクトリック・フラッグです。

※当記事は書き直しの再投稿です。

前回登場したアルバム「The Best of The Electric Flag」は、そのマイク・ブルームフィールドが参加していた1stの「A Long Time Comin' 」(1968年)と、脱退後に出されたアルバム「The Electric Flag: An American Music Band 」(1968年)からのベストでした。
で、今回のアルバムは、

The Band Kept Playing

The Band Kept Playing1974年発表で、このアルバムはメンバーが再編して一作だけ残されたもので、バンド最後となるアルバムですね。
中古の輸入盤を手にしました。

メンバーを見ると、オリジナルメンバーのマイク・ブルームフィールド、バリー・ゴールドバーグ、ニック・グレイヴナイツ、バディ・マイルスに加えて、ベースのハーヴェイ・ブルックスに代わり、ロジャー・トロイが参加しています。

ちなみに、お気に入りのマイク・ブルームフィールドの活動から見ると、エレクトリック・フラッグ脱退後、「スーパー・セッション」(1968年)やソロ・アルバムを出したりしていますが、このアルバムは1973年の「三頭政治」の後になるのでしょうかね。

アルバムを聴きますと、1曲目の「Sweet Soul Music」から、ホーンも取り入れたソウルフルなサウンドは変わらずで、いい感じです。

アルバム通しての印象としては、1stアルバムの時より、バンドとしてサウンドがしっかりとまとまっているように感じますね。
それを考えると、このアルバムがバンド最後となるのは、ちょっともったいないですね。

マイク・ブルームフィールドのギターは、ブルースにとらわれない、バンドとしてのバランスをとったギターといった感じですが、比較的、自由に弾いていて、時折、迫ってくるようなギターも聴かせてくれますね。

アルバム・タイトルにもなっている、アルバム最後の曲「The Band Kept Playing」は、どちらかというと他の曲と趣が違うのですが、ゆったりとした、楽しげな雰囲気も漂わす、アメリカン・ルーツ・ミュージックを感じさせる良い曲です。

エレクトリック・フラッグのアルバムは、前回のベストとこのアルバム2枚のみの所有なんですが、やはり1stの「A Long Time Comin' 」をちゃんと聴きたいですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Electric Flagをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : エレクトリック・フラッグ The Band Kept Playing マイク・ブルームフィールド

The Best of The Electric Flag/エレクトリック・フラッグ

個人的には、バターフィールド・ブルース・バンドでそのギターを聴いてから、すっかり気に入ってしまった、マイク・ブルームフィールドです。
ということで、このアルバムを手にしたのは、マイク・ブルームフィールドが参加していたバンドということが、そもそもですね。
エレクトリック・フラッグの、

The Best of The Electric Flag

The Best of the Electric Flag1984年リリースのベスト盤のようで、中古の輸入盤を入手したのですが、このアルバムの素性は全く分かりません。

エレクトリック・フラッグについては、1967年にバターフィールド・ブルース・バンドを脱退したマイク・ブルームフィールドが、バリー・ゴールドバーグ、ニック・グレイヴナイツ、バディ・マイルスらとともに結成したバンドですね。

ただ、マイク・ブルームフィールドは、1stの「A Long Time Comin' 」(1968年)の後に脱退しています。
その後に、バディ・マイルスを中心に、アルバム「The Electric Flag: An American Music Band 」(1968年)をリリースしていて、今回のベスト・アルバムは、その2枚からの選曲です。

といっても、基本的にオリジナル・アルバムはこの2枚と、後に再結成して1974年に残したアルバム「The Band Kept Playing」だけのようですね。

収録曲は、1stからは「Groovin' Is Easy」や「Killing Floor」など5曲、2ndからは「Sunny」など3曲が収録されてます。

実は、このブログで先に登場した、マイク・ブルームフィールドのベスト・アルバム「Bloomfield」に、1stの「A Long Time Comin' 」から6曲が収録されていたので、一応、エレクトリック・フラッグのサウンドは聴いていました。
(このアルバムと3曲が重なってます)

自ら、アメリカン・ミュージック・バンドと称してたんですよね。
R&Bの香りも漂う、ソウルフルな、なるほど、幅広い音楽性を感じさせるサウンドです。
更に、ホーンが効いたサウンドは、時代から見ても、ブラス・ロックの先駆けとも言えそうです。

残念ながら、オリジナルの2枚のアルバムは所有してません。
そういえば、1971年にもベスト盤が出されているようなのですが、今回のベスト盤はそれとも違うようですね。

ところで、マイク・ブルームフィールドのギターはというと、参加していない曲もありますし、バンドとしてのギタープレイに徹している所もあり、それはそれでハマっているのですが、やっぱり「Killing Floor」のギターがカッコいい~


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでThe Electric Flagをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : エレクトリック・フラッグ The Best of Electric Flag マイク・ブルームフィールド

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。