スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I'm Jimmy Reed/ジミー・リード

1950年代から1960年代にかけて、ブルースとしては珍しくヒット曲を飛ばし続けていたのが、ジミー・リード。手にしたアルバムは、

I'm Jimmy Reed

I'm Jimmy Reed1958年発表のジミー・リードの1stアルバムで、中古の輸入盤を手にしました。
1stアルバムといっても、この頃のブルースアルバムは、録音済みの曲を集めた形式のものですね。

シカゴ・ブルースと言えば、まずは名門チェスが知られてますが、対するのが、このジミー・リードが在籍したヴィージェイ・レコードでしょうか。

実は、この1950年代半ばからしばらくは、時代的にはロックンロールが席巻していた頃で、黒人ブルースという音楽自体が、活動の場がなくなる等、かなり厳しい状況だったようですが、その中で、一人気を吐いてたのが、ジミー・リード、という感じだったようですね。

実際、多くのヒット曲を生み出してるんですよね、このお方。
このアルバムには、それらの当時のヒット曲が多数収録されているようです。

アルバム代表曲は、「Honest I Do」「Ain't That Lovin' You Baby」「You Don't Have To Go」などで、さすがにいい曲が揃ってます。
「Honest I Do」はストーンズがカバーしていて、有名ですよね。

同じシカゴでも、チェスのディープなマディに対して、こちらヴィージェイのジミー・リードはシンプルでゆったりとしたブギ・ブルースを聴かせてくれます。
ホルダーにつけて吹いているという、高音を効かせたハープもまた、特徴的です。

曲によっては、ポップにさえも聴こえて、チェスのマディらのサウンドとは対極をなすブルースですよね。

ミディアムスローのブルースでも、どこか洒落ていて、柔らかく、リラックスした緩ささえ感じられ、どちらかというと甘い歌声かその感じを一層増してます。

しかし、だからこそ、そのブルースが人気を博し商業的成功を収めたわけで、これもまた、間違いなく、当時の真のブルースなんですよね。

こんなに素晴らしいブルースを聴かせてくれてる、ジミー・リードですが、個人的にはアルバムとはあまり縁がなかったんですよね。もったいない。

ジミー・リードは1976年8月29日に満50歳で亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでI'm Jimmy Reed - ジミー・リードをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : ジミー・リード I'm Jimmy Reed ヴィージェイ

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。