スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・フール/ジョン・クーガー

当時は、正統派のアメリカン・ロックといった感じで聴いてはいましたが、リアルタイムでかなりヒットしていて、メディアから聴くことが多かったですね。

ただ、それほど聴き込んではいなくて、ちょっと距離を置いて聴いていた記憶があります。ジョン・メレンキャンプ
ちなみに今回のアルバムは、ジョン・クーガー名義のようです。

「アメリカン・フール」(American Fool)

アメリカン・フール1982年発表で、この人は結構売れない時期もあり、5枚目(?)のアルバムとのことです。
中古の国内盤を手にしました。

このアルバムからは「Hurts So Good(青春の傷あと)」と「Jack & Diane(ジャック&ダイアン)」が大ヒットしており、実際、ホントによく耳にしました。
本人にとっても、このアルバムが転機だったようで、ここから一気にスターへ上り詰めたようです。

先述の“距離を置いて聴いていた”というのは、何だか商業的なロック、といったイメージを勝手に持っていたんですよね。
当時は背伸びして、古いロックばかりを知ったかぶりして聴いてたんですよね。お恥ずかしい話です(汗)

ただ、やっぱりいいものはいいんですよね。いい曲はヒットするんですよね。

ちょっと後になってから、このアルバムを手にしたのですが、改めて聴いてみると、上記のヒット曲を始め、シンプルでストレートなロックは乾いたサウンドで、歌も演奏もカッコよく、純粋に良い曲が揃っています。

この人の名前ですが、本名がジョン・メレンキャンプ(John Mellencamp)。
デビュー当時が、ジョン・クーガー(John Cougar)で、1983年(今回のアルバムの後)に、ジョン・クーガー・メレンキャンプ(John Cougar Mellencamp)と変更。
そして、1991年からは、本名のジョン・メレンキャンプで活動しているとのことです。

個人的には、今回のアルバムから聴きだしたせいか、“ジョン・クーガー”が馴染み深いんですがね。

当時は、最近売れているミュージシャン、って感じで聴いていたんですが、もう30年前なんですね(汗)
なんだかんだ言いながらも、結局、その後も結構聴いてます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでAmerican Fool - John Mellencampをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : ジョン・メレンキャンプ ジョン・クーガー アメリカン・フール

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。