スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Everybody Knows This Is Nowhere/ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース

前回までのバッファロー・スプリングフィールドのアルバム紹介に続いて、バンドの解散後にソロ活動を始めた、偉大な、そして孤高のロッカー、ニールヤングのアルバムです。

と、言ったはいいものの、ニールヤングの所有アルバムは多くはなく、それもアナログレコード、CD、カセットテープと持っているのはバラバラで、語る程は聴き込んでいないのが正直なところなんです(汗)

で、初期のアルバムをと思ったのですが、残念ながらソロ第1弾アルバムは持ってないので、このアルバムです。

ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
Everybody Knows This Is Nowhere

Everybody Knows This Is Nowhereバッファロー・スプリングフィールド解散後、1969年1月にソロ第1弾アルバム「ニール・ヤング(Neil Young)」を発表して、それからわずか4ヶ月の1969年5月に発表した、ソロ第2弾ですね。
中古の国内盤を手にしました。

クレイジー・ホースとの初共演を果たしたアルバムで、やはり、バンドとしてのサウンドが強く感じられ、ニール・ヤングも思う存分に歌い、ギターを弾いてますね。

アルバム1曲目からガツンと激しく迫る「シナモン・ガール(Cinnamon Girl)」や、アコースティック・サウンドが美しいA面3曲目の「ラウンド・アンド・ラウンド(Round & Round [It Won't Be Long])」等、いい曲が揃ってます。

骨太なロックとカントリー・タッチやフォーク・ロック的な素朴な曲との、両面を聴かせてくれてますよね。

中でも、A面4曲目の「ダウン・バイ・ザ・リヴァー(Down By The River)」とB面3曲目の「カウガール・イン・ザ・サンド(Cowgirl In The Sand)」の両曲は、スケールが大きく、素晴らしく聴き応えがあるのではないでしょうか。

このアルバム発表後に、CS&Nへの参加に誘われて、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(CSN&Y)としても平行して活動することになるんですね。

CSN&Yのライブ・アルバム「4ウェイ・ストリート」(アナログ盤)には、「カウガール・イン・ザ・サンド」が収録されています。

それにしても、この人も、コアなファンが多いですよね。
(実際私にも、ニール・ヤングが大好きなで、とんでもなく詳しい友人がいて、その友人から色々聴かせてもらいました)

もちろん私も大好きですが、解説する程は詳しくはありません。
けど、そんな事はどうでもいいくらい、ニール・ヤングの音楽は響いてくるんですよね。

ちなみに、この時のクレイジー・ホースのメンバーは、
ダニー・ウィットン(g)/ラルフ・モリーナ(ds)/ビリー・タルボット(b)
但し、1972年12月にギタリストのダニー・ウィットンが死亡してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEverybody Knows This Is Nowhere (Remastered) - Neil Young With Crazy Horseをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : ニール・ヤング クレイジー・ホース Everybody Knows This Is Nowhere

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。